使い方

エクセル【条件付き書式】簡単色付け!条件に一致させセルや行の色を変えよう

条件付き書式タイトル

エクセルの機能で、条件に一致させ、セルの色や行の色を変えることが出来ます。

この機能を【条件付き書式】といいます。

条件に一致すると色を変えれるので、視覚的な表現ができます。

さらに表やデータが見やすくなりますね。

今回は【条件付き書式】機能を使い、セルや行の色付けを解説します。

◇記事内のエクセル用語◇

条件付き書式セルの値や数式の計算結果を条件にし、セルの書式を自動的に変えることが出来る機能

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルの条件付き書式で色付けとは?

条件付き書式とは、セルの値や数式の計算結果を条件にして、セルの書式を自動的に変えることが出来る機能になります。

この機能を使うと、セルや行に色を付けることが簡単出来るようになりますよ。

例えば、とても膨大な行数の表があり、一定の条件を満たすものだけに色が付いていたらどうでしょうか?

表を一目見て、条件を満たすものが分かりますね。

表やデータを作成し、さらに見やすくすることで仕事の効率が上がります。

条件付き書式を使い、セルや行に色付けをして、見やすく分かりやすい表やデータを作成しましょう。

条件付き書式でセルだけに色付けする方法

条件を満たすセルだけを色付けしてみましょう。

『フルーツ売上合計』のデータを使い解説します。

フルーツ売上合計表

条件は『6,000円以上の売り上げがあるセルに色付け』です。

条件の範囲指定

条件付き書式を設定する範囲を選択します。

条件付き書式を開く

ホームタブの条件付き書式▼をクリック。

セルの強調表示ルールにカーソルを合わせます。

指定の値より大きいを選びましょう。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
『指定の値より大きい』以外にも、いろいろなルールがあるので、データによって条件に合うものを選んでみよう!
指定の値より大きいダイアログボックス

『指定の値より大きい』ダイアログボックスが出てきました。

左側に『6000』と入力します。

条件は『6,000円』より大きい値に『濃い赤の文字、明るい赤の背景』で設定しますのでOKをクリックします。

6000より大きい値

6,000円より大きい値のセルにだけ色が付きました。

ちなみに6,000円丁度の金額は、含まれていません。

『6,000円以上の値』という条件が必要であれば、ルールの内容を編集しましょう。

ルールの管理

『条件付き書式▼』をクリックし、ルールの管理を選択します。

条件付き書式ルールの管理

条件付き書式ルールの管理ダイアログボックスが出てきました。

現在の選択範囲の条件付き書式が表示されています。

ルールの編集

条件を選択し、ルールの編集をクリック。

書式ルールの編集

書式ルールの編集ダイアログボックスが出てきました。

ルールの内容を編集しましょう。

次の値以上

『次の値以上』を選択し、OKをクリックします。

書式ルールの編集OK

書式ルールの編集をOKします。

条件付き書式ルールの管理OK

条件付き書式ルールの管理に戻りましたので、ここでもOKをクリックします。

6000以上の値

とても簡単に『6,000円以上の値』が色付けすることが出来ました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
データを一目見るだけで、条件を満たしているセルがわかるね!



条件付き書式の条件を一致させて行全体の色を変える方法

条件を満たすセルを含む行全体の色付けしてみましょう。

引き続き『フルーツ売上合計』のデータを使い解説します。

フルーツ売上合計表

条件は『パイナップルを含むセルの行全体に色付け』です。

品名から範囲指定

条件付き書式を設定する範囲を選択しましょう。

条件付き書式から新しいルール

ホームタブの条件付き書式▼をクリックします。

新しいルールをクリック。

数式を使用して、書式設定

『数式を使用して、書式設定するセルを決定』を選択しましょう。

パイナップル数式

『次の数式を満たす場合に値を書式設定』に【=$A3=”パイナップル”】を入力します。

=$A3=“パイナップル”

