ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】入力したデータを削除する「BackSpace」「Delete」

タイトル

エクセルでデータ入力の際に、訂正する場合【Backspace】や【Delete】で、削除することが出来ます。

入力中の時、Backspaceは左側の文字を1文字ずつ削除します。

Deleteは右側の文字を1文字ずつ削除します。

確定しているセルを選択し、BackspaceやDeleteを押すと全部が削除されます。

◇記事内のショートカットキー◇

Backspaceバックスペース
Deleteデリート

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

入力したデータを削除するショートカットキーの手順

BackspaceとDeleteを見比べるBackspaceとDeleteを見比べる

↑Backspaceを使う場合とDeleteを使う場合を、見比べながら説明します。

カーソルの位置カーソルの位置

↑『エクセルドクター』の『エクセル』と『ドクター』の間で編集可能な状態にします。

バックスペースの場所バックスペースの場所

↑それぞれ【Backspace】と【Delete】を1回押してみましょう。

まずBackspaceの場所はこちらです。

デリートの場所デリートの場所

↑Deleteの場所はこちらです。

それぞれ1文字削除完了それぞれ1文字削除完了

↑Backspaceは左側の『ル』が1文字削除されました。

Deleteは右側の『ド』が1文字削除されました。

次に、セルを編集可能な状態からEnterを押し確定させます。

そして、B3のセルを選択しBackspaceを押しましょう。

確定後にバックスペースを押すと?確定後にバックスペースを押すと?

↑B3のセルの文字が全部削除されました。

確定後にデリートを押すと?確定後にデリートを押すと?

↑同じようにC3のセルもDeleteを押しましょう。

C3のセルの文字が全部削除されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
BackspaceとDeleteの場所は近くて覚えやすいね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。