使い方

エクセルの印刷で全体や文字の右側が切れる!改善方法は?

エクセルの入力作業がやっと終わり、仕上げの印刷をかけると、2枚印刷されて出てきたことはないですか?

または、セル内の文字が切れている!!なんてことも経験ないですか?

1枚の予定で印刷したのに・・・右側が切れて2枚印刷されていました(*_*;
入力時はセル内に納まっていた文字が、印刷すると文字が切れていました。

たくさんの方が経験している失敗ですよね。

エクセルは、作成時に見ている画面と印刷物が若干違う時があります。

どうして右側が切れてしまったり、セル内の文字が切れてしまうのでしょうか。

せっかく作成した資料などが切れていては、お見せできないですよね。

今回は【エクセルの印刷で全体や文字の右側が切れる時の改善方法】を解説します。

◇記事内のエクセル用語◇

プレビュー画面印刷するものをイメージとして表示する機能。
ドラッグアンドドロップ代表的なマウス操作。アイコンやファイルなど、掴んだものを移動させ、目的の場所で離すことです。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。