ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】数式に絶対参照を設定する「F4」

タイトル

エクセルで数式を入力するときに、常に動かしたくない引数があったりします。

そんな時は、その引数を固定しましょう。

固定するにはショートカットキー【F4】を押すだけです。

F4の使い方を解説します。

◇記事内のショートカットキー◇

F4ファンクションキー4

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

数式に絶対参照を設定するショートカットキーの手順

フルーツ仕入表フルーツ仕入表

↑フルーツ仕入表があります。

どのフルーツも掛け率は55%になります。

仕入金額の計算仕入金額の計算

↑仕入金額のセルに金額を求めましょう。

この場合、『単価×個数×掛け率』ですね。

仕入金額を求める計算仕入金額を求める計算

↑D3のセルに=B3*C3*E3を入力し、下までオートフィルでコピーします。

仕入金額が0円?!仕入金額が0円?!

↑りんご以外は0円になっています。

D4のセルにどのような数式が入っているか確認しましょう。

なぜ0円になったのか?なぜ0円になったのか?

=B4*C4*E4の式がコピーされています。

引数の掛け率が下のセルを選択しているので0円になったようです。

どのフルーツも掛け率は同じなので、掛け率のE3を固定しましょう。

引数を固定する引数を固定する

↑数式を表示し、E3を選択します。

F4の場所F4の場所

↑そして、ショートカットキー【F4】を押します。

$が付いた$が付いた

$E$3になりました。

オートフィルでコピーオートフィルでコピー

↑絶対参照を設定出来ましたので、オートフィルで下までコピーしましょう。

他の数式を確認他の数式を確認

↑ちゃんと掛け率のセルが固定されて計算できています。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
計算式を入力していない時の【F4】は『同じ操作を繰り返すショートカットキー』になるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。