使い方

エクセルの入力規則から【エラーメッセージ】を作成しよう

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルで入力を間違えたときに表示されるエラーメッセージをオリジナルで作成することってできるのかな?
エクセル初心者
エクセル初心者
入力ミスしたときなどに『注意喚起』とかメッセージで表示できたら、便利そうだよね!
Dr.オフィス
Dr.オフィス
それなら、『入力規則のエラーメッセージ』を作成してみよう!
エラーメッセージの規制レベルも3段階から選べるので見てみよう!

今回は、入力規則のエラーメッセージについて紹介します。

入力ミスを防ぎ、正しく入力することを促すためにメッセージを表示させることができます。

エラーメッセージエラーメッセージ

↑メッセージはオリジナルで作成し設定できるので、エラーをしてしまった人に分かりやすく伝えることもできます。

そして、エラーメッセージには規制のレベルが3段階になっているので本文にて、詳しく解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルの入力規則のエラーメッセージとは?

ドロップダウンリストで、性別を選択し入力できる社員名簿で解説します。

ドロップダウンリストドロップダウンリスト

↑性別のドロップダウンリストの作成方法については、こちら≫エクセルで便利な【ドロップダウンリスト】を作成や編集しようを参考にされてみてください。

性別はドロップダウンリストで『男性』か『女性』で選択するようになっています。

リスト外で入力リスト外で入力

↑このD3セルに『男』と入力してみましょう。

停止のエラーメッセージ停止のエラーメッセージ

↑『この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません。』とエラーメッセージが表示されました。

そしてマークは赤の『✖』、『停止』を意味します。

ようは、『ドロップダウンリストの値以外は、入力を認めない。』とメッセージが表示されているのです。

このように、入力規則で設定した値以外の入力に関してエラーメッセージを表示し、正しい値の入力へと促してくれます。



エクセルの便利な入力規則のエラーメッセージを作成する方法

入力規則のエラーメッセージは、初期設定のままでも良いですが、ユーザーが設定することが可能です。

エラーメッセージに、何がエラーか分かりやすく、適切な言葉に変更できます。

規制レベルの段階に合わせて、設定方法を紹介します。

入力規則のエラーメッセージ【停止】

社員名簿の性別欄を使って解説します。

エラーメッセージ内容を変更しようエラーメッセージ内容を変更しよう

↑性別は『男性』か『女性』かしか、入力できないドロップダウンリストの設定がされています。

前述したように、『男性』か『女性』以外で入力すると『この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません。』とエラーメッセージが表示されます。

このエラーメッセージの内容を変更してみましょう。

データの入力規則データの入力規則

↑対象となるセルを選択します。

今回は、D3:D12を選択します。

データタブの『データの入力規則』を開きましょう。

エラーメッセージ内容編集エラーメッセージ内容編集

↑『エラーメッセージ』タブを開きます。

スタイルは『停止』のまま、タイトルは『入力できません!』、エラーメッセージには『”男性”または”女性”と入力してください!』と入力しOKを押します。

オリジナルエラーメッセージオリジナルエラーメッセージ

↑D3セルに『男』と入力し、確定しましょう。

先ほど、作成したエラーメッセージが表示されました。

再試行やキャンセル再試行やキャンセル

↑『再試行』を押すと、入力の続きができます。

『キャンセル』を押すと、入力していた文字は消えてしまいます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
スタイル『停止』は、必ず正しい入力しないと確定できないよ!



入力規則のエラーメッセージ【注意】

次にスタイルを『注意』で作成してみましょう。

データの入力規則データの入力規則

↑D3セルを選択し、データの入力規則を開きます。

注意のエラーメッセージ編集注意のエラーメッセージ編集

↑エラーメッセージタブを開きましょう。

スタイルは『注意』に変更し、タイトルは『確認してください!』、エラーメッセージには『”男性”または”女性”と入力されていないようですが、良いですか?』と入力しOKを押します。

注意のエラーメッセージ注意のエラーメッセージ

↑D3セルに『MALE』と入力し、確定してみましょう。

注意のエラーメッセージが表示されました。

ドロップダウンリストになくても入力できるドロップダウンリストになくても入力できる

↑『はい』を選択すると、『MALE』が入力確定になります。

『いいえ』は入力継続『いいえ』は入力継続

↑『いいえ』を押すと、入力の続きができます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
スタイル『注意』は、 『続けますか?』と聞いてくれるよ。そして、リストにない値でも『はい』で入力確定することができるよ!



入力規則のエラーメッセージ【情報】

最後にスタイルを『情報』で作成してみます。

情報でエラーメッセージ情報でエラーメッセージ

↑D3セルを選択し、データの入力規則を開きます。

スタイルは『情報』に変更します。

タイトルは『確認しましょう』、エラーメッセージには『本当に良いですか?』と入力しOKを押します。

情報でエラーメッセージ表示情報でエラーメッセージ表示

↑D3セルに『123』と入力し、確定します。

情報のエラーメッセージが表示されました。

ドロップダウンリストにない値も入力できるドロップダウンリストにない値も入力できる

↑『OK』を選択すると、『123』が入力確定になります。

『キャンセル』を押すと、『123』が消えます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
スタイル『情報』は、リストにはないので『あれ?』っと伝えてくれているよ!でも、どんな値でも『OK』で簡単に入力確定できるよ。規制レベルは、とってもゆるくなっているね。

入力規則のエラーメッセージは、何を入力ミスしているかなどが、エラーメッセージを見て気が付くこともあるので、仕事効率アップにつながります。

ぜひ、入力規則のエラーメッセージをオリジナルで作成してみてはいかがでしょうか。

タイトル
エクセルで便利な【ドロップダウンリスト(プルダウンメニュー)】を作成や編集しようエクセルの便利な機能『ドロップダウンリスト』について解説します。ドロップダウンリストとは、入力できる値が決まっています。入力できる値はリストから選択できるので、入力ミスなども防ぐことができ、入力する手間も省くことができます。ドロップダウンリストの作成方法や、編集・追加、削除、そして応用なども紹介します。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。