関数

エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!

タイトル

エクセルで様々な関数を使い、データ集計などを行っていると『0』や『#N/A』などが表示されることはありませんか?

このような不要な数値やエラー値は、見栄えが良くありませんね。

できれば消したいものです。

でも、関数や数式は消したくない。

そのようなときは【IF関数】や【IFERROR関数】を使うことで『0』や『#N/A』などの不要な数値やエラー値を簡単に非表示にすることが出来ます。

この記事では、不要な数値やエラー値などを表示させない方法を解説します。

◇記事内のエクセル用語◇

エラー値エクセルの関数や数式などで、間違いがあった場合や、セルの参照元のデータが無効な場合などに『エラー』が表示されます。
エラー値は、7種類あります。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルの【IF関数】を使い『0』を表示させない方法

「0」が表示された請求書「0」が表示された請求書

↑請求書を例に見てみましょう。

金額に「0」が並んでいます。

ここの金額セルには『数量×単価』の数式が入っているので「0」が表示されています。

この「0」を非表示にするために、数式を消すのは時短にはなりません。

【IF関数】を使い、常に「0」は表示されない請求書を作成しましょう。

IF関数で「0」を表示させないIF関数で「0」を表示させない

↑まず、F14に数式を入力します。

=IF(D14*E14=0,””,D14*E14)

このIF関数は「もしも『数量×単価』が『0』ならば、『”(空白)”』にして、そうでなければ『数量×単価』の計算をする」という計算になっています。

関数の引数関数の引数

↑関数の引数を見てみると真と偽が分かりやすく説明されています。

IF関数とは

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

意味:論理式に当てはまれば真の場合、当てはまらないならば偽の場合を表示します。

オートフィルでコピーするオートフィルでコピーする

↑金額の計算をすべてIF関数になるようにオートフィルでコピーします。

オートフィルについては≫【エクセル】塗りつぶしの方法!パターンや交互に色を変えて見やすくしようで解説しています。

塗りつぶしタイトル
【エクセル】塗りつぶしの方法!パターンや交互に色を変えて見やすくしようエクセルで見やすい表やデータを作成する方法は様々あります。今回は、一行ごとを塗りつぶし色を交互にすることで、見やすいデータを作成しました。塗りつぶしやパターンにも種類が豊富なので、データに合ったスタイルで作成できます。色を交互にする方法も『オートフィル』『条件付き書式』『テーブル』とあり、どれも簡単な機能ですので、是非活用してみてください。...
「0」が非表示の請求書「0」が非表示の請求書

↑数量と単価の入っていないセルの「0」は表示されなくなりました。

簡単に見栄えがよくなりました。



エクセルの【IFERROR関数】で『#N/A』を表示させない方法

#N/A請求書#N/Aの表示された請求書

↑エラー値でよく見るパターン「#N/A」(エヌエー)があります。

これはVLOOKUP関数を使用した際に、見かけることが多いです。

  • 検索値が未入力のとき
  • 検索値に該当するデータが存在しないとき

上記のような場合に#N/Aが表示されます。

VLOOKUP関数については≫エクセル「VLOOKUP関数」で別シートから簡単に条件にあう値を参照しよう!を参考にしてください。

タイトル
エクセル【VLOOKUP関数】で別シートから簡単に条件にあう値を参照しよう!リストから自動入力してくれるエクセルの【VLOOKUP関数】を解説します。エクセルの入力作業を効率よくすることが時短へつながります。請求書を作成した場合、商品番号や商品名、単価などすべてを手入力していては時間がかかってしまいますし、入力ミスも出てくるかもしれません。VLOOKUP関数は覚えておくと大変便利な関数です。...
検索値未入力検索値未入力

↑この請求書は、検索値(商品ナンバー)が未入力のため#N/Aが表示されています。

#N/Aを表示させないために【IFERROR関数】を使って見栄え良くしてみましょう。

IFERROR関数で#N/Aを非表示にする

↑まずVLOOKUP関数の入っているセルB14を選択します。

=VLOOKUP(A14,$M$14:$O$25,2,FALSE)

この関数は、商品ナンバーを入力すると、リスト(リストの範囲$M$14:$O$25)から検索した値を表示します。

IFERROR関数IFERROR関数を入力

↑B14の関数にIFERROR関数を加えましょう。

=IFERROR(VLOOKUP(A18,$J$15:$L$26,2,FALSE),””)

赤い部分だけを加えています。

IFERROR関数とは

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

意味:値がエラーの場合に指定した値を表示します。

オートフィルオートフィルする

↑品名の列をオートフィルします。

商品ナンバーが未入力のセルに#N/Aが表示されなくなりました。

オートフィルIFERROR関数を入力しオートフィル

↑単価の列も同じようにIFERROR関数を入れてみましょう。

#VALUE!#VALUE!を非表示にする

↑金額の列に「#VALUE!」(バリュー)のエラー値が表示されています。

こちらのエラー値もIFERROR関数で非表示にすることが出来ます。

IFERROR関数IFERROR関数を入力

↑F14にIFERROR関数を加えます。

=IFERROR((D14*E14),””)

IFERROR関数を入力しオートフィルIFERROR関数を入力しオートフィル

↑赤い部分だけを加え、オートフィルします。

エラー値のない請求書エラー値のない請求書

↑すべてのエラー値が非表示になり、とても見やすい請求書になりました。

これなら、お客様にお見せしても大丈夫ですね。



エクセルの『#N/A』など様々なエラー値一覧

エクセルには、さまざまなエラー値が表示されます。

なぜ、どうして、このエラーが出ているのか。

などを考えると解決しやすいです。

#N/A(エヌエー)数式の対象先に値が見つからない時
関数や数式に使う値がない時
#VALUE!(バリュー)関数の引数や数式に入れる形式が間違っている時
#DIV/0!(ディブゼロ)「0」や「空白セル」で割り算している時
#NAME?( ネーム)関数のつづりが間違っている時
または間違った名前の定義を入力している時
#REF!(レフ)数式内で使われているセル参照が無効の時
#NULL!(ヌル)セル参照に使う記号が間違っている時
#NUM!(ナム)数値の指定に間違った数値を入力している時
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エラーの読み方も、さまざまあるよ!
紹介した読み方は、書いてある字をそのまま読んでいるよ。
自分が読みやすく覚えやすい「読み方」を使ってね!

まとめ

エクセルではさまざまなエラー値が表示されることがあります。

そのエラー値が表示されたままでは、お客様や社内でもお見せできないですね。

ちょっとした関数を使うことで、すっきりとした見栄えの良い資料などを作成できます。

今回は【IF関数】や【IFERROR関数】を使い『0』や『#N/A』などを非表示にする方法を解説しました。

不要な数値やエラー値は表示させないようにしてみましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。