使い方

エクセルの【均等割り付け】はデータを見やすくする簡単テクニック!

エクセルでデータベースや資料などを作ったのに『なんだかバランスが悪い』と思ったことはありませんか?

それはデータベースのタイトルや、項目などの全てが『左寄せ』になっているからです。

見栄えをよくするために、今回は【均等割り付け】を解説します。

均等割り付けを使えば、セル内で文字列を均等に並べることができます。

セル内の配置を変えるだけで、表がスッキリして見栄えがよくなりますよ。

記事内のエクセル用語

均等割り付け均等割り付けは、セルの幅に合わせて文字を均等に割り付けることができます。バラバラな文字数の文字列もセルの幅に合わせて、一括で均等に配置できます。
インデントインデントは「字下げ」のこと。文字の先頭に空白スペースやタブを入れて、文字の開始位置を横にズラすことにより、全体を見やすく、見栄え良くすることです。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。