使い方

エクセルの基本画面を徹底解説!名称と役割を覚えて仕事効率アップ!

エクセルを覚えていくうえで欠かせないことは、各部の名称を覚えていくことです。

初心者のうちはマニュアル本やウェブサイトなどを見て、エクセルを学んでいくと思います。

しかし最初は、各部の名称の意味が分からずとても苦労します。

どういったところで苦労するかというと、名称がわからないことによって自分が今何をしたいのか?何を調べたいのかがわかりづらいです。

そこで今回はエクセルの基本画面の各部の名称や役割を解説していきたいと思います。

下記の目次が多くなってしまいましたが、各部名称をクリックすると詳細をすぐに見れるようになっています。

調べたい項目が決まっている方は目次をご覧ください。目次内の名称をクリックすると説明へジャンプします。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。