ショートカットキー

入力したデータを削除する「BackSpace」「Delete」

エクセルでデータ入力の際に、訂正する場合【Backspace】や【Delete】で、削除することが出来ます。

入力中の時、Backspaceは左側の文字を1文字ずつ削除します。

Deleteは右側の文字を1文字ずつ削除します。

確定しているセルを選択し、BackspaceやDeleteを押すと全部が削除されます。

◇記事内のショートカットキー◇

Backspace バックスペース
Delete デリート

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

入力したデータを削除するショートカットキーの手順

BackspaceとDeleteを見比べるBackspaceとDeleteを見比べる

↑Backspaceを使う場合とDeleteを使う場合を、見比べながら説明します。

カーソルの位置カーソルの位置

↑『エクセルドクター』の『エクセル』と『ドクター』の間で編集可能な状態にします。

バックスペースの場所バックスペースの場所

↑それぞれ【Backspace】と【Delete】を1回押してみましょう。

まずBackspaceの場所はこちらです。

デリートの場所デリートの場所

↑Deleteの場所はこちらです。

それぞれ1文字削除完了それぞれ1文字削除完了

↑Backspaceは左側の『ル』が1文字削除されました。

Deleteは右側の『ド』が1文字削除されました。

次に、セルを編集可能な状態からEnterを押し確定させます。

そして、B3のセルを選択しBackspaceを押しましょう。

確定後にバックスペースを押すと?確定後にバックスペースを押すと?

↑B3のセルの文字が全部削除されました。

確定後にデリートを押すと?確定後にデリートを押すと?

↑同じようにC3のセルもDeleteを押しましょう。

C3のセルの文字が全部削除されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
BackspaceとDeleteの場所は近くて覚えやすいね!

ショートカットキーは、自分が良く使うものを覚えておくだけでも仕事効率がアップするので、ぜひ活用しましょう。

一覧を確認できる記事≫【エクセルショートカットキー】覚えている人は仕事が早い!役立つ便利なショートカットキー一覧も参考にしてください。

役立つショートカットキーに出会えます!

タイトル
保存版【エクセルショートカットキー一覧】覚えている人は仕事が早い!エクセルのショートカットキーを一覧にしています。今回は覚えて便利な基本のショートカットキー一覧を紹介します。使用頻度の高いコピー&ペーストや切り取り、セルの書式設定ダイアログボックスを表示するショートカットキーなどから、あまり知られていないショートカットキーまで。ショートカットキーを使いエクセル作業の効率アップを目指しましょう。...
転職を考えている人におすすめ!

あなたがもし転職を考えていたら、次のような悩みはありませんか?

  • 自分に向いている仕事はなんだろう?
  • 自分の強みはなんだろう?
  • 転職したいけど、自分に合った仕事の探し方がわからない。

このような悩みをお持ちなら、「ミイダス」の転職アプリがおすすめです。

ミイダスは次の3種類の診断を完全無料でおこなうことができます。

ミイダスにできる3つの診断コンテンツ
  • ミイダス市場価値診断
  • コンピテンシー診断
  • パーソナリティー診断

上記の診断結果を見て自分に適した転職先を見いだすことができます。

ミイダスの提携企業

さらにミイダスで市場価値を測定すると、上記のミイダスに登録されている企業170,000社から直接オファーが届く場合もあります。

中には面接確約オファーなどもあり、転職活動をしたいという方にぴったりのサービスです。

転職を少しでも検討しているかたは、まずは無料で登録して、自分の価値をしっかりと見つめなしてみませんか!

すでに44万人が登録していて、毎月2万人が登録中のミイダスがあなたの転職をサポートしてくれます。
無料で自分の市場価値を調べてみる≫