勤務時間を計算する出勤簿をエクセルでテンプレート作成しよう!

3 min 135 views
エクセル初心者

エクセル初心者

勤務時間を計算する出勤簿をエクセルで作りたいんだけど、どうやって作成したらいいかな?

テンプレート作成して、ずっと使える出勤簿を作成する方法を紹介するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

今回は、勤務時間を計算する出勤簿をエクセルで作成する方法について解説します。

出勤簿のテンプレート作成手順
  1. ベースとなる1ヵ月のスケジュール表を作成
  2. 勤務時間を計算する数式の入力
  3. 不要な数式は表示させずに見た目をすっきりさせる
  4. 勤務時間の合計を求める関数の入力

以上のような手順で、勤務時間を計算する出勤簿のテンプレート作成をします。

本文では画像を使ってくわしく解説します。ぜひ参考にしてみてください。

さらに、エクセルで『時間を計算する』基本から応用までを解説した記事がこちら≫エクセルで時間の計算をするには?になります。

こちらもチェックしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

勤務時間を計算する出勤簿のベースを作成

まずは、ベースとなるスケジュール表を作成しましょう。

ベースとなる形を作成
ベースとなる形を作成

↑今回は『年』と『月』を入力すると、日付と曜日が自動で反映される出勤簿を作成しましょう。

日付や曜日、土日祝の色付けの方法についてはこちらの≫エクセルでカレンダー作成!祝日や土日に色付けして見やすくしようを参考にしてみてくださいね。

次の項目より、勤務時間を計算する出勤簿のテンプレート作成になります。

勤務時間を計算するために必要な時間の入力

勤務時間を計算するために必要な『出勤時間・退社時間・休憩時間』を入力しましょう。

時間の入力
時間の入力

↑今回、出社時間に『9:00』そして退社時間は『18:00』休憩時間は『1:00』と入力します。

では、勤務時間の計算をしましょう!

退社時間-出社時間-休憩時間
退社時間-出社時間-休憩時間

↑F3のセルに【退社時間-出社時間-休憩時間】を入力します。

数式は【=D3-C3-E3】ですね!

勤務時間が求められる
勤務時間が求められる

↑勤務時間は『8時間』の『8:00』と表示されました。

勤務時間に不要な『0時間』は非表示にする

今の状態は、出勤しない日にちにも勤務時間を計算して表示するようになっています。

平日に時間を入力
平日に時間を入力することで表示される『0:00』

お休みの日の勤務時間『0:00』が気になるのでIF関数を使って『0時間』を表示しないようにしよう!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

『0:00』を表示しないIF関数
『0:00』を表示しないIF関数

↑『0:00』を表示しないようにするために

=IF(D3C3E3=0,””,D3C3E3)

に書き換えました。

もし勤務時間の計算が『0』ならば『””(空白)』を表示して、『0』以外は時間を表示する。といった数式です。

IF関数についてはこちら≫エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!を参考にしてみてください。

IF関数で0が非表示になり見栄えが良くなった
IF関数で0が非表示になり見栄えが良くなった

↑勤務時間に『0:00』の表示もなくなりスッキリしましたね!

勤務時間の合計を求める

勤務時間の合計を求めて、出勤簿のテンプレートを完成させましょう。

勤務時間の合計を求めるSUM関数
勤務時間の合計を求めるSUM関数

↑F31に勤務時間の合計を表示させましょう。

F31を選択し、オートSUMボタンを使い合計時間を計算します。

SUM関数について詳しい解説はこちら≫エクセルで足し算が簡単にできる【SUM関数】で合計値を求めよう!を参考にしてみてください。

明らかおかしい勤務時間の合計
明らかおかしい勤務時間の合計

↑勤務合計時間がなぜか『8:00』と表示されてしまいました。

エクセルでは、24時を過ぎると0時に戻るように設定されています。

このようなときは、表示形式を『[h]:mm』に変えてあげましょう。

くわしい解説は、こちら≫【エクセルの時間の計算】日をまたぐ24時間以上の表示方法!で紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

勤務時間の計算をする出勤簿テンプレートを保存

今回は、勤務時間の計算を出勤簿のテンプレートを作成する方法を紹介しました。

テンプレートを作成しておけば、いつでもコピーして使用できます。

ぜひ出勤簿のテンプレートを作成して、活用してみてください。

さらに、エクセルで『時間を計算する』基本から応用までを解説した記事がこちら≫エクセルで時間の計算をするには?になります。

こちらもチェックしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事