関数

【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルの関数で、初心者が最初に覚えると便利な関数を教えてほしいなぁ。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
関数って聞くと、難しそう!って思ってしまう人もいるよね。でも大丈夫だよ。初心者さんが覚えると便利な関数を紹介するね!

今回は、エクセル初心者の方が最初に覚えるべきおすすめの関数を紹介します。

使用頻度の高い関数はエクセルのホームタブの中にも用意されているので、とても使いやすくなっています。

難しそう!と、構えなくても大丈夫です。

初心者必見!6個の関数
  • SUM関数・・・エクセル関数の基本!合計を求める関数
  • AVERAGE関数・・・平均値を求める関数
  • COUNT関数・・・セル範囲に含まれる数値の個数を求める関数
  • PHONETIC関数・・・ふりがなを表示する関数
  • IF関数・・・指定した条件で分ける関数『もし○○ならば△△』
  • VLOOKUP関数・・・指定した値をもとに違う表からデータを引き出す関数

エクセルドクターが、初心者の方におすすめする『エクセル関数6個』を次項より解説します。

関数を使って、簡単な計算や表示をマスターしましょう。

エクセル関数で必要な6個を紹介【エクセルドクター厳選】

エクセル初心者の方が関数を覚えるならば、まずはこの6個を覚えましょう!

エクセル関数を全部を覚えようとすると500個近くあるので、他の関数は無理に覚えなくても大丈夫です。

関数を覚えていないと『どの関数を使ったらいいか分からない!』となるかもしれませんが、数式バーの左側の「fxボタン」をクリックすれば解決します。

fxボタンから『関数の挿入』ダイアログボックスが表示され、『何がしたいか』を検索できるので、自分が使いたい関数を探しだせます。

しかし、業務をスムーズに行うために基本の関数は覚えていてほしいので、厳選した6個を紹介しますね!

足し算で合計を出す【SUM関数】

エクセルで合計を求めるときは『SUM(サム)関数』を使います。

SUM関数は、ホームタブの『ΣオートSUM▿』にも用意されているので、とても使いやすく、そして使用頻度の高い関数になります。

SUM関数
(サム)
例 =SUM(A1:A5)

A1からA5までの数値を合計して表示します。

SUM関数は足し算の合計を出すので、上記のA1からA5の合計は、

『=A1+A2+A3+A4+A5』でも求めることができます。

つらつらつらと長くなる式と比べるとSUM関数はスマートですね。

ぜひ参考にしてみてください。

エクセルで足し算が簡単にできる【SUM関数】で合計値を求めよう!

タイトル
エクセルで足し算が簡単にできる【SUM関数】で合計値を求めよう!エクセルでは、合計を求める表計算を作成することが多いです。合計を求める関数【SUM(サム)関数】について解説します。SUM関数はもっとも使用頻度の高い関数です。足し算がとても簡単にできます。エクセルではオートSUMボタンも準備されていて、マウスから簡単に操作できます。fxボタン、注意点なども解説します。...

平均値を出す【AVERAGE関数】

エクセルで平均値を求めるときは『AVERAGE(アベレージ)関数』を使います。

AVERAGE関数も、ホームタブの『ΣオートSUM▿』の中に用意されています。

AVERAGE関数
(アベレージ)
例 =AVERAGE(A1:A5)

A1からA5までの数値の平均値を計算して表示します。

上記のAVERAGE関数は

『=(A1+A2+A3+A4+A5)/5』でも計算できます。

すべての数値を足して、数値の数だけ割っています。

エクセルで平均値を求める「AVERAGE関数」を簡単解説!!

タイトル
エクセルで平均値を求める「AVERAGE関数」を簡単解説!!エクセルで、平均値を求めることができる関数があります。エクセルでは表計算などのデータ集計を作成する機会が多いです。このような場合、使用頻度の高い【AVERAGE関数】は覚えておくと大変便利です。AVERAGE関数は、平均値を求めることが出来る関数になります。使用頻度が高いので、ホームタブや数式タブのオートSUMボタンからも簡単に求めることが出来ます。...



数値の個数を数える【COUNT関数】

エクセルで数値の個数を数えるときは『COUNT(カウント)関数』を使います。

COUNT関数も、ホームタブの『ΣオートSUM▿』の中に用意されているのでチェックしましょう。

COUNT関数
(カウント)
例 =COUNT(A1:A5)

A1からA5までの数値の個数を表示します。

上記のCOUNT関数は、指定した範囲内にある数値を数えることができます。

空白以外のデータの個数を数えるにはCOUNTA(カウントエー)関数を使います。

詳しくは下記を参考にしてみてください。

エクセルで【COUNT関数・COUNTA関数】を使ってデータの個数を数える!

タイトル
エクセルで【COUNT関数・COUNTA関数】を使ってデータの個数を数える!エクセルのデータの個数を数える【COUNT(カウント)関数】と【COUNTA(カウントエー)関数】を解説します。数値入力されたデータの個数を数えることが出来るCOUNT関数。そして、空白以外の入力されているデータの個数を数えることが出来るCOUNTA関数。それぞれの使い方をマスターしましょう。...

