ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】「Ctrl+1」はセルの書式設定を表示する

タイトル

エクセルを操作中に『セルの書式設定』のダイアログボックスを出して設定を行う場面がよくあります。

表示形式の変更であったり、配置や塗りつぶしなど様々な操作をする際に使用します。

「Ctrl(コントロール)+1」は、セルの書式設定を簡単に表示できるショートカットキーになります。

マウスで、右クリックから『セルの書式設定』ダイアログボックスを出しても、ホームタブから出してもかまいませんが、今回は、より時短なショートカットキー「Ctrl+1」を解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+1コントロール + 1

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

【Ctrl+1】セルの書式設定を出すショートカットキーの手順

セルを選択セルを選択

↑例えば表示形式を変えたいセルがあります。

変えたいセルを選択します。

コントロールと1コントロールと1の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「1」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②1の順番で押しましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

セルの書式設定セルの書式設定が表示される

↑『セルの書式設定』のダイアログボックスが表示されました。

右クリックからセルの書式設定右クリックからセルの書式設定を表示する

↑マウスの場合は右クリックをして『セルの書式設定』を選ぶとダイアログボックスが表示されます。

ホームタブからセルの書式設定ホームタブからセルの書式設定を表示する

↑ホームタブの場合は、➘をクリックすると『セルの書式設定』のダイアログボックスが表示されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
セルの書式設定は使用頻度が高いので、覚えておくと時短になるね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。