楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【エクセル】オートフィルの使い方!意外と知らない下までコピーする5つの方法

8 min 351 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルのオートフィルについて教えてほしい。連続データとか数式や関数も簡単にコピーできるの?

オートフィルを使うと、連続データ、数式や関数を下方向や横方向に簡単にコピーできるよ。オートフィルはおすすめ機能だから、これから詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、エクセルのオートフィルの使い方や設定について、解説します。

オートフィルには、便利なオプション設定があることを知っていますか。

この記事を読むと、オートフィルの基本的な使い方から便利なオプション設定の方法について、理解することができますよ。

【エクセル】オートフィルで下までコピー(入力)する5つの方法
  1. セルのコピー
     単純にセルを書式ごとコピーする
  2. 連続データ
     連続した規則性のある値をコピーする
  3. 書式のみコピー(フィル)
     書式のみコピーし、値はコピーしない
  4. 書式なしコピー(フィル)
     書式はコピーせず、元のセルの値をコピーする
  5. フラッシュフィル
     入力済みのデータから法則性を検知し、データを自動的に値を入力する

PCサポート歴10年以上の私が、エクセルのオートフィルの便利ワザについて、詳しく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルのオートフィルは、簡単でとても便利な機能です。

連続データはもちろんのこと、数式や関数も素早くコピーすることができます。

まだ知らないオートフィルのオプション機能を理解して、使いこなしてみましょう。

また、オートフィルと同じように手軽で便利な機能に、『ドロップダウンリスト(プルダウン)』があります。

『ドロップダウンリスト(プルダウン)』は、入力データをリスト化し、入力ミスなどを防ぐことができる便利な機能です。

『ドロップダウンリスト(プルダウン)』については、こちら≫【エクセル】ドロップダウンリスト(プルダウン)を活用しよう!初心者でも簡単にマスターできる便利技!で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は『OS:Windows11』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

【エクセル】オートフィルでデータを下までコピー(入力)しよう!

エクセルのオートフィル機能とは、セルに入力されているデータ(数値を含むセルの中身)を参考に、自動的に連続した値をコピーする機能です。

オートフィルの使い方

それでは、さっそくオートフィルでセルのデータを下までコピーしてみましょう。

基本的なオートフィルの使い方
基本的なオートフィルの使い方

下記の通りにセルを設定します。

  1. 任意のセルに『1』を入力
  2. ①のセルに書式を設定
    (ここではセルに水色の網掛けを設定)
  3. セルの右下に『■(フィルハンドル)』が表示されることを確認
  4. マウスポインターを右下の『■(フィルハンドル)』に合わせ、マウスポインターが黒い十字の表示に変わったことを確認
  5. 『■(フィルハンドル)』をセルA5までドラッグ
オートフィルでコピーが完了
オートフィルでコピーが完了

セルA1のデータが、セルA5までコピー(入力)されましたね。

このように、オートフィルで簡単にデータを下までコピーすることができます。

オートフィルは、横方向にもコピーできるよ。下までコピーしたときと同じように、横方向に『フィルハンドル』をドラッグするだけだよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

5つのオプション設定

ここでは、オートフィルの5つのオプション設定について、順番に解説します。

1.『セルのコピー』を使って下までコピー

オートフィルの『セルのコピー』は、単純にセルを書式ごとコピーします。

前述の『オートフィルの使い方』で紹介した方法は、『セルのコピー』になります。

それでは、『オートフィルの使い方』でコピーしたデータを確認してみましょう。

オプション一覧の『セルのコピー』が選択されている
オプション一覧の『セルのコピー』が選択されている
  1. オートフィルオプションを選択
  2. オプション一覧の『セルのコピー』が選択されていることを確認

このように、セルA1に入力された値と書式付き(セルに網掛け)が、セルA5まで『セルのコピー』に設定されていることが確認できます。

2.『連続データ』を使って下までコピー

オートフィルの『連続データ』は、連続した規則性のある値をコピーします。

任意のセルに、書式付き(セルに網掛け)データを下までコピーしましょう。

オプション一覧から『連続データ』を選択
オプション一覧から『連続データ』を選択
  1. オートフィルオプションを選択
  2. オプション一覧の『連続データ』を選択
連続データでコピーされる
連続データでコピーされる

