関数

エクセルで足し算が簡単にできる【SUM関数】で合計値を求めよう!

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルで表計算を作成しています。
合計を『+(プラス)』で計算していたら、すごく長い式になってしまって大変です。

エクセルでは、合計を求める表計算を作成することが多いですね。

プラスで足し算プラスで足し算すると・・・

↑たしかに、合計を「+」で計算すると大変そうです。

100や1000単位のデータであれば、さらに大変になりますね。

せっかくのエクセルでの作業ですので、効率よく操作したいものです。

合計を求める関数として、よく使われている有名な【SUM(サム)関数】はご存知ですか?

足し算がとても簡単にできる関数です。

使用頻度が高いので、エクセルではオートSUMボタンも準備されています。

オートSUMボタンではマウスから簡単に操作でき、合計値を求めることが可能です。

SUM関数の簡単2ステップ

①合計を求めたいセルを選択
②SUM関数を挿入

簡単ステップで合計を求めることができます。

本文では、オートSUMボタンや、fxボタン、注意点なども詳しく解説します。

参考にしてみてください。

◇記事内のエクセル用語◇

fxボタン関数の挿入を操作しやすいようサポートしてくれます。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルで足し算をする【SUM関数】

SUM関数は合計を求める際に、もっとも使用される関数です。

簡単に複数の数値を足し算できるため、リボンにオートSUMボタンも用意されています。

fxボタンから検索しSUM関数を挿入もできます。

足し算の合計を出したいセルに直接SUM関数を入力するのも早いですね!

簡単で覚えやすく、使用頻度の高いSUM関数をぜひ活用してください。

SUM関数とは

=SUM(数値)

意味:数値の合計を求めます。数値は『,(カンマ)』で区切り、複数を指定できます。『:(コロン)』でセル範囲を指定もできます。

SUM関数を使い、足し算をして合計値を求める方法

便利で簡単なSUM関数の場所や使い方を「2月分フルーツ売上表」で解説します。

オートSUMボタンで簡単足し算

合計を求めるセルを選択合計を求めるセルを選択

↑「2月分フルーツ売上表」の合計をオートSUMボタンで求めます。

まず、合計を出したいセルを指定します。

B10からD10を範囲指定しましょう。

〈ホーム〉オートSUMの場所〈ホーム〉オートSUMの場所

↑オートSUMボタンは、ホームタブと数式タブのリボンに用意されています。

ホームタブであれば右の方にあります。

〈数式〉オートSUMの場所〈数式〉オートSUMの場所

↑数式タブであれば左の方にあります。

使いやすい方を利用してください。

オートSUMをクリックオートSUMをクリック

↑合計を求める時は「ΣオートSUM」をクリックします。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
▼をクリックすると「合計」の他に、「平均」や「個数を数える」ボタンが用意されているよ!
合計を求めることが出来た合計を求めることが出来た

↑オートSUMボタンから簡単に合計を求めることができました。

オートSUMは自動でセルを選択オートSUMは自動でセルを選択

↑オートSUMボタンは自動で範囲をしてくれます。

セルの範囲指定が間違っていないかを確認するようにしましょう。

fxボタンでSUM関数を挿入

合計を求めるセルを選択合計を求めるセルを選択

↑合計を求めるセルを1個選択します。

今回はB10のセルを指定し、単価の合計を求めます。

fxボタンfxボタン

↑数式バーの左側の「fxボタン」をクリックします。

関数の挿入ダイアログボックス関数の挿入ダイアログボックス

↑関数の挿入ダイアログボックスが出てきました。

SUMを検索SUMを検索

↑関数の検索に「合計」と入力し検索を開始すると「合計」に関係する関数が表示されます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
関数名が分からない時は、検索が出来るので便利だね!
SUMを選択SUMを選択

↑関数名に表示されている「SUM」を選択し、OKを押します。

セル範囲を確認セル範囲を確認

↑関数の引数ダイアログボックスが出てきました。

ここで引数の範囲を選択できます。

最初はオートSUMボタンのように自動で範囲を指定し表示してくれています。

引数の範囲が間違っていなければOKを押しましょう。

合計が表示された合計が表示された

↑単価の合計が出ました。

右側にオートフィル右側にオートフィル

↑右側にオートフィルでコピーして完成です。

SUM関数を手入力

合計を求めるセルを選択合計を求めるセルを選択

↑合計を求めたいセルB10を指定します。

関数を入力関数を入力

=SUM(

を入力ましょう。

合計する範囲を選択合計する範囲を選択

↑足し算をするセルの範囲を指定します。

B3からB9を範囲指定しましょう。

)での閉じ忘れ注意)での閉じ忘れ注意

↑最後はで閉じます。

=SUM(B3:B9)

を入力しEnterを押します。

合計が表示された合計が表示された

↑合計を求めることが出来ました。

右側にオートフィル右側にオートフィル

↑個数、売上の合計はオートフィルでコピーしましょう。

それぞれの合計の求め方は、どれも簡単です。

覚えやすく使いやすい方法を使用してみてください。

SUM関数の注意点

SUM関数は、数値を足し算し合計を出すことが出来ます。

数値です!!

文字列や「個」や「人」などの単位がついていると計算出来ません。

合計は70ですが・・・合計は70ですが・・・

↑例えば、7種類のフルーツの個数が全て10個です。

合計すると「70」になりますね。

SUM関数で計算SUM関数で計算

↑合計をSUM関数で求めてみましょう。

合計が60!?合計が60!?

↑すると「60」になります。

文字列になっているセル文字列になっているセル

↑理由はC5のセルが文字列になってしまっているからです。

SUM関数は、指定した範囲の合計を求めてくれます。

指定した範囲に文字列が含まれていてもエラーは表示されません。

数値に文字列が混合しないように気を付けましょう!

単位も注意!単位も注意!

↑単位も同じです。

「個」などの単位を数値と一緒に入力すると合計数には反映されません。

まとめ

合計を求めることが多いエクセルで活躍してくれるSUM関数を解説しました。

SUM関数は、足し算がとても簡単に求めれます。

しかし、エラーが表示されないので注意しなければいけないところもありました。

SUM関数でエクセルを操作し、作業効率をアップしましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。