関数

エクセルで【COUNT関数・COUNTA関数】を使ってデータの個数を数える!

タイトル

エクセルはデータの個数を数える関数があります。

【COUNT(カウント)関数】と【COUNTA(カウントエー)関数】です。

COUNT関数は、数値入力されたデータの個数を数えることが出来ます。

COUNTA関数は、空白以外の入力されているデータの個数を数えることが出来ます。

COUNT関数とCOUNTA関数の使い方を解説します。

◇記事内のエクセル用語◇

引数(ひきすう)関数の結果を出すために必要な情報。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルで数値の個数を数える【COUNT関数】

COUNT(カウント)関数は、数値の個数を数えることが出来る関数です。

指定した範囲内での数値を数えます。

集計表など、数値の個数を求める際には大変便利な関数です。

COUNT関数とは

=COUNT(値1,値2,・・・値255

意味:指定した範囲にある数値データの個数数値データの個数を求めます。引数は最大255個まで指定できます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
カウント関数は、エラー値や文字が入ったセル、空白のセルは数えることが出来ないよ!



空白以外のデータの個数を数える【COUNTA関数】

COUNTA(カウントエー)関数は、数値、文字、論理式を数えることが出来る関数です。

空白以外なら数えることが出来ます。

数値と文字が混在する場合などは、COUNTA関数を使いましょう。

COUNTA関数とは

=COUNTA(値1,値2,・・・値255

意味:指定した範囲にある空白以外のデータの個数を求めます。引数は最大255個まで指定できます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
カウント関数もカウントエー関数も、引数は同じで255個までだよ!



COUNT関数とCOUNTA関数を使ってみよう

データの個数を求めるデータの個数を求める

↑フルーツ売上表からデータの個数を数えてみましょう。

B11セルには、1月に売り上げたフルーツの数を求めます。

B12セルには、取り扱っているフルーツ全種類の数を求めます。

COUNT(カウント)関数

まずは、B11セルの1月に売り上げたフルーツの数を【COUNT関数】を使い求めましょう。

売り上げたフルーツの数売り上げたフルーツの数

↑B11セルに

=COUNT(B3:B9)

を入力します。

B3からB9の範囲の中から、数値の数を求めます。

カウント関数の結果カウント関数の結果

↑売り上げたフルーツの数は『5』になりました。

マンゴーとキウイフルーツは『入荷待ち』の文字なのでカウントされません。

COUNTA(カウントエー)関数

つぎに、B12セルに取り扱っているフルーツ全種類の数を【COUNTA関数】を使い求めます。

フルーツ全種類の数フルーツ全種類の数

↑B12セルに

=COUNTA(B3:B9)

を入力します。

B3からB9の範囲の中から、空白以外のデータの数を求めます。

カウントエー関数の結果カウントエー関数の結果

↑フルーツ全種類の数は『7』になりました。

マンゴーとキウイフルーツは『入荷待ち』の文字も、数値も全てカウントしています。



まとめ

エクセルのデータの個数を数える【COUNT(カウント)関数】と【COUNTA(カウントエー)関数】は、集計など件数の把握する際に大変便利です。

エクセルでは、膨大な数のデータを処理することもありますね。

COUNT関数やCOUNTA関数は、時短で正確にデータの個数を数えることが出来ます。

数値だけなのか、数値以外のデータもあるのか、を見て使い分けてみてくださいね。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。