セルA1からセルA5に入力されたデータが、『1、2、3、4、5』の連番に変わりましたね。

このように、オートフィルオプションを『連続データ』に設定することができます。

3.『書式のみコピー(フィル)』を使って下までコピー

オートフィルの『書式のみコピー(フィル)』は、書式のみコピーし、値はコピーしません。

任意のセルに、『書式付き(セルに網掛け)』データを下までコピーしましょう。

オプション一覧から『書式のみコピー(フィル)』を選択
オプション一覧から『書式のみコピー(フィル)』を選択
  1. オートフィルオプションを選択
  2. オプション一覧の『書式のみコピー(フィル)』を選択
書式のみコピーされる
書式のみコピーされる

セルA2からセルA5に入力されていた『1』が消え、『書式(セルに網掛け)』のみコピーされましたね。

このように、オートフィルオプションを『書式のみコピー(フィル)』に設定することができます。

4.『書式なしコピー(フィル)』を使って下までコピー

オートフィルの『書式なしコピー(フィル)』は、書式はコピーせず、元のセルの値をコピーします。

任意のセルに、あえて書式付き(セルに網掛け)のデータを下までコピーしましょう。

オプション一覧から『書式なしコピー(フィル)』を選択
オプション一覧から『書式なしコピー(フィル)』を選択
  1. オートフィルオプションを選択
  2. オプション一覧の書式なしコピー(フィル)』を選択
値のみコピーされる
値のみコピーされる

セルA2からセルA5のセルに設定されていた『書式(網掛け)』が解除され、『1』のみがコピーされましたね。

このように、オートフィルオプションを『書式なしコピー(フィル)』に設定することができます。

5.『フラッシュフィル』で下までコピー

オートフィルの『フラッシュフィル』は、入力済みのデータから法則性を検知し、データを自動的に値を入力します。

『フラッシュフィル』は、Excel 2013以降のバージョンから利用できるようになりました。

『フラッシュフィル』については、後述する『オートフィルとフラッシュフィル』で詳しく解説します。

オートフィルオプションを使用できる(表示される)のは、一番最後にオートフィルでコピーしたデータだけだよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

オートフィルオプションが出ない

オートフィルでコピーしたのに、オートフィルオプションが出ない場合があります。

オートフィルオプションが出ない場合は、Excelの『オプション』を確認しましょう。

アクセスキーAltTOでExcelの『オプション』を開きます。

アクセスキーは、ショートカットキーと違って、同時にキーボードを押すのではなく、1個ずつ順番に押しましょう。

Excelの『オプション』を確認
Excelの『オプション』を確認

Excelの『オプション』が開いたら、下記の通りに設定します。

  1. 『詳細設定』を選択
  2. 『切り取り、コピー、貼り付け』項目の『コンテンツを貼り付けるときに [貼り付けオプション] ボタンを表示する』にチェックを入れる
  3. [OK]を選択

設定を変更した後に、改めてオートフィルでコピーすると、オートフィルオプションが表示されます。

このように、オートフィルオプションが出ない場合は、Excelの『オプション』から設定を変更しましょう。

オートフィル機能の解除

オートフィル機能を解除したいという場合も、Excelの『オプション』で行います。

オートフィルの解除方法
オートフィルの解除方法

Excelの『オプション』が開いたら、下記の通りに設定しましょう。

  1. 『詳細設定』を選択
  2. 『編集オプション』項目の『フィル ハンドルおよびセルのドラッグ アンド ドロップを使用する』のチェックを外す
  3. [OK]を選択

解除した後は、『■(フィルハンドル)』が機能しなくなります。

再度、使用する場合は、上記項目にチェックを入れましょう。

このように、オートフィル機能を解除することができます。

数式や関数をオートフィルで簡単にコピーする

エクセルのオートフィルは、数式や関数も簡単にコピーすることができます。

コピーする数式を確認
コピーする数式を確認

セルE3には数式『=B3+C3+D3』が入力されています。

この数式をセルE8までオートフィルでコピーしてみましょう。

オートフィルで数式をコピーする方法
オートフィルで数式をコピーする方法
  1. 数式が入力されているセルE3を選択
  2. マウスポインターを右下の『■(フィルハンドル)』に合わせ、マウスポインターが黒い十字の表示に変わったことを確認
  3. 『■(フィルハンドル)』をセルE8までドラッグ
オートフィルで数式のコピーが完了
オートフィルで数式のコピーが完了

