MENU
使い方

【エクセル】テキスト形式に変換して保存しよう!

エクセル初心者
エクセル初心者
テキスト形式ってどういうファイルのことかな。
エクセルでも使えるみたいだけど、使い方が分からないよ。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
テキスト形式は、ほとんどのソフトウェアで使用できる便利なファイルだよ。便利なファイルだけど、いくつか注意することがあるからこれから解説するね。

今回は、エクセルデータをテキスト形式に変換して保存する方法について解説します。

テキスト形式のファイルを簡単に説明すると、人が読めたり変更したりできる文字だけのファイルのことです。

エクセルにデータとして取り込んで編集したり、エクセル形式をテキスト形式に変換して保存したりできますが、表やグラフ、書式などの装飾は保存できません。数式についても結果の値のみが保存されます。

テキスト形式保存の簡単ステップ
  1. F12を選択し[名前を付けて保存する]ダイアログボックスの表示
    名前を付けて保存するダイアログボックスの表示「F12」
  2. [ファイルの種類]のドロップダウンメニューから任意のテキスト形式を選択
  3. [保存]を選択

以上の3ステップで、エクセルファイルをテキスト形式に変換して保存します。

テキスト形式のファイルは、数式や書式等の装飾は保存されず、文字のみの保存ができるファイルと説明しましたが、エクセルでは、意図的に『文字列』として入力する方法があります。

例えば、セルにSUM関数を入力すると通常は結果の値が表示されますが、意図的に『文字列』表示での入力をすると、[=SUM(A1+A2)]というように数式の内容をセルに表示させることができますよ。

セルの入力値を意図的に『文字列』として入力する方法は、【エクセル】シングルクォーテーションをつけると表示できる便利技で解説しているので、参考にしてみてください。

タイトル
【エクセル】シングルクォーテーションをつけると表示できる便利技エクセルで表示させたいのに、表示することができないときはありませんか?例えば、関数の数式を表示する場合、セルに関数を入力すると答えが返ってしまいます。ほかにも『001』などの数値の入力などはシングルクォーテーションを使って表示できます。シングルクォーテーションを先頭につけるだけで表示ができるのでぜひ参考にしてみてください。...

次項より、エクセルデータをテキスト形式に変換して保存する方法について詳しく解説するので、ぜひ読み進めてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。