使い方

条件付き書式でエクセルの行やセルの色を変えて表を見やすくする方法を徹底解説

エクセル初心者
エクセル初心者
条件付き書式を使えば表やデータの指定した値だけに色をつけたりすることができるって聞いたんだけど。見た目で分かりやすいデータを作りたいんだ。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
そうだね!『条件付き書式』を使えば、見やすいデータを作成できるよ!
詳しく解説するので一緒に操作してみよう!

今回は条件付き書式について解説します。

エクセルの便利な【条件付き書式】では条件に一致させセルの色や行の色を変えることができます。

条件に一致すると色を変えれるので、視覚的な表現ができます。

さらに表やデータが見やすくなりますね。

今回は【条件付き書式】機能を使い、セルや行の色付けを解説します。

条件付き書式『色付け』簡単ステップ

~指定の値以上に色付けする場合~

  1. 条件付き書式を設定するセル範囲を選択する
  2. 条件付き書式よりセルの強調表示ルールを選択
  3. 『指定の値より大きい』を選択
  4. 指定の値、書式の選択をする
  5. 指定の値以上のセルに色がつく

このような流れで簡単に条件付き書式を使って、指定の値以上のセルに色を付けることができます。

条件はさまざまあるので、いろいろな条件付き書式を試してみましょう。

条件付き書式の機能を使っている記事はこちらにもあります。

ぜひ参考にしてみてください。

◇記事内のエクセル用語◇

条件付き書式セルの値や数式の計算結果を条件にし、セルの書式を自動的に変えることが出来る機能

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。