数式がセルE4からセルE8までコピーされ、正しく計算されましたね。

次に、関数をオートフィルでコピーしてみましょう。

コピーする関数を確認
コピーする関数を確認

ここでは、セルB9に入力されているAVERAGE関数を使って確認します。

AVERAGE関数については、こちら≫【エクセル】平均を求める関数は?AVERAGE関数を徹底解説!!で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

オートフィルで関数をコピーする方法
オートフィルで関数をコピーする方法
  1. 関数が入力されているセルB9を選択
  2. マウスポインターを右下の『■(フィルハンドル)』に合わせ、マウスポインターが十字の表示に変わったことを確認
  3. 『■(フィルハンドル)』をセルE9までドラッグ
オートフィルで関数のコピーが完了
オートフィルで関数のコピーが完了

AVERAGE関数がセルC9からセルE9までコピーされ、正しく計算されましたね。

このように、エクセルのオートフィルは、数式や関数も簡単にコピーすることができます。

オートフィルで、値や書式以外にも、数式や関数が簡単にコピーできるのは、とても便利だね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

参照セルを固定してオートフィルを使う方法

数式を固定せずにオートフィルした結果
数式を固定せずにオートフィルした結果

エクセルのオートフィルで数式をコピーした時に、意図した結果が得られずに、数式のコピーをあきらめたことはありませんか。

数式を固定してオートフィルした結果
数式を固定してオートフィルした結果

そのような時は、数式に『参照している値(セル)は固定だよ』ということを明示的に示す必要があります。

参照セルを固定してオートフィル使う方法については、こちら≫【エクセル】オートフィルで固定した数式をコピーするには?正しく計算する方法を解説で詳しく解説しています。

オートフィルで大量のデータを入力する方法

オートフィルでデータを入力するのに、1画面に収まらない程の長い距離をドラッグするのは、大変ですよね。

『範囲』『種類』『停止値』を設定
『範囲』『種類』『停止値』を設定

そのような場合は、フィル機能の『連続データの作成』を使うと、便利です。

指定した通りの大量データを入力
指定した通りの大量データを入力

一瞬で、大量の連続データを入力することができます。

指定した通の日付と曜日を入力
指定した通の日付と曜日を入力

また、数値以外にも日付や曜日まで、簡単に大量の連続データを入力することができますよ。

エクセルのオートフィルで大量のデータを入力する方法については、こちら≫【エクセル】オートフィルで大量の連続データを入力!日付や曜日もこれだけでOKで詳しく解説しています。

飛び飛びのデータをオートフィルで入力するには?

飛び飛びのセルや結合されているセルをオートフィルするには、少しの工夫が必要です。

いろいろな飛び飛びの連続データをオートフィルする
いろいろな飛び飛びの連続データをオートフィルする

工夫1つで、小数点のついた飛び飛びの値、マイナスの飛び飛びの値もオートフィルが可能です。

2個と1個の空白セルの間隔でオートフィルする
2個と1個の空白セルの間隔でオートフィルする

空白セルを含む飛び飛びのセルにも、連番を入力することができますよ。

オートフィルができないメッセージが表示される
オートフィルができないメッセージが表示される

結合セルと単体セルが混ざっている表では、オートフィルが使えません。

関数を使って連番を入力する方法
関数を使って連番を入力する方法

結合セルと単体セルが混ざっている飛び飛びのセルに連番を入力するには、関数を使うと便利です。

飛び飛びのデータをオートフィルで入力する方法については、こちら≫【エクセル】オートフィルで飛び飛びのセルに入力する方法!結合セルにも対応できるでOKで詳しく解説しています。

オートフィルはキーボードでも操作できる!

