エクセルで四捨五入してみよう!便利な【ROUND関数】で請求書作成!

3 min 114 views

【ROUND(ラウンド)関数】は、エクセルで計算する時に『四捨五入』が出来る関数です。

消費税などの計算が入る見積書や請求書に使うと大変便利です。

ROUND関数を使い「四捨五入」するのと、「表示形式から小数点の桁数を減らす」とでは、見え方が変わる場合もあります。

注意点などもふまえ解説します。

ROUND関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

◇記事内のエクセル用語◇

表示形式セルに入力したデータを値を変えずに見た目のみを変えることができます。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルで四捨五入!【ROUND関数】とは?

ROUND関数は、端数を処理する消費税を求める場合などに使います。

桁数を指定して数値を四捨五入できるので、見積書や請求書などの使用頻度はとても高い関数です。

ポイント

ROUND関数とは

=ROUND(数値,桁数)

意味:指定した桁数になるよう数値を四捨五入します。

四捨五入する桁数は、指定しないといけません。

例:数値『123.456』の場合

桁数四捨五入後
2123.46
1123.5
0123
-1120
-2100

表のように、『123.456』の数値を『0』で桁数を指定すると四捨五入後は『123』です。

『2』で指定すると四捨五入後は『123.46』になります。

また負の数『-2』を指定した場合には『100』となります。

元の数値は同じですが、四捨五入する桁数で、四捨五入後の数値はずいぶん変わることが分かります。

ROUND関数と表示形式での見え方の違い

フルーツ売上の消費税を『ROUND関数』と『表示形式』で見比べてみましょう。

1円のズレ
1円のずれが生じている

↑上の表は、フルー売上金額の消費税を『ROUND関数』と『表示形式』で表示しています。

消費税の合計が『1円』違いますね。

下一桁を足していくと8+8+6+2+6+4+3=37だから、下一桁は『7』になるはずだよね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ROUND関数
ROUND関数の式

↑これは、ROUND関数は整数の値になるように数値を求めているので、桁数を「0」に指定して四捨五入しています。

そして、表示形式は小数点以下の表示桁数を減らして表示しているため、ずれが生じています。

分かりやすくするために『ROUND関数』と『表示形式』の消費税額を小数点以下の表示桁数を増やして表示してみましょう。

小数点以下2桁
小数点以下2桁を表示

↑セルを選択し、『ホームタブ』の『数値』から小数点以下の桁数を増やすボタンを2回押します。

小数点以下2桁
小数点以下2桁

↑小数点以下2桁を表示しました。

ROUND関数は、小数点以下は『00』です。

表示形式は、元データ自体は触っていないので、小数点以下2桁までしっかりと計算された数値が表示されています。

1円のズレ発生元
1円のずれが発生する元

↑ここで、合計が『1円』ずれてしまいます。

『1円』のずれは、大きな過ちになりかねません。

ROUND関数を使い、四捨五入しましょう。

見えているデータと隠れているデータで合計が変わってきたんだね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

請求書にROUND関数を使ってみよう

ROUND関数を使った請求書を作成します。

請求書
請求書

↑請求書のどこにROUND関数を使いますか?

消費税をROUND関数で計算
消費税をROUND関数で計算する

↑今回は、消費税の計算をしているF25セルにROUND関数を使います。

『=F24*0.08』小計×消費税の計算が入っています。

ROUND関数
ROUND関数

↑F25のセルを選択し、

=ROUND(F24*0.08,0)

を入力してEnterを押します。

ROUND関数を使った請求書
ROUND関数を使った請求書

↑ROUND関数を使い、消費税を出すことが出来ました。

基本となる「合計の求め方」はこちら≫エクセルで足し算が簡単にできる【SUM関数】で合計値を求めよう!を参考にしてみてください。

まとめ

エクセルで計算する時に『四捨五入』が出来る関数【ROUND(ラウンド)関数】を解説しました。

【ROUND(ラウンド)関数】は、消費税などの計算が入る見積書や請求書に使うと大変便利です。

ROUND関数を使い「四捨五入」するのと、「表示形式から小数点の桁数を減らす」とでは、見え方が変わるので、注意しましょう。

請求書に角印
請求書に角印

出来上がった請求書には、エクセルで作成した『印鑑』をはって、メールで送ることもできます。

エクセルで印鑑を作成する方法は、≫エクセルで印鑑の作成!エクセルのデータに押せるのでとても便利!でくわしく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

本を読みたいけど忙しくて読めない

そんな人におすすめなのがAmazonオーディオブック『Audible』

オーディブルのバナー
ワード初心者

ワード初心者

本を読んでビジネスに役立つ情報を身に着けたいけど、忙しくてなかなか本を読む時間がないんだよね・・・

社会人になるとなかなか本を読む時間って作りにくいよね。

そんな時におすすめのサービスがAmazonオーディオブックの『Audible』だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

本は読むから聴くに変わってきています。

聴くだけなら通勤中や運転中などちょっとしたときにできますね。

オーディオブックを提供しているサービスはいくつかありますが、一番のおすすめはAmazonオーディオブックの『Audible』です。

なぜ、おすすめかと言うと、最初に登録したときに1冊無料で聴くことができるからです。

その1冊は、『Audible』内のすべての本から選ぶことができます。

たとえばこちら

Audible』のビジネス書ランキングでもトップの「アウトプット大全」が無料で聴けちゃいます

学ぶだけでなくアウトプットすることで結果に変えることができることを解説した本で、ビジネスマンなら必ず読んでおきたい1冊ですね。

他にもこちら

自分の本当の強みを見つけることによって、自分の適職を見つけ出す。

それを可能にしてくれる本が「適職の結論 (あなたが気づいていない 「本当の強み」がわかる)」です。

他にもたくさんのビジネス本があって、そのなかから1冊を無料で聴くことができます。

しかも、すでに配信が決定しているオーディオブックもあり、その予約もできます。

まったく新本が追加されないといった心配もありません。

ビジネス本の他にも、語学学習本や小説、映画のノベルティー本などなんと40万冊のオーディオブックが用意されています。

ビジネス本をすぐに聴きたいという方はぜひ無料体験をどうぞ。

Audibleなら、なかなか時間の取れない忙しい方でも運転、通勤、家事、育児など普段の生活の中で学ぶことができます。

空いてる耳を使ってビジネス力をアップしましょう。

Dr.オフィス

Dr.オフィス

30日以内に解約すれば完全に無料で1冊見ることができます。

もし気に入って継続したとしても解約はいつでもでき、購入した本はいつでも聴くことができます。

Amazonの超太っ腹なAudible無料体験でビジネス力を高めましょう。

\登録は簡単5分/

関連記事