ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】クイック分析を開く「Ctrl+Q」

タイトル

クイック分析は『書式』『グラフ』『合計』『テーブル』『スパークライン』のツールに選択できる機能です。

クイック分析ボタンは、セル範囲を選択すると右下に出てきます。

Ctrl(コントロール)とQ(キュー)で、クイック分析の設定項目を開くことが出来ます。

マウスを設定項目に合わせるだけで、設定後の結果を確認することが出来るので、イメージしやすい便利な機能です。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Qコントロール + キュー

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

クイック分析オプションを開くショートカットキーの手順

範囲選択クイック分析の範囲選択

↑クイック分析したい範囲を指定します。

仕入金額をクイック分析してみましょう。

コントロールとキューコントロールとキュー

↑「Ctrl」を押した状態のまま「Q」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②Qの順番で押しましょう。

コントロールコントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

クイック分析クイック分析の表示

↑クイック分析ツールが表示されました。

プレビュー画面を確認プレビュー画面を見て確認

↑マウスを合わせると『書式』『グラフ』『合計』『テーブル』『スパークライン』それぞれの設定の操作結果を確認できます。

データバーを選択データバーを選択

↑今回は『書式』のデータバーを選択します。

完成データバーの入った表が完成

↑見やすく分かりやすい表になりました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
マウスを合わせると確定後の状態を見れるので、とてもイメージしやすいね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。