楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【エクセル】『ABC』オートフィルできる?アルファベットを連続入力する方法を解説

4 min 19 views
エクセル初心者

エクセル初心者

オートフィルでアルファベットを『ABC…』のように入力する方法を知りたい。数値のときのようにうまくいかなくて。。。

アルファベットの連続データをオートフィルする方法と、数値をオートフィルする方法は異なるよ。これから『ABC…』のように、連続入力できる方法を詳しく解説するね。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、『ABC』のようにアルファベットの連続データをオートフィルする方法について、解説します。

アルファベットの連続データは、数値と違って直接オートフィルすることができません。

そうすると、『アルファベットの連続データは手打ちでしかできないの?』と残念な気持ちになりますが、まだ諦めないでください。

この記事を読むと、『A~Z』や『A1、B1、C1…』、『AA、AB、AC…』のようなアルファベットの連続データを入力する方法について、理解することができますよ。

【エクセル】『ABC』の連続データをオートフィルするポイント
  • 『A~Z』までのアルファベットの連続データの入力は、Excelの設定を変更する
  • 『A1、B1、C1…』や『AA、AB、AC…』のようなアルファベットの連続データの入力は、『検索/行列』や『文字列操作』の関数を使うと便利

PCサポート歴10年以上の私が、アルファベットの連続データをオートフィルで入力する方法について、詳しく解説するよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

『A~Z』までのアルファベットの連続データは、Excelの設定を変更すると簡単にオートフィルすることができます。

さらに、『検索/行列』と『文字列操作』の関数を組み合せると、『A1、B1、C1…』や『AA、AB、AC…』のようなアルファベットの連続入力も可能になります。

アルファベットの連続データを、オートフィルで入力する数式(関数の組み合せ)を覚えてみましょう。

エクセルのオートフィルの基本的な使い方については、こちら≫【エクセル】オートフィルの使い方!意外と知らない下までコピーする5つの方法で詳しく解説しています。

※本記事は『OS:Windows11』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

【エクセル】『ABC』をオートフィルしよう!

ここでは、Excelの設定を変更して『A~Z』を入力する方法と、数式(関数の組み合せ)を使って、アルファベットの連続データを入力する方法を解説します。

『A~Z』までならExcelの設定変更だけでOK

  1. STEP

    Excelのオプションを開く

    アクセスキーAltTOでExcelの『オプション』を開きます。

    アクセスキーは、ショートカットキーと違って、同時にキーボードを押すのではなく、1個ずつ順番に押しましょう。

  2. STEP

    ユーザー設定リストの編集を開く

    ユーザー設定リストの編集を開く
    ユーザー設定リストの編集を開く
    1. 『詳細設定』を選択
    2. 『全般』の『ユーザー設定リストの編集』を選択
  3. STEP

    ユーザー設定リストの編集に『A~Z』を登録

    リストの項目に『A~Z』までを入力
    リストの項目に『A~Z』までを入力

    リストの項目に『A~Z』までを改行しながら入力し、[OK]を押しましょう。

  4. STEP

    先頭に『A』を入力してオートフィルする

    ユーザー設定リストに登録した通りの順番で入力できる
    ユーザー設定リストに登録した通りの順番で入力できる

    セルA1に『A』を入力し、下方向にオートフィルします。

    アルファベットの『A~Z』を簡単に入力することができましたね。

ユーザー設定リストの編集に『A~Z』を登録する方法については、こちら≫【エクセル】アルファベットの連続データの表示方法を解説で詳しく解説しています。

ユーザー設定リストの編集に『A~Z』を登録した場合、『Z』の次は『A』に戻って入力されるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

アルファベットの連続データを入力する数式(関数の組み合わせ)

アルファベットの連続データを入力する数式(関数の組み合わせ)は、たくさんありますが、ここでは2種類の数式を使って解説します。

1.ADDRESS関数とROW関数

ADDRESS関数とROW関数を組み合わせた方法で、アルファベットの連続データを入力します。

ポイント

ADDRESS関数とは?

=ADDRESS(行番号, 列番号, [参照の種類], [参照形式], [シート名])

意味:行番号と列番号からセル参照の文字列を求めます。

ポイント

ROW関数とは?

