使い方

エクセルの時間を計算して【分や秒単位】で表示する手順

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルの時間を計算して、時間を表示する場合『分や秒』など表示方法って選ぶことができるのかな?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
もちろん表示方法を変更して選ぶことができるよ!くわしく解説するね!

今回は、エクセルの時間を計算して時間の表示方法を分や秒や時間など自由に変更する方法について解説します。

時間の表示したい方法は?
  • 秒で表示する方法
  • 分で表示する方法
  • 分秒で表示する方法

さらに、エクセルで『時間を計算する』基本から応用までを解説した記事がこちら≫エクセルで時間の計算をするには?になります。

こちらもチェックしてみてください。

タイトル
エクセルで時間の計算をするには? 今回は、エクセルで時間を計算する方法について解説します。 本文で、エクセルの時間の計算をくわしく解説します...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルの時間を計算して表示する『単位』を変える

今回は『勤務時間』を計算する数式がF列に入力された出勤簿を使って解説します。

勤務時間を計算する数式

F列の数式は『=IF(D3-C3-E3=0,””,D3-C3-E3)』が入っていて、退社時間から出社時間と休憩時間を引いて実際に働いた勤務時間を計算しています。

IF関数を使って、勤務時間が『0』であれば『空白』が表示されるようにしています。

IF関数については、こちら≫エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!でくわしく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

次の項目より、それぞれの単位での表示形式を紹介します。

1 2
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。