【エクセル】アルファベットの連続データの表示方法を解説

3 min 1,249 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルで『A』を入力してオートフィルしたら、全部『A』で表示されたよ!アルファベットはオートフィルできないの?

エクセル初心者

エクセル初心者

私も、アルファベットを『A・B・C・D・E…』ってオートフィルで連続表示させたかったけど、できないから手入力したよ。けっこう時間がかかっちゃったなぁ。

アルファベットの連続データ表示は、初期設定ではできないんだ。 関数を使ってアルファベットの連続データを表示するか、リストに登録して表示するか、手入力で表示するかになるかなぁ! 時短で素早くするために、関数とリスト登録を紹介するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルのオートフィルは、とても便利で使用頻度の高い機能です。

しかし、残念ながらアルファベットを『A・B・C・D・E…』と連続で表示することができません。

今回は、アルファベットを連続で表示するための方法を紹介します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルでアルファベットの連続データを入力する

Aを入力
Aを入力

↑アルファベット『A』を入力しましょう。

『A』を入力したセルのフィルハンドルをドラッグします。

Aをオートフィル
Aをオートフィル

↑すべてのセルに『A』が表示されました。

縦も横もすべて『A』
縦も横もすべて『A』

↑向きを変えても、すべて『A』です。

まずは関数を使ってアルファベットを連続で表示させる方法を紹介します。

CHAR関数とCODE関数を使ってアルファベットを連続入力

今回使用する関数は『CHAR(キャラクター)関数』と『CODE(コード)関数』になります。

CHAR(キャラクター)関数

=CHAR(数値)

意味:数値で指定された文字コードの文字を表示します。

ポイント!

CODE(コード)関数

=CODE(文字)

意味:文字で指定された文字コードの数値を表示します。

CHAR関数やCODE関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

『CHAR(キャラクター)関数』と『CODE(コード)関数』は、文字コードの数値や文字を表示してくれます。

文字コードは『ASCIIコードやJISコード』を指しているよ! ASCIIコードやJISコードには、文字と数値が決まっているんだ。 たとえば『A』は『65』だし、『66』は『B』になるよ! 詳しい表は『ASCIIコード』や『JISコード』を検索してみてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

関数を使ってアルファベットを連続しよう

CHAR関数
CHAR関数

↑A1セルに『=CHAR(65)』を入力します。

Aが表示できた
Aが表示できた

↑『A』が表示されました。

CODE関数
CODE関数

↑A2セルに『=CODE(A1)+1』を入力します。

CHAR関数とCODE関数
CHAR関数とCODE関数

↑『A1』セルの『65』に『+1』したので『66』と表示されています。

この『66』を『CHAR関数』で文字に変換します。

文字コードの数値を文字に変換
文字コードの数値を文字に変換

↑A2セルに『=CHAR(CODE(A1)+1)』を入力します。

Bの表示に成功
Bの表示に成功

↑『B』と表示されました。

あとはA2セルを、オートフィルしましょう。

Aからアルファベットを連続で表示
Aからアルファベットを連続で表示

↑ABCのアルファベットを連続で表示することができました。

横向きでも表示可能
横向きでも表示可能

↑横向きに並べる時は、B1セルに『=CHAR(CODE(A1)+1)』を入力します。

A2セルと同じ数式です。

横向きもオートフィルで簡単に、アルファベットを連続で表示することができました。

アルファベットをユーザー設定リストに登録する

Excelのオプション
Excelのオプション

アクセスキー『Alt→T→O』を押してExcelのオプションを開きます。

Alt→T→O
Alt→T→O

↑詳細設定の全般から『ユーザー設定リストの編集』をクリックします。

ユーザー設定リスト
ユーザー設定リスト

↑ユーザー設定リストダイアログボックスが表示されました。

リストの項目に『A~Z』までを改行しながら入力し、OKを押しましょう。

ExcelのオプションもOKを押して閉じます。

簡単に連続で表示
簡単に連続で表示

↑A1セルに『A』を入力し、下と右にオートフィルしましょう。

簡単に『A~Z』の連続データ表示が完了です。

今回紹介した、関数でアルファベットを連続で表示する方法。

そして、ユーザー設定リストに登録してアルファベットを連続で表示する方法。

どちらでも、使いやすい方法でアルファベットを連続で表示させてみてくださいね。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事