使い方

エクセルの【改ページプレビュー】を利用して印刷範囲を設定する方法

やっとエクセルでビジネス資料が完成した!よし、会議用に印刷しよう!

このようにエクセルで資料を作成したら印刷をすることが多いと思いますが、うまく印刷ができないことってありませんか?

大きな表になった場合、自分の思ったところで印刷範囲が設定されないことや、1枚に印刷してしまって文字が小さくなりすぎてしまったりしたことってありますよね。

そんな時は改ページプレビューを利用して自分の好きなところで印刷範囲を決めることができます。

今回はそんな【改ページプレビュー】について詳しく解説していきたいと思います。

記事内のエクセル用語

改ページプレビュー印刷範囲が青い線で表示される画面表示モードです。青い実線や点線をドラッグして自由に動かして印刷するページ範囲を設定できます。
印刷エクセルのデータを、プリンターを使って紙に出力する機能です。
印刷プレビュー印刷結果を画面に表示し確認できる機能です。エクセルの画面ではセルに文字が入っていても、実際に印刷すると文字が切れていることもあるのでそういったことがないか確認することができます。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。