条件を指定して判定する【IF関数】

とても便利な『IF(イフ)関数』を紹介します。

IF関数は、『○○に当てはまれば□□、そうでないならば▲▲』といったように、条件を指定して判定し表示します。

IF関数
(イフ)
例 =IF(A1*B1=0,””,A1*B1)

『A1×B1が0』の場合、答えは『空白』で表示し、そうでない場合は『A1×B1を計算する』となります。

IF関数を使うことで、不要な計算の表示を『空白』にすることができます。

ほかにも、エラー値が出る場合を空白にしたり、条件を変えることができ、とても便利な関数になります。

エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!

タイトル
エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!エクセルではさまざまなエラー値が表示されることがあります。【IF関数】や【IFERROR関数】を使い『0』や『#N/A』などを非表示にする方法を解説します。不要な数値やエラー値は表示させないようにしてみましょう。ちょっとした関数を使うことで、すっきりとした見栄えの良い資料などを作成できます。...



ふりがな入力は【PHONETIC関数】

エクセルでデータベースなどを作成するときに便利な関数を紹介します。

名前の漢字を関数を使い『ふりがな表示』させることができます。

ふりがなを表示する関数は『PHONETIC(フォネティック)関数』といいます。

PHONETIC関数
(フォネティック)
例 =PHONETIC(A1)

『A1』に入力された漢字のふりがなを表示します。

データベースに名前を入力し、名前の横のセルに『PHONETIC関数』を入れます。

そうすれば、名前を入力するだけで自動的にふりがなも表示されます。

とても便利な関数なので、ぜひ使ってみてくださいね。

エクセルデータの「ふりがな」は手入力しないで【PHONETIC関数】にお任せ!

タイトル
【エクセル】ふりがなを表示する関数ならPHONETIC関数にお任せ!エクセルでふりがなを表示することができるPHONETIC関数を解説します。エクセルで顧客名簿や社員名簿など、文字データを管理するリストは多いです。リストの氏名などを漢字で入力後に『ふりがな』も手入力していませんか?PHONETIC関数を使うと『ふりがな』も簡単に表示することができ大変便利です。入力ミスも防ぐことが出来るのでぜひ使ってみてください。...

今回はエクセルドクターが厳選する、初心者におすすめの関数6個を紹介しました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
関数は、難しいってイメージを持ってる人も多いよね。
まずは、6個の関数をマスターすればエクセル操作もスキルアップできるよ!

おすすめする6個の関数は『基本の関数』です。

あらゆる表計算で活躍します。

ぜひ6個のエクセル関数を覚えて使いこなしてくださいね。

中級者~上級者向けにレベルアップしたいと思っている方は、さらにエクセル関数を43個紹介します。

次項より解説するので読み進めてみてくださいね。

脱初心者のためにエクセル関数43個をカテゴリ分けして紹介

前述したように、エクセルの関数は無理に全部覚えようとしなくてOKです。

自分に必要である関数だけ押さえておくと、スキルアップにつながります。

これから紹介するカテゴリは6種類です。

エクセル関数を6カテゴリに分類
  • 数学にかかわる関数
  • 日付や時間にかかわる関数
  • 文字列にかかわる関数
  • 検索にかかわる関数
  • 統計にかかわる関数
  • 論理式にかかわる関数

職種によって使いたい関数も変わってくるので、自分が必要な関数はチェックしましょう。

数学にかかわる関数(7個)

SUM関数

基本の関数。
合計を求める。
SUM関数について

ROUND(ラウンド)関数

指定した桁数になるよう数値を四捨五入する。
ROUND関数について

ROUNDDOWN(ラウンドダウン)関数

指定した桁数になるよう数値を切り捨てる。

ROUNDUP(ラウンドアップ)関数

指定した桁数になるよう数値を切り上げる。

MOD(モッド)関数

割り算の余りを返す。
MOD関数について

INT(イント)関数

小数部分を切り捨てる。

PRODUCT(プロダクト)関数

数値を指定し積を求める。
PRODUCT関数について

日付や時間にかかわる関数(9個)

DATE(デイト)関数

年、月、日が数値として入力されている場合、日付データを作成する。
DATE関数について

DATEDIF(デイトディフ)関数

開始日から終了日までの期間を計算し、年単位や月単位などで求める。
DATEDIF関数について

TODAY(トゥデイ)関数

今日の日付を返す。
TODAY関数について

YEAR(イヤー)関数

日付から年の値を取り出す。

MONTH(マンス)関数

日付から月の値を取り出す。

DAY(デイ)関数

日付から日の値を取り出す。

WEEKDAY(ウィークデイ)関数

日付に対する曜日を数値で返す。
WEEKDAY関数について

TIME(タイム)関数

時分秒の時間を表示する。
TIME関数について

NOW(ナウ)関数

現在の時間を返す。
NOW関数について

文字列にかかわる関数(13個)

