数式に絶対参照を設定する「F4」

2 min 2,798 views

エクセルで数式を入力するときに、常に動かしたくない引数があったりします。

そんな時は、その引数を固定しましょう。

固定するにはショートカットキー【F4】を押すだけです。

F4の使い方を解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

F4ファンクションキー4

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

数式に絶対参照を設定するショートカットキーの手順

フルーツ仕入表
フルーツ仕入表

↑フルーツ仕入表があります。

どのフルーツも掛け率は55%になります。

仕入金額の計算
仕入金額の計算

↑仕入金額のセルに金額を求めましょう。

この場合、『単価×個数×掛け率』ですね。

仕入金額を求める計算
仕入金額を求める計算

↑D3のセルに=B3*C3*E3を入力し、下までオートフィルでコピーします。

仕入金額が0円?!
仕入金額が0円?!

↑りんご以外は0円になっています。

D4のセルにどのような数式が入っているか確認しましょう。

なぜ0円になったのか?
なぜ0円になったのか?

=B4*C4*E4の式がコピーされています。

引数の掛け率が下のセルを選択しているので0円になったようです。

どのフルーツも掛け率は同じなので、掛け率のE3を固定しましょう。

引数を固定する
引数を固定する

↑数式を表示し、E3を選択します。

F4の場所
F4の場所

↑そして、ショートカットキー【F4】を押します。

$が付いた
$が付いた

$E$3になりました。

オートフィルでコピー
オートフィルでコピー

↑絶対参照を設定出来ましたので、オートフィルで下までコピーしましょう。

他の数式を確認
他の数式を確認

↑ちゃんと掛け率のセルが固定されて計算できています。

計算式を入力していない時の【F4】は『同じ操作を繰り返すショートカットキー』になるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

F4キーで参照方法を切り替える

参照方法は、『F4』キーで簡単に切り替えができます。

セルB1を選択し『=』を入力します。そしてセルA1を選択すると『=A1』と表示されます。この状態で、下記を確認をしましょう。

『F4』キーを1回押す
『F4』キーを1回押す

↑『F4』キーを1回押すと『A1』が『$A$1』と表示されます。

『F4』キーを2回押す
『F4』キーを2回押す

『F4』キーを2回押すと『A1』が『A$1』と表示されます。

『F4』キーを3回押す
『F4』キーを3回押す

『F4』キーを3回押すと『A1』が『$A1』と表示されます。

『F4』キーを4回押す
『F4』キーを4回押す

『F4』キーを4回押す『$A1』が『A1』と表示されます。

『F4』キーを押すたびに上記の流れが繰り返します。

数式を確定した後にも切り替えは可能だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

確定した数式を選択
確定した数式を選択
数式バーを選択
数式バーを選択
参照方法の切り替え
参照方法の切り替え

↑確定した数式を選択し、数式バーに表示されたセル番号をクリックして『F4』キーを押すと同じように参照方法が切り替えられます。

最後はエンターキーで確定しましょう。

ファンクションキーは、必要なものを覚えておくと仕事効率がアップしますよ。

一覧を確認できる記事≫【エクセルショートカットキー】覚えている人は仕事が早い!役立つ便利なショートカットキー一覧も活用してくださいね。

役立つショートカットキーに出会えます!

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事