ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】ブックウィンドウのサイズ変更「Ctrl+F8」

タイトル

エクセルでブックウィンドウが最大化の状態ではないときに【Ctrl(コントロール)+F8】のショートカットキーを使ってみましょう。

すると、ブックウィンドウのサイズを矢印キーやマウスで変更することが簡単に出来ます。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+F8コントロール + F8

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

ブックウィンドウのサイズ変更するショートカットキー手順

小さく表示したブックウィンドウ小さく表示したブックウィンドウ

↑最大化の状態ではないブックがあります。

小さく表示してみました。

【Ctrl+F8】でブックウィンドウのサイズを変更してみましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとF8コントロールとF8の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「F8」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②F8の順番で押しましょう。

左向き矢印キー左向き矢印キー
左側にサイズ変更左側にサイズ変更

↑左向きの矢印キーを押してみると、ブックウィンドウが左側に大きくなります。

下向き矢印キー下向き矢印キー
下側にサイズ変更下側にサイズ変更

↑下向きの矢印キーを押すと、下側に大きくなります。

マウスを使うと、素早くサイズ変更ができます。

準備完了準備完了

↑終了するときはEnterを押しましょう。

基本状態に戻りました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
大きくする方向を先に決めてから矢印キーで操作しよう!最初に押したキーが中心点になるよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。