使い方

【エクセル】シングルクォーテーションをつけると表示できる便利技

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルに、関数を入力すると普通に計算されてしまうよね?そこを計算せずに、関数だけを表示したいんだけど...どうすればいいかなぁ?
エクセル初心者
エクセル初心者
わたしは『001』とか『002』とか表示したいな!『1』や『2』になってしまうんだよね。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
そんなときはシングルクォーテーションを使って表示することができるよ!
シングルクォーテーション以外にも、表示形式の設定などもあるね!
さっそく試してみよう!

今回、紹介する『シングルクォーテーション』は、関数や特定の数字などを表示させるときに利用できます。

シングルクォーテーションの場所シングルクォーテーションの場所

↑『シングルクォーテーション』の場所は、キーボードの数字『7』のキーにあります。

『Shift』キーを押しながら『7』を押すと『シングルクォーテーション』が入力できます。

詳しい解説は本文にてしていきます。

ぜひ参考にされてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルに関数の数式を表示させるシングルクォーテーション

エクセルに関数を表示させたいときの解決方法はこちらです。

SUM関数SUM関数

↑A列とB列の合計をC列に計算してみましょう。

SUM関数を使います。

SUM関数を入力SUM関数を入力

↑C2セルに、『=SUM(A2:B2)』と入力します。

SUM関数の結果SUM関数の結果

↑Enterで確定すると、合計の『11』が表示されます。

では、計算させずに関数を表示させるには『シングルクォーテーション』を付けます。

関数にシングルクォーテーション関数にシングルクォーテーション

↑C3セルを選択し、『’=SUM(A3:B3)』を入力し、確定します。

SUM関数の表示SUM関数の表示

↑計算をされない状態で関数を表示することができました。



『@』から始まるデータの入力

アットマークアットマーク

↑『@』から始まるデータをセルに入力し、確定を押しましょう。

今回は、『@123』を入力しました。

エラーエラー

↑『この数式には問題があります』とダイアログボックスが表示されました。

『@』は関数と認識されています。

なので、シングルクォーテーションを先頭につけましょう。

@の前にシングルクォーテーショ@の前にシングルクォーテーション

↑『’@123』で入力し、確定します。

@表示完了@表示完了

↑エラーにならずに、『@』から始まるデータを表示することができました。



『001』の表示方法

0から始まる数字0から始まる数字

↑『001』をセルに入力します。

ただの『1』ただの『1』

↑確定を押すと『1』になります。

0の前にシングルクォーテーション0の前にシングルクォーテーション

↑『シングルクォーテーション』を付けて『’001』を入力してみましょう。

0から始まる数字の表示完了0から始まる数字の表示完了

↑『001』で入力できました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
左上の緑の三角は、『!▼』から『エラーを無視する』にすると消えるよ!



『/』から始まるデータの入力

『/』から始まるデータも表示させてみましょう。

3ページの1ページ目3ページの1ページ目

↑3ページの1ページ目という意味で『1/3』と入力します。

日にちとなる日にちとなる

↑しかし表示されるのは『1月3日』になります。

先頭にシングルクォーテーション先頭にシングルクォーテーション

↑『シングルクォーテーション』をつけて『’1/3』と入力します。

表示完了表示完了

↑『1/3』と表示することができました。



シングルクォーテーション以外の表示方法

上記は、すべてシングルクォーテーションを付けることで解決できました。

ほかにも、表示形式の変更があります。

表示形式表示形式

↑表示形式を『文字列』に設定して『001』を入力します。

文字列文字列

↑『シングルクォーテーション』を付けていない状態でも、『001』で表示することができました。

表示形式は、セルの書式設定ダイアログボックスからも適用できます。

セルの書式設定を開くショートカットキー『Ctrl+1』についてはこちら≫【エクセルのショートカットキー】「Ctrl+1」はセルの書式設定を表示するを参考にされてみてください。

タイトル
【エクセルのショートカットキー】「Ctrl+1」はセルの書式設定を表示するエクセルを操作中に『セルの書式設定』のダイアログボックスを表示するショートカットキーは「Ctrl(コントロール)+1」になります。表示形式の変更であったり、配置や塗りつぶしなど、使用頻度の高い『セルの書式設定』は、ショートカットキーで覚えておくと大変便利です。時短にもつながりますので参考にしてください。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。