ショートカットキー

入力したデータを削除する「BackSpace」「Delete」

エクセルでデータ入力の際に、訂正する場合【Backspace】や【Delete】で、削除することが出来ます。

入力中の時、Backspaceは左側の文字を1文字ずつ削除します。

Deleteは右側の文字を1文字ずつ削除します。

確定しているセルを選択し、BackspaceやDeleteを押すと全部が削除されます。

◇記事内のショートカットキー◇

Backspaceバックスペース
Deleteデリート

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

入力したデータを削除するショートカットキーの手順

BackspaceとDeleteを見比べるBackspaceとDeleteを見比べる

↑Backspaceを使う場合とDeleteを使う場合を、見比べながら説明します。

カーソルの位置カーソルの位置

↑『エクセルドクター』の『エクセル』と『ドクター』の間で編集可能な状態にします。

バックスペースの場所バックスペースの場所

↑それぞれ【Backspace】と【Delete】を1回押してみましょう。

まずBackspaceの場所はこちらです。

デリートの場所デリートの場所

↑Deleteの場所はこちらです。

それぞれ1文字削除完了それぞれ1文字削除完了

↑Backspaceは左側の『ル』が1文字削除されました。

Deleteは右側の『ド』が1文字削除されました。

次に、セルを編集可能な状態からEnterを押し確定させます。

そして、B3のセルを選択しBackspaceを押しましょう。

確定後にバックスペースを押すと?確定後にバックスペースを押すと?

↑B3のセルの文字が全部削除されました。

確定後にデリートを押すと?確定後にデリートを押すと?

↑同じようにC3のセルもDeleteを押しましょう。

C3のセルの文字が全部削除されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
BackspaceとDeleteの場所は近くて覚えやすいね!

ショートカットキーは、自分が良く使うものを覚えておくだけでも仕事効率がアップするので、ぜひ活用しましょう。

一覧を確認できる記事≫【エクセルショートカットキー】覚えている人は仕事が早い!役立つ便利なショートカットキー一覧も参考にしてください。

役立つショートカットキーに出会えます!

タイトル
保存版【エクセルショートカットキー一覧】覚えている人は仕事が早い!エクセルのショートカットキーを一覧にしています。今回は覚えて便利な基本のショートカットキー一覧を紹介します。使用頻度の高いコピー&ペーストや切り取り、セルの書式設定ダイアログボックスを表示するショートカットキーなどから、あまり知られていないショートカットキーまで。ショートカットキーを使いエクセル作業の効率アップを目指しましょう。...
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。