エクセルの引き算は「-(マイナス)」を使おう!まとめて引き算する方法も解説!

3 min 8,173 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルで『引き算』ってどう計算するの?

引き算をするときは演算子の『-(マイナス)』を使うよ!たくさん引くものがある時などはSUM関数と組み合わせて 引き算をすることもできるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルでは計算をすることが多いですね。

今回はエクセルで『引き算』の方法を解説します。

『引き算』の簡単ステップ
  1. 引き算をする数値またはセルを把握しよう。
  2. 演算子『-(マイナス)』を使う!

(例)=数値-数値
(例)=セルA1-セルB1

引き算と言っても、シチュエーションは様々です。

  • シンプルに数値を引く
  • 固定した数値を引く
  • 時間を引く

それぞれ『引き算』を解説するので参考にしてみてくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルで引き算をするには?

エクセルで引き算をするには演算子『-(マイナス)』を使います。

ポイント

演算子とは

計算などに使う記号です。
加算『+』、減算『-』、乗算『*』、除算『/』などがあります。

引き算は、合計を求めるSUM関数のように短縮はできませんが、演算子『-(マイナス)』とSUM関数を組み合わせて引くことも出来ます。

実際に『引き算』をしながら解説します。

エクセルでいろいろな引き算をしてみよう

1月フルーツ仕入売上表や出勤簿などを使い解説します。

演算子『-(マイナス)』で引き算

引き算してみよう
引き算してみよう

↑演算子『-(マイナス)』を使い、数値やセルの引き算をしてみましょう。

フルーツの残数を計算します。

=(イコール)を忘れずに入力を!
=(イコール)を忘れずに入力を!

↑セルH3を選択し、演算子『-(マイナス)』での計算をする時にも必ず『=(イコール)』を入力しましょう。

=仕入れた個数-売り上げた個数

で、残りのフルーツの個数が求めることができます。

仕入個数-売上個数
仕入個数-売上個数

↑セルで数式を表すと

=D3F3

ですね。

残りの個数が表示された
残りの個数が表示された

↑Enterで確定すると残りの個数が表示されました。

オートフィルでコピー
オートフィルでコピー

↑オートフィルでコピーすると全てのフルーツの残数が『引き算』で求めることが出来ました。

オートフィルでH10の合計も求めることができるよ!今回は、下記の項目で解説するので空白にしているよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

複数の数値をSUM関数で求めて引き算

複数の数値を引き算する場合は

=A-B-C-D-E-F-G

この式のように、どんどん長くなってしまうかもしれません。

そこで使うのがSUM関数です。

SUM関数は合計を求めることがスマートに出来ます。

=A-SUM(B:G)

式はスマートに!
式はスマートに!

↑SUM関数で引く数の合計を求めて『A』から引く。という方法です。

フルーツの合計残数をSUM関数を使って求めてみましょう。

SUM関数を使ってみよう
SUM関数を使ってみよう

↑H10のセルを選択し、

=D10-SUM(F3:F9)

を入力します。

仕入れた合計数から、SUM関数を使い売り上げた数を合計して、演算子『-(マイナス)』で引いています。

SUM関数を使わないと・・・
SUM関数を使わないと・・・

↑SUM関数を使わなかった場合は、

=D10-F3-F4-F5-F6-F7-F8-F9

とても長い式になります。

SUM関数を使うことでスマートな式になりました。

SUM関数についてはこちら≫エクセルで足し算が簡単にできる【SUM関数】で合計値を求めよう!も参考にしてみてくださいね。

固定した数値を引き算

店舗に常に並べておく商品の数『常備商品数』は【7個】と決まっています。

常備商品数
常備商品数

↑売れ残っているフルーツ数から常備商品数『7』を引いてみましょう。

常備商品数を固定して引く
常備商品数を固定して引く

↑セルI3を選択し、

=H3$I$2

を入力します。

常備商品数を引いた残数
常備商品数を引いた残数

↑Enterで確定すると、常備商品数を引いた数が表示されました。

動かしたくない数値には『$』をつけて固定しましょう。

絶対参照についてはこちらを≫【エクセルのショートカットキー】数式に絶対参照を設定する「F4」参考にしてみてくださいね。

オートフィルでコピー
オートフィルでコピー

↑オートフィルでコピーすると全てのフルーツの常備商品数を引いた数を求めることが出来ます。

マンゴーがマイナス1個になっているので早く仕入れないといけない!って分かりやすいね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

時間の引き算

時間の引き算は出勤簿で解説します。

時間や日付も演算子『-(マイナス)』で簡単に引き算が出来ます。

時間の引き算
時間の引き算

↑出勤簿には、出勤時間と退社時間、休憩時間を入力します。

時間の引き算も演算子『-(マイナス)』
時間の引き算も演算子『-(マイナス)』

↑セルF3の勤務時間は

=D3C3E3

で求めることが出来ます。

時間の計算の詳しい解説はこちら≫エクセルで時間の計算をする時に使える関数は?!表示がうまくいかない方も必見!を参考にしてみてくださいね。

まとめ

エクセルで『引き算』の方法を解説しました。

引き算は、数値またはセルを把握し、演算子『-(マイナス)』を使うだけで求めることが出来ます。

しかし引き算と言っても、シチュエーションは様々でした。

シンプルに数値を引く場合、少ない数であれば演算子『-(マイナス)』だけでも良いと思います。

しかし、多くの数値を引く場合、演算子『-(マイナス)』がずっと続くのは見た目がスマートではありません。

そんな時は合計を求めるSUM関数を使いました。

固定した数値を引く場合や、時間を引く場合など、それぞれの『引き算』があります。

エクセルでは計算することが多くあります。

引き算も使いこなし、スムーズに作業できると良いですね。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:
タグ:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事