=ROW([参照])

意味:セルの行番号を求めます。

ここでは、『A1、B1、C1…』のアルファベットの連続データを入力します。

  1. STEP

    数式の入力

    ADDRESS関数とROW関数を入力
    ADDRESS関数とROW関数を入力

    セルA1に下記の数式を入力しましょう。

    • 『=ADDRESS(1,ROW(A1),4)』
  2. STEP

    数式をオートフィルする

    『A1、B1、C1…』の連続するアルファベットを入力できる
    『A1、B1、C1…』の連続するアルファベットを入力できる

    セルA1に入力した数式を下方向にオートフィルしましょう。

    『A1、B1、C1…』のアルファベットの連続データをオートフィルで入力することができましたね。

『=ADDRESS(1,ROW(A1),4)』を『=ADDRESS(1,COLUMN(A1),4)』とすると横方向にオートフィルすることができるよ。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

2.SUBSTITUTE関数とADDRESS関数

SUBSTITUTE関数とADDRESS関数を組み合わせた方法で、アルファベットの連続データを入力します。

ポイント

SUBSTITUTE関数とは?

=SUBSTITUTE(文字列, 検索文字列, 置換文字列, [置換対象])

意味:文字列中の指定した文字を新しい文字で置き換えます。

ここでは、『AA、AB、AC…』のアルファベットの連続データを入力します。

  1. STEP

    数式の入力

    SUBSTITUTE関数とADDRESS関数を入力
    SUBSTITUTE関数とADDRESS関数を入力

    セルA1に下記の数式を入力しましょう。

    • 『=SUBSTITUTE(ADDRESS(1,ROW(A1),4),1,””)』
  2. STEP

    数式をオートフィルする

    『AA、AB、AC…』の連続するアルファベットを入力できる
    『AA、AB、AC…』の連続するアルファベットを入力できる

    セルA1に入力した数式を下方向にオートフィルします。

    『A』から始まって、『AA、AB、AC…』のアルファベットの連続データをオートフィルで入力することができましたね。

    こちらも、ROW関数のところをCOLUMN関数に置き換えると、横方向にオートフィルすることができます。

    『=SUBSTITUTE(ADDRESS(1,COLUMN(A1),4),1,””)』

例えば、アルファベットの先頭を『AA』から入力したい場合は、ROW関数の参照を変更するだけで可能になります。

参照するセルの行番号を変更して先頭アルファベットを調整する
参照するセルの行番号を変更して先頭アルファベットを調整する

その場合、数式を『=SUBSTITUTE(ADDRESS(1,ROW(A27),4),1,””)』と入力し、下方向にオートフィルしましょう。

『A~Z』以外のアルファベットの連続データをオートフィルする場合は、数式(関数の組み合せ)を使うといろいろなパターンを入力できるね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

『A~Z』までのアルファベットの連続データを、数式で入力する方法については、こちら≫【エクセル】アルファベットの連続データの表示方法を解説で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

アルファベットの連続データの入力は数式がおすすめ

今回は、『ABC』のようにアルファベットの連続データをオートフィルする方法について、解説しました。

どのようなアルファベットの連続データを入力するかによって、方法が異なりましたね。

単純に『A~Zまでしか入力しない』という場合は、Excelの設定でアルファベットをユーザー設定リストに登録という方法で問題ありません。

その一方で、『A1、B1、C1…』や『AA、AB、AC…』など、『A~Z』までを終了としないアルファベットの連続データの場合は、数式(関数の組み合せ)を使うことで便利に入力できるので、少し難しいかもしれないですが、試してみましょう。

最後に、アルファベット『ABC』の連続データをオートフィルするポイントについて、おさらいします。

おさらい
  • 『A~Z』までのアルファベットの連続データの入力は、Excelの設定を変更する
  • 『A1、B1、C1…』や『AA、AB、AC…』のようなアルファベットの連続データの入力は、『検索/行列』や『文字列操作』の関数を使うと便利

アルファベットは、数値のようにオートフィルすることはできませんが、アルファベットの連続データを入力する数式(関数の組み合わせ)は複数にあります。

その数式をオートフィルすることで、アルファベットの連続データを、簡単に入力できるようになりますね。

エクセルのオートフィルの基本的な使い方については、こちら≫【エクセル】オートフィルの使い方!意外と知らない下までコピーする5つの方法で詳しく解説しています。

カテゴリー:

40万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に40万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事