【エクセル】入力モードを自動的に切り替えて固定する方法

3 min 37 views
エクセル初心者

エクセル初心者

顧客名簿で入力していると、『ひらがな入力』『半角英数入力』とかによく変更するんだ。この切り替えがちょっと面倒だなぁ…。

エクセル初心者

エクセル初心者

私も商品管理表とかデータ入力しているときに、入力モードの切り替えが面倒だなって思ったことあるよ!いい方法はないかなぁ?

ひらがな入力や、半角英数字の入力など、『入力モード』が決まっているなら『入力モードを設定して固定』してしまえば楽になるんじゃないかな! 入力モードを切り替えの設定ができるので便利だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、入力モードを自動で切り替えて固定する方法を解説します。

入力モードの固定を最初にすることで、ちょっとした煩わしさがなくなり仕事効率アップにつながります。

『入力モードの固定』のほかに、データ入力の際に便利な機能も紹介します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルの入力モードとは

入力モードは、データを入力するときに『ひらがな』や『英数字』など切り替えることができます。

大量のデータ入力であれば、列ごとに入力する入力モードが決まっています。

入力モード
入力モード

↑氏名の列は『ひらがな入力』、郵便番号の列は『英数字入力』など。

このように、入力モードが決まっているのであれば、最初に入力モードを設定しましょう。

列ごとに最適な入力モードを設定することで、入力時の手間が省くことができます。

入力するデータごとに『入力モード』を固定する

商品データに入力モードを設定して固定しましょう。

ひらがな入力
ひらがな入力

↑表全体は『ひらなが入力』になっています。

データの入力規則
データの入力規則

↑A列の商品コードを『半角英数字』で入力できるように設定します。

A列を選択し、データタブから『データの入力規則』をクリックします。

データの入力規則ダイアログボックス
データの入力規則ダイアログボックス

↑データの入力規則ダイアログボックスが表示されました。

日本語入力タブから、半角英数字を選択しOKを押しましょう。

半角英数字
半角英数字

↑A列を適当に選択してみると、『半角英数字』になっています。

入力も『半角英数字』になっています。

C列も入力規則
C列も入力規則

↑C列を選択し、同じようにデータの入力規則ダイアログボックスを開きましょう。

C列の入力規則ダイアログボックス
C列の入力規則ダイアログボックス

↑『無効』または『半角英数字』を選択しOKを押します。

列ごとで入力モードが変わる
列ごとで入力モードが変わる

↑A列を選択すると『半角英数字』、TabキーでB列に移動すると『ひらがな』、TabきーでC列に移動すると『無効』と自動で入力モードが切り替わります。

このように、入力モードを先に設定し固定することで、『入力モードの切り替え』を行う手間が省けます。

ぜひ活用されてみてください。

入力モードと便利な機能

前述で、入力する際に便利な入力モードの固定を紹介しました。

入力モードの固定も便利ですが、さらに便利な機能も追加して、より仕事効率アップにつなげましょう。

リストから入力するデータを選択

E列の仕入れ先をリスト化します。

データの入力規則
データの入力規則

↑E2:E17を選択し、データタブのデータの入力規則を開きます。

リスト作成
リスト作成

↑データの入力規則ダイアログボックスが開きます。

設定タブから入力値の種類は『リスト』にします。

元の値には『A店,B店,C店』と入力し、OKを押しましょう。

ドロップダウンリスト
ドロップダウンリスト

↑ドロップダウンリストの出来上がりです。

ドロップダウンリストについて詳しくはこちら≫エクセルで便利な【ドロップダウンリスト】を作成や編集しようを参考にされてみてください。

入力できるデータの制限

C列の購入価格は、常に『10万円未満』と規定があるとします。

10万円以上の金額が入力されてしまった場合にエラーメッセージで表示させましょう。

データの制限
データの制限

↑C2:C17を選択し、データの入力規則ダイアログボックスを開きます。

入力値の種類は『整数』、データは『次の値より小さい』、最大値は『100,000』と入力しOKを押します。

エラーメッセージ
エラーメッセージ

↑『156000』と入力すると、エラーメッセージが表示されました。

10万円以上は稟議書が必要!って会社もあるよね! 入力できる金額が決まっていれば、誤入力もなくなるね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エラーメッセージは、オリジナルのものも作成することができます。

興味のある方は、こちら≫エクセルの入力規則から【エラーメッセージ】を作成しようも参考にされてみてください。

入力モードを自動で切り替えるように固定することで、大量のデータ入力も小さな手間が省けて仕事効率アップになります。

ほかにも便利な機能を追加したりすることで、さらに効率よくなるのではないでしょうか。

ぜひ活用されてみてくださいね。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:
タグ:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事