【エクセル】アルファベットの連続データの表示方法を解説

3 min 4,100 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルで『A』を入力してオートフィルしたら、全部『A』で表示されたよ!アルファベットはオートフィルできないの?

エクセル初心者

エクセル初心者

私も、アルファベットを『A・B・C・D・E…』ってオートフィルで連続表示させたかったけど、できないから手入力したよ。けっこう時間がかかっちゃったなぁ。

アルファベットの連続データ表示は、初期設定ではできないんだ。 関数を使ってアルファベットの連続データを表示するか、リストに登録して表示するか、手入力で表示するかになるかなぁ! 時短で素早くするために、関数とリスト登録を紹介するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルのオートフィルは、とても便利で使用頻度の高い機能です。

しかし、残念ながらアルファベットを『A・B・C・D・E…』と連続で表示することができません。

今回は、アルファベットを連続で表示するための方法を紹介します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルでアルファベットの連続データを入力する

Aを入力
Aを入力

↑アルファベット『A』を入力しましょう。

『A』を入力したセルのフィルハンドルをドラッグします。

Aをオートフィル
Aをオートフィル

↑すべてのセルに『A』が表示されました。

縦も横もすべて『A』
縦も横もすべて『A』

↑向きを変えても、すべて『A』です。

まずは関数を使ってアルファベットを連続で表示させる方法を紹介します。

CHAR関数とCODE関数を使ってアルファベットを連続入力

今回使用する関数は『CHAR(キャラクター)関数』と『CODE(コード)関数』になります。

CHAR(キャラクター)関数

=CHAR(数値)

意味:数値で指定された文字コードの文字を表示します。

ポイント!

CODE(コード)関数

=CODE(文字)

意味:文字で指定された文字コードの数値を表示します。

CHAR関数やCODE関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

『CHAR(キャラクター)関数』と『CODE(コード)関数』は、文字コードの数値や文字を表示してくれます。

文字コードは『ASCIIコードやJISコード』を指しているよ! ASCIIコードやJISコードには、文字と数値が決まっているんだ。 たとえば『A』は『65』だし、『66』は『B』になるよ! 詳しい表は『ASCIIコード』や『JISコード』を検索してみてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

関数を使ってアルファベットを連続しよう

CHAR関数
CHAR関数

↑A1セルに『=CHAR(65)』を入力します。

Aが表示できた
Aが表示できた

↑『A』が表示されました。

CODE関数
CODE関数

↑A2セルに『=CODE(A1)+1』を入力します。

CHAR関数とCODE関数
CHAR関数とCODE関数

↑『A1』セルの『65』に『+1』したので『66』と表示されています。

この『66』を『CHAR関数』で文字に変換します。

文字コードの数値を文字に変換
文字コードの数値を文字に変換

↑A2セルに『=CHAR(CODE(A1)+1)』を入力します。

Bの表示に成功
Bの表示に成功

↑『B』と表示されました。

あとはA2セルを、オートフィルしましょう。

Aからアルファベットを連続で表示
Aからアルファベットを連続で表示

↑ABCのアルファベットを連続で表示することができました。

横向きでも表示可能
横向きでも表示可能

↑横向きに並べる時は、B1セルに『=CHAR(CODE(A1)+1)』を入力します。

A2セルと同じ数式です。

横向きもオートフィルで簡単に、アルファベットを連続で表示することができました。

アルファベットをユーザー設定リストに登録する

Excelのオプション
Excelのオプション

アクセスキー『Alt→T→O』を押してExcelのオプションを開きます。

Alt→T→O
Alt→T→O

↑詳細設定の全般から『ユーザー設定リストの編集』をクリックします。

ユーザー設定リスト
ユーザー設定リスト

↑ユーザー設定リストダイアログボックスが表示されました。

リストの項目に『A~Z』までを改行しながら入力し、OKを押しましょう。

ExcelのオプションもOKを押して閉じます。

簡単に連続で表示
簡単に連続で表示

↑A1セルに『A』を入力し、下と右にオートフィルしましょう。

簡単に『A~Z』の連続データ表示が完了です。

今回紹介した、関数でアルファベットを連続で表示する方法。

そして、ユーザー設定リストに登録してアルファベットを連続で表示する方法。

どちらでも、使いやすい方法でアルファベットを連続で表示させてみてくださいね。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事