使い方

エクセル【テーブル】で見やすい色付きデータの表示とテーブル解除の方法

エクセルで表やデータを作成して、行や列が増えてくると、情報が見えづらくなることはありませんか?

そんな時は【テーブル】機能を使うと、色が交互につき見やすくなります。

そしてテーブル機能は効率よくデータを管理することができるので、特定の情報だけを抽出したり、データを並び替えることも簡単です。

行や列を追加した時には、数式や書式も自動的にコピーしてくれるので、とても便利です。

テーブル完成

色が交互につくと、データがとても見やすくなりますね。

さて、テーブルに変換する書式設定は、とても簡単です。

上のデータのように、テーブル機能を使って、見やすく表示させ、効率的に管理し、使いやすいデータを作成してみましょう。

そして、テーブルを解除する方法も解説していきますね。

◇記事内のエクセル用語◇

テーブルデータの分析や並べ替え、抽出などを行うエクセルの機能。テーブル機能を使用すると、行の色が交互に表示され、見やすくなります。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