関数

【エクセル】今日の日付と現在の時刻を自動表示|TODAY関数とNOW関数

エクセル初心者
エクセル初心者
報告書の雛形とかで日付入力って絶対あるよね。毎日のことなんだけど、『今日って何日だっけ?』っていうことない?
エクセル初心者
エクセル初心者
それよくある!!毎回カレンダー見ちゃうもんね。自動で今日の日付って表示できないのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
日付や時間の自動表示ならTODAY関数やNOW関数があるよ!!
報告書には日付入力は付き物だからね。自動表示が設定されていると、ファイルを開いたときから『今日の日付』が表示されてとても便利だよ。さらに時刻表示もでるので、ぜひ参考にしてみてね。

今回は、日付や時間を自動表示させる『TODAY関数』や『NOW関数』について解説します。
『今日の日付』や『現在の時刻』を確認するには、カレンダーや時計を探してみたり、スマホを見てみたりと意外と手間がかかってしまう作業ですよね。

日付・時間の自動表示の簡単ステップ
  1. TODAY、NOW関数で『今日の日付』、『現在の時刻』を取得
  2. 表示形式の選択
  3. 『今日の日付』、『現在の時刻』を固定

以上の3ステップで簡単に日付や時間を自動表示することができます。

たった1,2秒かもしれませんが、その手間も、つもりつもれば結構なストレスにつながります。そんな無駄なストレスを『TODAY関数』や『NOW関数』で即座に解決してみましょう。

詳しい解説は次項より続きます。ぜひ読み進めてみてくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。