使い方

エクセルで時間の計算をする方法!出勤簿を使って徹底解説!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルで時間の計算ってできるのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
もちろん時間の計算もできるよ!時間の計算は演算子や関数など使えるよ!くわしく解説するね!

今回は、エクセルで時間を計算する方法について解説します。

エクセルの計算で使える数式は
  • 『+(プラス)』や『-(マイナス)』などの演算子
  • 『SUM関数』や『TIME関数』などの関数

本文で、エクセルの時間の計算をくわしく解説します。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』と『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルで時間の計算をしよう

エクセルでは時間の計算も簡単にできます。

演算子(+や-など)を使っても計算できますし、SUM関数でも大丈夫です。

そして、24時間を超える『26:00』などをエクセルで表示させたいのに、なぜか『2:00』と表示されてしまう。といった声をよく聞きます。

このような勤務時間の合計を表示すると、なぜか少ない時間で表示されてしまう状態も簡単に解決できます。

時刻の表示は24時を超えると0時に戻るようになっているので、表示形式で[h]:mmを選ぶだけで設定できます。

こちらについては、目次の5番≫日をまたぐ場合の時間の計算でくわしく解説します。

エクセルで時間の計算をする時に使える関数は?

エクセルでは、時間の計算も簡単に求めることが出来ます。

出勤簿を使って説明しますね。

勤務時間の求め方勤務時間の求め方

↑F3の勤務時間のセルには=D3C3E3の式が入っています。

退社時間から出社時間と休憩時間を演算子の-(マイナス)で引き算しています。

勤務時間は『8時間』の『8:00』と表示されます。

合計時間はSUM関数合計時間はSUM関数

↑そして勤務時間の合計はSUM関数で求めることが出来ます。

SUM関数で合計を出したのに『8:00』と表示されています。

明らかにおかしいですね!

表示形式については、目次の5番≫日をまたぐ場合の時間の計算でくわしく解説しているので参考にしてみてください。

勤務時間を計算する出勤簿を作成

勤務時間の計算をする出勤簿のテンプレートを作成してみましょう。

テンプレートを作成しておけば、いつでもずっと使えるのでとても便利です。

勤務時間の合計を求めるSUM関数

日にちや曜日は自動で表示されて、出勤時間・退社時間・休憩時間を入力すると『勤務時間』が計算されて表示されます。

くわしい解説は、こちら≫勤務時間を計算する出勤簿をエクセルでテンプレート作成しよう!の記事で紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
勤務時間を計算する出勤簿をエクセルでテンプレート作成しよう!勤務時間を計算する出勤簿をエクセルで作成して、テンプレートとして保存して使用する方法を紹介します。よく使うものはテンプレートを作成しておくことで仕事効率もアップします。勤務時間を計算する出勤簿などは複数の方それぞれに必要なデータになるのでテンプレート化しましょう。...

休憩時間を除いた実働時間を計算するには

例えば1時間の休憩がある会社では、休憩時間『1:00』を入力するのは手間ですね。

そのような場合はTIME(タイム)関数を使うと大変便利です。

『1:00』という休憩時間の入力を省くことで、スッキリと見やすい出勤簿になります

休憩時間の欄を省いた出勤簿休憩時間の欄を省いた出勤簿

↑こちらの出勤簿は、休憩時間の欄がありません。

このように休憩時間を除き実働時間を計算する方法を、こちら≫【エクセル】休憩時間を除いた実働時間を計算するにはの記事で紹介します。

ぜひ活用してみてください。

タイトル
【エクセル】休憩時間を除いた実働時間を計算するにはエクセルで休憩時間を入力しないで出勤簿を作成する方法を解説します。つねに休憩時間が固定されている場合は休憩時間を入力する列を作成せずに出勤簿を作成できます。今回は、TIME関数を使って作成するのでぜひ参考にしてみてください。...

日をまたぐ場合の時間の計算

勤務時間の合計が変!?勤務時間の合計が変!?

↑勤務合計時間が明らかにおかしい『8:00』と表示されています。

前述したように『エクセルは24時を過ぎると0時に戻る』となっています。

このような場合は表示形式から設定しましょう。

くわしい手順はこちら≫【エクセルの時間の計算】日をまたぐ24時間以上の表示方法!で解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

タイトル
【エクセルの時間の計算】日をまたぐ24時間以上の表示方法!エクセルで時間の計算をして合計が24時間以上になったのに、ちゃんと表示されない経験はありませんか?例えば26時間と表示したいのに『2時間』と表示されてしまう、といった場合です。このような場合は表示形式を変更することで正しい時間を表示できます。ぜひ参考にしてみてください。...

時間の表示する単位を解説

エクセルで時間を計算したら、表示する形式にも注意しましょう。

  • 秒で表示するのか
  • 分で表示するのか
  • 時で表示するのか

表示形式については、こちら≫エクセルの時間を計算して【分や秒単位】で表示する手順の記事でくわしく解説しているので、参考にしてみてください。

タイトル
エクセルの時間を計算して【分や秒単位】で表示する手順エクセルの時間を計算して『分』や『秒』や『分秒』など時間の表示を変更する方法を紹介します。『時間』で表示する以外にも、好きなように変更できるのでぜひ活用してみてください。表示形式からどのように変更するかを本文でくわしく解説しているのでチェックしてみてください。...

エクセルの時間計算『まとめ』

エクセルで、出勤簿を作成する際によく聞かれる

『時間の計算』や『時間の表示方法』について解説しました。

エクセルでは、時間の計算も簡単です。

効率良くフォーマットを作成し、毎月の時間の計算がスムーズに作業できると良いですね。

転職を考えている人におすすめ!

あなたがもし転職を考えていたら、次のような悩みはありませんか?

  • 自分に向いている仕事はなんだろう?
  • 自分の強みはなんだろう?
  • 転職したいけど、自分に合った仕事の探し方がわからない。

このような悩みをお持ちなら、「ミイダス」の転職アプリがおすすめです。

ミイダスは次の3種類の診断を完全無料でおこなうことができます。

ミイダスにできる3つの診断コンテンツ
  • ミイダス市場価値診断
  • コンピテンシー診断
  • パーソナリティー診断

上記の診断結果を見て自分に適した転職先を見いだすことができます。

ミイダスの提携企業

さらにミイダスで市場価値を測定すると、上記のミイダスに登録されている企業170,000社から直接オファーが届く場合もあります。

中には面接確約オファーなどもあり、転職活動をしたいという方にぴったりのサービスです。

転職を少しでも検討しているかたは、まずは無料で登録して、自分の価値をしっかりと見つめなしてみませんか!

すでに44万人が登録していて、毎月2万人が登録中のミイダスがあなたの転職をサポートしてくれます。
無料で自分の市場価値を調べてみる≫