関数

エクセルで2個の文字列が同じかどうか【正誤】で調べる関数

エクセル初心者
エクセル初心者
2個のメールアドレスの文字列が同じかどうかの確認をしてるんだけど、エクセルの機能で素早くできないかなぁ。。。
エクセル初心者
エクセル初心者
2個の文字列の確認って大変だよね。大文字や小文字、空白があるとかないとか。人の目で見るよりエクセルの機能の方が正確だよね!
Dr.オフィス
Dr.オフィス
2個の文字列を同じかどうかを確認して『正誤』を調べる関数があるよ!
その関数を使えば、あっという間に確認できるよ!

今回は、EXACT(イグザクト)関数を使って、2個の文字列を同じかどうかを調べる方法を解説します。

EXACT関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトル
【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!エクセルの関数を紹介します。まだ関数をあまり使ったことのない初心者さんは、今回紹介する6個の関数を使ってみませんか?とても簡単で、計算式もスマートになり、日ごろの仕事に大変役立つ関数です。ホームタブの『ΣオートSUM』に用意されたSUM関数や、『もし○○ならば・・・』のIF関数などをマスターしましょう。...

メールアドレスや、長い数列など、人の目視では見落とすかもしれない確認作業もエクセルのEXACT関数に任せましょう。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルで似た文字列を同じかどうか調べる方法

メールアドレスを2回入力されたデータがあります。

AとBが同じかどうか確認するAとBが同じかどうか確認する

↑1回目の入力と2回目の入力に相違がないかを確認します。

パッと見た感じでは、同じようにも見えますね。

しかし、丁寧に1個1個確認してみると誤りもあります。

目視では時間がかかる作業ですが、関数でさくっと確認を行います。



EXACT関数で文字列が同じか確認する

A列とB列のメールアドレスを確認するC列を作成します。

確認用の表確認用の表

↑C列に、確認用の枠を作成しました。

この確認用のセルに入力するのがEXACT(イグザクト)関数になります。

EXACT(イグザクト)関数とは

=EXACT(文字列1、文字列2)

意味:文字列1と文字列2が同じかどうかを確認します。

EXACT関数EXACT関数

↑さっそくEXACT(イグザクト)関数を入力しましょう。

C2セルに『=EXACT(A2,B2)』を入力します。

TRUEは『同じ』TRUEは『同じ』

↑C2セルには『TRUE』が表示されました。

A2セルとB2セルのメールアドレスは、『まったく同じ』という結果です。

オートフィルでコピーオートフィルでコピー

↑C11セルまでオートフィルでコピーしましょう。

FALSEは『相違あり』FALSEは『相違あり』

↑『TRUE』と『FALSE』が表示されています。

『TRUE』は、間違いなしです。

『FALSE』は、文字列1と文字列2で相違があります。

11行目は?11行目は?

↑4行目は、『kenzo』と『kenzou』になっています。

9行目は『T』が大文字になっています。

11行目は、何が違うのでしょうか?

『空白』もFALSE『空白』もFALSE

↑B11セルには、最後に『空白』が入力されていました。

この『空白』が『FALSE』になります。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
EXACT関数は、英字の大文字と小文字も区別するし、空白もFALSEで返すよ!



EXACT関数とIF関数を合わせて正誤の確認をする

EXACT関数をIF関数と合わせてみましょう。

IF関数IF関数

↑C2セルに『=IF(EXACT(A2,B2),”正しい”,”誤り”)』を入力し、下までオートフィルでコピーします。

オリジナルの文章オリジナルの文章

↑好きな文字に変えて、見やすくしてみてはいかがでしょうか。

IF関数についは、こちらも≫エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!参考にされてみてください。

タイトル
エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!エクセルではさまざまなエラー値が表示されることがあります。【IF関数】や【IFERROR関数】を使い『0』や『#N/A』などを非表示にする方法を解説します。不要な数値やエラー値は表示させないようにしてみましょう。ちょっとした関数を使うことで、すっきりとした見栄えの良い資料などを作成できます。...
タイトル
【エクセルドクターQ&A】イフ関数とアベレージ関数の組み合わせエクセルドクターQ&Aにいただいた質問の解説をします。今回は、10人の検定試験の結果を【一次試験、二次試験とも平均点以上であれば合格】と表示される表の作成方法です。イフ関数とアベレージ関数の組み合わせをして、質問の回答をします。ぜひ参考にされてみてください。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。