エクセル【HLOOKUP関数】横に並んだ検索範囲からデータを取り出す

3 min 251 views
エクセル初心者

エクセル初心者

横向きのデータから、検索してデータを取り出したいんだけど、どんな関数を使えばいかなぁ?

エクセル初心者

エクセル初心者

縦向きデータの時はVLOOKUP関数を使ったけど、横向きデータだと使えないの?

横向きデータなら『HLOOKUP関数』で、縦向きデータなら『VLOOKUP関数』だよ。今回は、横向きデータを検索するHLOOKUP関数について解説するね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

横向きデータの場合にはHLOOKUP関数を使用します。

横向きのデータから検索して、必要なデータを取り出す方法を本文にて解説します。

HLOOLUP関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルのデータを取り出す関数

エクセルのデータを取り出すといえば、VLOOKUP(ブイルックアップ)関数を思い浮かべる方が多いかもしれません。

VLOOKUP関数は縦向きのデータを検索します。

今回は横向きのデータから検索するので『HLOOKUP(エイチルックアップ)関数』になります。

ポイント!

HLOOKUP関数とは

=HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, 検索の型)

意味:指定した範囲から検索値を検索し、行番号の列からデータを取り出し表示します。「TRUE」は近似値の検索。「FALSE」は完全一致の検索。

『縦のVLOOKUP関数』と『横のHLOOKUP関数』は、引数もほぼ同じです。

せっかくなので、『VLOOKUP関数』と『HLOOKUP関数』を一緒に覚えてみましょう。

横向きデータはHLOOKUP関数で検索

フルーツリストを使い、解説しましょう。

HLOOKUP関数を使ってみよう
HLOOKUP関数を使ってみよう

↑フルーツ名や産地などが記載されている、横向きのフルーツのリストがあります。

8・9行目の青い表に、データを表示させます。

HLOOKUP関数の入力
HLOOKUP関数の入力

↑C9セルにHLOOKUP関数を入力しましょう。

HLOOKUP関数は、『=HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, 検索の型)』なので、

『=HLOOKUP($B$9,$B$1:$G$4,2,FALSE)』になります。

商品コードを入力すると、B1:G4のリストから『入力した商品コードの2行目』を検索し、取り出します。

『$』の絶対参照については、こちら≫【エクセルのショートカットキー】数式に絶対参照を設定する「F4」を参考にされてみてください。

HLOOKUP関数の結果
HLOOKUP関数の結果

↑商品コードに『001』と入力すると『りんご』が表示されました。

C9セルをオートフィルでコピーしましょう。

オートフィルでコピー
オートフィルでコピー

↑すべて『りんご』が返されています。

行番号の編集
行番号の編集

↑D9セルをダブルクリックし、HLOOKUP関数を編集します。

リストの『売上』は3行目なので、引数の『行番号』は『3』に変更しましょう。

『産地』は4行目なので、『4』に変更します。

売上=HLOOKUP($B$9,$B$1:$G$4,3,FALSE)

産地=HLOOKUP($B$9,$B$1:$G$4,4,FALSE)

HLOOKUP関数の完成
HLOOKUP関数の完成

↑青い表にHLOOKUP関数を使ってデータを表示させることができました。

縦向きデータの関数は?

縦向きデータの場合には『VLOOKUP(ブイルックアップ)関数』を使います。

VLOOKUP関数
VLOOKUP関数

↑請求書を例に挙げ、VLOOKUP関数について、こちら≫エクセル【VLOOKUP関数】で別シートから簡単に条件にあう値を参照しよう!で詳しく解説しています。

必ず覚えてほしい関数のひとつになります。

『VLOOKUP関数』をぜひマスターしてくださいね。

便利なHLOOKUP関数

関数は、時短で正確な作業が行えるので仕事効率アップにつながります。

ドロップダウンリスト
ドロップダウンリスト

↑さらに時短で正確さを出すために、商品コードの入力を『ドロップダウンリスト』にすると入力する手間も省けます。

ドロップダウンリストの作成方法についてはこちら≫エクセルで便利な【ドロップダウンリスト】を作成や編集しようを参考にされてみてください。

今回は、HLOOKUP関数について解説しました。

VLOOKUP関数とHLOOKUP関数は、引数が『列番号』か『行番号』か、だけの違いでした。

とても便利で、使用頻度の多い関数になります。

ぜひマスターされてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:
タグ:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事