PHONETIC(フォネティック)関数

指定した範囲のふりがなを返す。
PHONETIC関数について

TEXT(テキスト)関数

指定した値を、指定した表示形式に適用させる。
TEXT関数について

LEFT(レフト)関数

文字列の先頭から指定された文字数分の文字列を表示する。
LEFT関数について

RIGHT(ライト)関数

文字列の末尾から指定された文字数分の文字列を表示する。
RIGHT関数について

MID(ミッド)関数

文字列の指定された位置から文字を抽出する。
MID関数について

LEN(レン)関数

指定された文字列の文字数をカウントする。
LEN関数について

SUBSTITUTE(サブスティテュート)関数

文字列の中から検索文字列を探し、置換対象の指示に従い置換文字列と置き換える。
SUBSTITUTE関数について

CHAR(キャラクター)関数

数値で指定された文字コードの文字を表示する。
CHAR関数について

CODE(コード)関数

文字で指定された文字コードの数値を表示する。
CODE関数について

FIND(ファインド)関数

検索文字列を対象の中から検索し、開始位置(無ければ先頭)から何文字目か位置を表示する。
FIND関数について

EXACT(イグザクト)関数

文字列1と文字列2が同じかどうかを確認する。
EXACT関数について

ASC(アスキー)関数

指定した文字列を全角から半角に変換する。
ASC関数について

JIS(ジス)関数

指定した文字列を半角から全角に変換する。
JIS関数について

検索にかかわる関数(4個)

VLOOKUP(ブイルックアップ)関数

指定した範囲から検索値を検索し、列番号の列からデータを取り出し表示する。
VLOOKUP関数について

HLOOKUP(エイチルックアップ)関数

指定した範囲から検索値を検索し、行番号の列からデータを取り出し表示する。
HLOOKUP関数について

INDEX(インデックス)関数

参照範囲から、指定した行番号と列番号が重なるセルを返す。
INDEX関数について

MATCH(マッチ)関数

検索範囲の中から、検索値が何番目のセルか数えて表示する。
MATCH関数について

統計にかかわる関数(6個)

AVERAGE(アベレージ)関数

引数で選択した範囲の数値の平均を求める。
AVERAGE関数について

MAX(マックス)関数

最大値を求める。

MIN(ミン)関数

最小値を求める。

COUNT(カウント)関数

指定した範囲にある数値データの個数数値データの個数を求める。
COUNT関数について

COUNTA(カウントエー)関数

指定した範囲にある空白以外のデータの個数を求める。
COUNTA関数について

COUNTIF(カウントイフ)関数

指定した範囲内のデータから、指定した条件と一致するデータの個数を数える。
COUNTIF関数について

論理式にかかわる関数(4個)

IF(イフ)関数

論理式に当てはまれば真の場合、当てはまらないならば偽の場合を表示する。
IF関数について

IFS(イフエス)関数

『論理式1』が真の場合は『真の場合1』を表示する。『論理式1』が偽の場合は『論理式2』を計算する。
IFS関数について

AND(アンド)関数

すべての条件が一致するか調べる。

OR(オア)関数

どれかの条件が合致するかを調べる。

自分に必要な関数があればチェックしておきましょう。

エクセル関数【まとめ】

今回はエクセル関数の押さえておくべき基本の6個を紹介しました。

つぎにステップアップした関数43個も紹介しています。

すべてのエクセル関数のスペルは覚えなくても大丈夫です。

自分が仕事上必要な関数は覚えている方が効率は上がります。

しかし、スペルを覚えていなくてもfxボタンで簡単に関数の挿入ができるので『fxボタンでSUM関数』を参考にしてみてください。

エクセル関数をマスターすることで、仕事効率のアップができます。

初心者の方なら、まずは6個のエクセル関数を覚えてみてくださいね。

ほかにもエクセル初心者の方におすすめしたい記事があります。

初心者が押さえたいグラフの記事

使用頻度がとても高いエクセルグラフの基本を押さえることができます。

さらにレベルアップ技13個も紹介しています。

タイトル
【最新版】エクセルでグラフの作り方を解説!これを読めば誰でもマスターできるエクセルのグラフの作り方を解説します。今回は、棒グラフ・折れ線グラフ・円グラフの作成方法です。また、グラフを挿入したいけど何のグラフを挿入したらいいか迷ったときに使える『おすすめグラフ』もお伝えします。データを選択し、そのデータに合ったグラフをエクセルがお勧めしてくれます。...

印刷方法を基礎から応用まで紹介する記事

エクセルでの印刷をスムーズに!印刷方法を基礎から紹介しています。

応用的な印刷方法も9個紹介しているので参考にしてください。

タイトル
【初心者必見】エクセル印刷の方法を基礎から紹介!ステップアップも9個ありエクセルで印刷をする方法から、プレビュー画面の名称や機能を紹介します。そして、複数ページの印刷をする場合にページ数を記載したり、印刷部分のバランスを整えたり。見出しを表示されるなど、エクセルの基本の印刷方法になります。印刷をするからには、見やすく分かりやすくしましょう。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。