ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】テーブル作成「Ctrl+L」「Ctrl+T」

タイトル

テーブルを作成するショートカットキーは2種類あります。

Ctrl(コントロール)とL(エル)または、Ctrl(コントロール)とT(ティー)です。

どちらもテーブルを作成するダイアログボックスを表示します。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Lコントロール + エル
Ctrl+Tコントロール + ティー

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

テーブルを作成するショートカットキーの手順

テーブルにする表テーブルにする表

↑テーブルにしたい表を選択します。

今回はフルーツ売上表をテーブルにしましょう。

A2からD10まで選択します。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」を押します。

「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとエルコントロールとエルの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「L」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②Lの順番で押しましょう。

テーブルダイアログボックステーブルダイアログボックス

↑テーブル作成のダイアログボックスが表示されました。

OKを押しましょう。

テーブル完成テーブル完成

↑簡単にテーブル作成ができました。

テーブルの解除の方法は≫エクセル【テーブル】で見やすい色付きデータの表示とテーブル解除の方法を参考にしてください。

テーブルタイトル
エクセル【テーブル】で見やすい色付きデータの表示とテーブル解除の方法エクセルデータは行や列が増えると情報が見えづらい。そんな時は【テーブル】機能を使うと色が交互につき見やすくなります。色が交互につくと、データがとても見やすくなります。テーブルの設定はとても簡単に表示させることが出来ます。そして、テーブルを解除する方法も解説していきますね。...
コントロールとティーコントロールとティーの場所

↑同様に「Ctrl」を押した状態のままで「T」を押すとテーブル作成できます。

使いやすい方でショートカットしてみてください。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
僕はテーブルの『T』で覚えてるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。