関数

【関数の組み合わせ】VLOOKUP関数とINDIRECT関数で参照先を変える技!

エクセル初心者
エクセル初心者
VLOOKUP関数とINDIRECT関数を同時に使っている数式を見たことあるけど、どういう時に使うのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
参照先を変えてデータを検索したいときにVLOOKUP関数とINDIRECT関数を使用するよ。とても便利な組み合わせだから、これから詳しく解説するね。

今回は、VLOOKUP関数とINDIRECT関数を使って参照先を変える方法を解説します。

参照先を変える方法といっても、ピンときませんよね。

では、VLOOKUP関数を使って商品を検索をする場合、[範囲]を指定しますが、この[範囲]に指定する参照先が、食品一覧、飲料一覧、日用品一覧、というようにカテゴリー別に作成された複数の一覧だったら、どうしますか。

おそらく今までは、食品一覧、飲料一覧、日用品一覧が1つにまとまった一覧をVLOOKUP関数の[範囲]に指定していたと思います。

しかし今回は、カテゴリー別に作成された複数の一覧を同時に参照先に指定しなければ商品が検索できません。

このようなときに、VLOOKUP関数とINDIRECT関数を使うと、参照先を変えてデータを検索することができます。

VLOOKUP関数とINDIRECT関数で参照先を変える簡単ステップ
  1. VLOOKUP関数の書式
    =VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,[検索の型])を応用する
  2. 参照先になるセル範囲に名前を付ける
  3. VLOOKUP関数の[範囲]にINDIRECT関数を使って、上記の名前を指定する

以上の3ステップで参照先を変えることができます。

他にも関数を組み合わせてデータを抽出するクロス抽出があります。

クロス抽出には、INDEX関数とMATCH関数を使って解説しています。
詳しくは、【エクセルのクロス抽出】INDEX関数とMATCH関数の組み合わせを参考にしてみてください。

タイトル
【エクセルのクロス抽出】INDEX関数とMATCH関数の組み合わせエクセルのクロス抽出について解説します。クロス抽出は、データから行番号と列番号を指定し、重なったセルの値を取り出します。今回は『INDEX関数』と『MATCH関数』を組み合わせてクロス抽出します。クロス抽出で、データの値を素早く取り出すことは仕事効率アップにつながります。ぜひ活用されてみてください。...

次項より、VLOOKUP関数について詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。