ここでは、キーボードでオートフィルによる連続データを作成してみましょう。

キーボードでオートフィル操作するには、下記の『アクセスキー』を使います。

オートフィル操作ができるアクセスキー
オートフィル操作ができるアクセスキー
  • AltHFISEnter

アクセスキーは、ショートカットキーと違って、同時にキーボードを押すのではなく、1個ずつ順番に押しましょう。

アクセスキーの前にオートフィルでデータを入力するセルを選択しておく
アクセスキーの前にオートフィルでデータを入力するセルを選択しておく

セルA1に『1』を入力し、オートフィルでデータを入力するセルを選択しておきましょう。

ここでは、セルA1からセルA5を範囲選択しています。

先頭のAltを押すと、リボンにアルファベットが表示されます。

アルファベットが表示されたら、HFISのキーボードを順番に押していきましょう。

アクセスキーによるリボン表示の遷移(H→F)
アクセスキーによるリボン表示の遷移(H→F)

HFを押した時のリボン表示になります。

(Excelのウィンドウサイズによって、リボンに表示されるメニューが異なります。)

アクセスキーによるリボン表示の遷移(I→S)
アクセスキーによるリボン表示の遷移(I→S)

『連続データ』のダイアログボックスが表示されたら、Enterを押して完了です。

キーボード操作で連続データの入力が完了
キーボード操作で連続データの入力が完了

選択しておいたセルに、1から5までの連続データが入力されましたね。

このように、オートフィルをキーボードで操作することができます。

オートフィルでデータを入力したいセル範囲は、アクセスキーを使う前に選択することを忘れないでね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

abc(アルファベット)をオートフィルする方法

ユーザー設定リストに登録した通りの順番で入力できる
ユーザー設定リストに登録した通りの順番で入力できる

Excelの設定を変更すると、アルファベット『A~Z』を簡単にオートフィルすることができます。

『A1、B1、C1…』の連続するアルファベットを入力できる
『A1、B1、C1…』の連続するアルファベットを入力できる

また、数式を使うと『A1、B1、C1…』のアルファベットの入力も可能になります。

『AA、AB、AC…』の連続するアルファベットを入力できる
『AA、AB、AC…』の連続するアルファベットを入力できる

数式にはいろいろなパターンがあり、アルファベットの連続データをオートフィルするには、とても便利ですよ。

アルファベットをオートフィルする方法については、こちら≫【エクセル】『ABC』オートフィルできる?アルファベットを連続入力する方法を解説【エクセル】アルファベットの連続データの表示方法を解説で詳しく解説しています。

オートフィルとフラッシュフィル

近日公開予定です。

しばらくお待ちください。

オートフィルとオートフィルタ

近日公開予定です。

しばらくお待ちください。

オートフィルができない時の対処方法

近日公開予定です。

しばらくお待ちください。

【エクセル】オートフィルは色々な方法でコピーできる!

今回は、エクセルのオートフィルの使い方や便利な設定について、解説しました。

オートフィルを使うと、連続データ、数式や関数など様々な種類のデータを簡単にコピーすることができましたね。

参照セルを固定してオートフィルを使う場合は、エクセルの絶対参照と相対参照について理解しておくことが必要になります。

また、オートフィルで入力した直後は、オプション機能を使うと、選択肢に合わせて値を素早く変更できるので、とても便利ですね。

最後に、エクセルのオートフィルで下までコピー(入力)する5つの方法について、おさらいします。

おさらい
  1. セルのコピー
     単純にセルを書式ごとコピーする
  2. 連続データ
     連続した規則性のある値をコピーする
  3. 書式のみコピー(フィル)
     書式のみコピーし、値はコピーしない
  4. 書式なしコピー(フィル)
     書式はコピーせず、元のセルの値をコピーする
  5. フラッシュフィル
     入力済みのデータから法則性を検知し、データを自動的に値を入力する

オートフィルを使いこなして、時短、効率アップを目指しましょう。

また、オートフィルと同じように手軽で便利な機能に、『ドロップダウンリスト(プルダウン)』があります。

『ドロップダウンリスト(プルダウン)』は、入力データをリスト化し、入力ミスなどを防ぐことができる便利な機能です。

『ドロップダウンリスト(プルダウン)』については、こちら≫【エクセル】ドロップダウンリスト(プルダウン)を活用しよう!初心者でも簡単にマスターできる便利技!で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリー:

40万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に40万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事