関数

エクセルの引き算は「-(マイナス)」を使おう!まとめて引き算する方法も解説!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルで『引き算』ってどう計算するの?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
引き算をするときは演算子の『-(マイナス)』を使うよ!たくさん引くものがある時などはSUM関数と組み合わせて 引き算をすることもできるよ!

エクセルでは計算をすることが多いですね。

今回はエクセルで『引き算』の方法を解説します。

『引き算』の簡単ステップ

①引き算をする数値またはセルを把握しよう。

②演算子『-(マイナス)』を使う!

(例)=数値-数値
(例)=セルA1-セルB1

引き算と言っても、シチュエーションは様々です。

シンプルに数値を引く。

固定した数値を引く。

時間を引く。

それぞれ『引き算』を解説するので参考にしてみてくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

1 2
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。