A列を見てパイナップルと等しい】時に書式を設定します。

【$】をつけることで固定することが出来ます。

忘れずにつけましょう。

手入力、または、A3を入力後『F4キー』を押すと【$】が簡単につけれます。

F4キー

【”】は、『Shiftキー』を押しながら上段の数字『2』を押すと出てきます。

”キー
書式ボタン

パイナップルの行に、どのような書式を設定するか選びましょう。

下の書式をクリックします。

セルの書式設定

セルの書式設定ダイアログボックスが出てきました。

今回は、塗りつぶしで色を変えるので、塗りつぶしタブを選びます。

『オレンジ』を選びOKしました。

ルールの編集

セルの書式設定ダイアログボックスが消え、書式ルールの編集のみになるので、OKをクリックします。

ルールの管理OK

条件付き書式ルールの管理もOKを押しましょう。

パイナップル色付き

パイナップルが含まれる行全体が色付けできました。

例えば、『マンゴー』を『パイナップル』に書き換えてみましょう。

マンゴーからパイナップル

条件付き書式の範囲内なので、行全体の色が設定通りになりましたね。

とても簡単に色付けすることが出来ました。



条件付き書式で行の色を交互に表示させる方法

次に解説するのは、行の色を交互に変え、見やすくする方法です。

行で色変え範囲

行の色を交互に表示したい範囲を選択しましょう。

条件付き書式の範囲選択ホームタブのリボン【条件付き書式▼】をクリック。

【新しいルール】を開いてみましょう。

新しいルール

【新しい書式ルール】というダイアログボックスが出てきました。

新しい書式ルール

【数式を使用して、書式設定するセルを決定】を選択し、数式【=MOD(ROW(A1),2)=0】を入力します。

『=MOD(ROW(A1),2)=0』は、『行番号を2で割ったときの余りが0、偶数行であるとき』という意味になります。

偶数行であるときは背景色をつける条件付き書式を設定します。

背景色あり条件付き書式

書式をクリックすると【セルの書式設定】ダイアログボックスが出てきました。

塗りつぶしやパターンを選びます。

背景色を好きな色で設定しOKをクリックします。

今回は『ゴールド、アクセント4、白+基本色80%』にします。

薄い黄色ですね。

【セルの書式設定】ダイアログボックスが消え、【新しい書式ルール】だけになります。

条件付き書式プレビュー画面

プレビュー画面で色合いなどが表示されていますので確認しましょう。

良ければ【OK】をクリックします。

条件付き書式完成

薄い黄色と背景色なしの交互に表示することが出来ました。

色を交互に変える方法は「条件付き書式」以外にもオートフィルでも簡単にできます。

オートフィルで色を交互に表示する方法は≫【エクセル】塗りつぶしの方法!パターンや交互に色を変えて見やすくしようを参考にしてみてください。

塗りつぶしタイトル
【エクセル】塗りつぶしの方法!パターンや交互に色を変えて見やすくしようエクセルで見やすい表やデータを作成する方法は様々あります。今回は、一行ごとを塗りつぶし色を交互にすることで、見やすいデータを作成しました。塗りつぶしやパターンにも種類が豊富なので、データに合ったスタイルで作成できます。色を交互にする方法も『オートフィル』『条件付き書式』『テーブル』とあり、どれも簡単な機能ですので、是非活用してみてください。...

使用した関数は?

数式に使用した関数は『MOD関数』と『ROW関数』になります。

MOD関数割り算の余りを求める関数。

『=MOD(数値, 除数)』

数値は「分子」、除数は「分母」

(例)=MOD(6,3) は、6÷3=0 返る値は『0』

ROW関数行番号を求める関数。

『=ROW(範囲)』

(例)=ROW(A1) は、A1の行番号が返るので値は『1』

条件書式に入力した関数は下になります。

=MOD(ROW(A1),2)=0 なら背景色をつける

参照したセル(A1)の行番号÷2の余りが0なら背景色をつける

Dr.オフィス
Dr.オフィス
上のような関数を入れるから、交互に背景色がつくんだね!

まとめ

一定の値や、言葉などで、条件を満たしたセルや行全体に色を付ける方法や、1行ごとに色を交互に変える条件の方法を解説しました。

色が入ることで、視覚からも表やデータは見やすくなりますね。

見やすい表やデータを作成し、仕事効率をアップさせましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。