ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】ハイパーリンクの挿入「Ctrl+K」

タイトル

ハイパーリンクは、クリックするだけで指定したリンク先を開くことができる機能です。

ハイパーリンクはセル内の文字列や画像にも、別の場所の情報をリンクできます。

メールを自動作成することもできます。

Ctrl(コントロール)を押しながらK(ケー)を押すだけでの簡単設定です。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Kコントロール + ケー

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

ハイパーリンクの挿入するショートカットキーの手順

あいうえお選択ハイパーリンクを貼る文字を選択

↑「あいうえお」のセルを選択します。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」を押します。

「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとケーコントロールとケーの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「K」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②Kの順番で押しましょう。

ハイパーリンクのダイアログボックスハイパーリンクのダイアログボックス

↑ハイパーリンクの編集ダイアログボックスが表示されました。

リンク先を選びます。

デスクトップの「123456」のExcelファイルにリンクさせます。

OKを押しましょう。

ハイパーリンク完了ハイパーリンク完了

↑文字が青くなり下線がついています。

これはリンクされた状態です。

あいうえおのリンク先あいうえおのリンク先

↑写真では写りませんでしたが、マウスポインタが手に変わります。

リンク先のファイルリンク先のファイル

↑「あいうえお」をクリックすると「123456」のExcelファイルに飛びました。

これで参照先に移動する時に手入力やコピペしなくてすみます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
挿入タブのリンクからも設定できるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。