関数

エクセル【HLOOKUP関数】横に並んだ検索範囲からデータを取り出す

エクセル初心者
エクセル初心者
横向きのデータから、検索してデータを取り出したいんだけど、どんな関数を使えばいかなぁ?
エクセル初心者
エクセル初心者
縦向きデータの時はVLOOKUP関数を使ったけど、横向きデータだと使えないの?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
横向きデータなら『HLOOKUP関数』で、縦向きデータなら『VLOOKUP関数』だよ。今回は、横向きデータを検索するHLOOKUP関数について解説するね!

横向きデータの場合にはHLOOKUP関数を使用します。

横向きのデータから検索して、必要なデータを取り出す方法を本文にて解説します。

HLOOLUP関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトル
【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!エクセルの関数を紹介します。まだ関数をあまり使ったことのない初心者さんは、今回紹介する6個の関数を使ってみませんか?とても簡単で、計算式もスマートになり、日ごろの仕事に大変役立つ関数です。ホームタブの『ΣオートSUM』に用意されたSUM関数や、『もし○○ならば・・・』のIF関数などをマスターしましょう。...

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルのデータを取り出す関数

エクセルのデータを取り出すといえば、VLOOKUP(ブイルックアップ)関数を思い浮かべる方が多いかもしれません。

VLOOKUP関数は縦向きのデータを検索します。

今回は横向きのデータから検索するので『HLOOKUP(エイチルックアップ)関数』になります。

HLOOKUP関数とは

=HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, 検索の型

意味:指定した範囲から検索値を検索し、行番号の列からデータを取り出し表示します。「TRUE」は近似値の検索。「FALSE」は完全一致の検索。

『縦のVLOOKUP関数』と『横のHLOOKUP関数』は、引数もほぼ同じです。

せっかくなので、『VLOOKUP関数』と『HLOOKUP関数』を一緒に覚えてみましょう。



横向きデータはHLOOKUP関数で検索

フルーツリストを使い、解説しましょう。

HLOOKUP関数を使ってみようHLOOKUP関数を使ってみよう

↑フルーツ名や産地などが記載されている、横向きのフルーツのリストがあります。

8・9行目の青い表に、データを表示させます。

HLOOKUP関数の入力HLOOKUP関数の入力

↑C9セルにHLOOKUP関数を入力しましょう。

HLOOKUP関数は、『=HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, 検索の型)』なので、

『=HLOOKUP($B$9,$B$1:$G$4,2,FALSE)』になります。

商品コードを入力すると、B1:G4のリストから『入力した商品コードの2行目』を検索し、取り出します。

『$』の絶対参照については、こちら≫【エクセルのショートカットキー】数式に絶対参照を設定する「F4」を参考にされてみてください。

HLOOKUP関数の結果HLOOKUP関数の結果

↑商品コードに『001』と入力すると『りんご』が表示されました。

C9セルをオートフィルでコピーしましょう。

オートフィルでコピーオートフィルでコピー

↑すべて『りんご』が返されています。

行番号の編集行番号の編集

↑D9セルをダブルクリックし、HLOOKUP関数を編集します。

リストの『売上』は3行目なので、引数の『行番号』は『3』に変更しましょう。

『産地』は4行目なので、『4』に変更します。

売上=HLOOKUP($B$9,$B$1:$G$4,3,FALSE)

産地=HLOOKUP($B$9,$B$1:$G$4,4,FALSE)

HLOOKUP関数の完成HLOOKUP関数の完成

↑青い表にHLOOKUP関数を使ってデータを表示させることができました。



縦向きデータの関数は?

縦向きデータの場合には『VLOOKUP(ブイルックアップ)関数』を使います。

VLOOKUP関数VLOOKUP関数

↑請求書を例に挙げ、VLOOKUP関数について、こちら≫エクセル【VLOOKUP関数】で別シートから簡単に条件にあう値を参照しよう!で詳しく解説しています。

必ず覚えてほしい関数のひとつになります。

『VLOOKUP関数』をぜひマスターしてくださいね。



便利なHLOOKUP関数

関数は、時短で正確な作業が行えるので仕事効率アップにつながります。

ドロップダウンリストドロップダウンリスト

↑さらに時短で正確さを出すために、商品コードの入力を『ドロップダウンリスト』にすると入力する手間も省けます。

ドロップダウンリストの作成方法についてはこちら≫エクセルで便利な【ドロップダウンリスト】を作成や編集しようを参考にされてみてください。

今回は、HLOOKUP関数について解説しました。

VLOOKUP関数とHLOOKUP関数は、引数が『列番号』か『行番号』か、だけの違いでした。

とても便利で、使用頻度の多い関数になります。

ぜひマスターされてみてください。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。