使い方

【エクセル】別シートから参照する方法!シートを2つ開いて簡単作業!

エクセルを使っていると『シートを並べて作業したい』と思ったことはありませんか?

『sheet1』に集計があり、『sheet2』に合計を出す。そんな時に、sheet1とsheet2が並んで見れると便利ですね。

そして【別シートから参照】することで、更にエクセルの作業効率があがります。

今回は、シートを2つ開き参照する方法を解説していきます。

エクセルでシートを並べて作業するように、ワードでも文書を並べて作業することができます。

ワードを2ページ並べて表示する方法を簡単解説!も参考にされてみてください。

◇記事内のエクセル用語◇

sheet(シート) 表計算ソフトのデータ入力や編集ができるワークシートのこと。シートは束ねてブック単位で保存します。シートの順番やシート名を変更したり、シートの増減も変更できます。
参照 表計算ソフト上で、数式に特定のセル番地を指定すること。指定したセル番地の値が変われば、自動的に数式にも反映され計算結果も更新されます。
オートフィル 数式や値を含むセルを基点とし、連続入力することができる機能のこと。日付や曜日、規則性のある値を連続入力することができます。
フィルハンドル オートフィルを使う際にドラッグする■のこと。セルを選ぶと右下に表示される■です。連続データや数式のコピーができます。
ドラッグ マウスの左ボタンを押したまま移動し、目的の場所で左ボタンを離すこと。オートフィルやセル範囲の選択などドラッグで操作できます。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。