エクセルで印鑑の作成!エクセルのデータに押せるのでとても便利!

3 min 15,055 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルで作成した請求書に電子印鑑を押してメールで送りたいんだけど、電子印鑑ってどうやって作るのかなぁ??

エクセル初心者

エクセル初心者

『至急』『回覧』『重要』などのビジネススタンプを作りたいな。エクセルで作ることできるの?

もちろん、エクセルで『印鑑』や『ビジネススタンプ』を作成することができるよ! 見積書や請求書など様々な場面で押印しないといけない時ってあるよね!ビジネススタンプも同じだね! 印鑑を作成して、いつでも使えるように保存すると便利だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルで印鑑を作成する方法を解説します。

印鑑を作成しておくと、書類に印鑑が必要な場合に素早く押印できます。

印鑑作成ステップ
  1. 挿入タブより『ワードアート』を挿入する
  2. 名前『佐藤』を入力する
  3. 名前を縦書きにする
  4. 挿入タブより『図形の丸』を挿入する
  5. 名前と丸を重ねて色や書式を変更する

以上で、印鑑を作成できます。

この印鑑を保存しておくと、印鑑が必要な時に押印がスムーズです。

ペーパーレスの時代になってきています。

エクセルで印鑑を作っておくと大変便利ですよ!

作成の詳しい解説や、保存方法などを本文にて解説します。

参考にしてみてくださいね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:Office365』を使用しています。

エクセルで印鑑を作成しよう!

さっそくエクセルで印鑑を作成してみましょう。

今回は名前『佐藤』の印鑑を作成します。

ワードアートと図形で印鑑を作成

ワードアート
ワードアート

↑まず、挿入タブより『ワードアート』を開き、シンプルな左上の『A』を選択しましょう。

文字の挿入
文字の挿入

↑『ここに文字を入力』と表示されます。

『佐藤』を入力します。

フォント変更
フォント変更

↑『佐藤』のフォントを『HGS行書体』に変更しました。

右クリック
右クリック

↑『佐藤』を右クリックし、図形の書式設定を開きましょう。

図形の書式設定
図形の書式設定

↑文字のオプションからテキストボックスを開きます。

文字列の方向を『縦書き』にします。

丸の挿入
丸の挿入

↑挿入タブより図形の丸を挿入します。

『佐藤』の文字が入るように大きさを調整しましょう。

塗りつぶしなし
塗りつぶしなし

↑『図形の書式』から『図形の塗りつぶし』を開き、塗りつぶしをなしにします。

赤に変更
赤に変更

↑線の色と名前は『赤』に変更します。

線の太さも『3pt』にしました。

オブジェクトの選択
オブジェクトの選択

↑ホームタブの『検索と選択』から『オブジェクトの選択』を押します。

グループ化
グループ化

↑丸と名前を囲み、グループ化します。

グループ化についてはこちら【エクセル】複数の図形をグループ化しよう!!できない方も必見!!を参考にしてみてください。

グループ化すると、複数のオブジェクトを結合して1個にまとめれるので移動などが簡単にできます。

これで、印鑑が出来上がりました。

ビジネススタンプ
ビジネススタンプ

↑この要領でビジネススタンプも作成してみました。

エクセルで作成した印鑑の保存

前述した方法で印鑑を作成しました。

この印鑑を使う時に、印鑑が大きい場合や小さい場合に、大きさを変更しないといけないですね。

枠線
枠線

↑印鑑をクリックすると枠が表示されます。

移動
移動

↑線の上でドラッグすると『丸と文字』を移動できます。

接続ドット
接続ドット

↑白い丸の接続ドットをドラッグすると大きさを調整できます。

はみ出る
はみ出る

↑小さくすると『文字』の大きさは変わらず、図形の丸からはみ出てしまいました。

丸が大きい
丸が大きい

↑大きくするのも同じで、『文字』は変わりません。

なので保存するときは、一旦、作成した印鑑をコピーします。

コピーする
コピーする

↑バランスも整えた印鑑をコピーして貼り付けます。

貼り付け
貼り付け

↑貼り付けのオプションから『図』を選択します。

均一に大きさを変更できる
均一に大きさを変更できる

↑白い丸の接続ドットで大きさを変えてみましょう。

小さくも、大きくもできます。

この状態で印鑑データを保存しましょう。

エクセルで作成した『角印』を請求書に押してみよう

請求書に角印
請求書に角印

↑『図』として完成した角印をコピーして請求書に貼り付けます。

このようにエクセルで印鑑を作成することができます。

ビジネススタンプなども簡単に作成できますね。

請求書の作り方は、≫エクセルで四捨五入してみよう!便利な【ROUND関数】で請求書作成!でくわしく解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

印鑑っぽいフォントをダウンロード

より印鑑ぽさを出すためには、フォントをダウンロードするのもおすすめです。

フォント
フォント

↑今回は名前のフォントを『HGS行書体』にしています。

ビジネススタンプは『HGS明朝E』にしました。

さまざまなフォントが無料や有料でダウンロードすることができます。

印鑑っぽいフォントや、お好きなフォントを探して、オリジナルの印鑑を作成するのもいいですね。

フォントのダウンロードの方法はこちエクセルで新規ブックのデフォルトフォントを変更する方法【簡単】を参考にしてみてくださいね。

電子印鑑フリーソフトで作成

今回は、ワードアートと図形を使い印鑑を作成しました。

ほかにも印鑑を作成する方法として、『印鑑を作成するフリーソフト』がたくさんあります。

印鑑を作成するフリーソフトは、やはり印鑑を作成しやすいように設定メニューが充実しています。

手作りの印鑑やフリーソフトの印鑑など、作り方は様々です。

興味のある方は、『フリーソフト 印鑑』で検索してみてくださいね。

ほかにも紙媒体でのやりとりには、実際に印鑑が必要になってきます。

印鑑を作成する場合には【実印、印鑑即日出荷の印鑑作成激安専門店はんこプレミアム】もおすすめです。

参考にされてみてくださいね。

\うれしい即日出荷!激安はんこ/

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:
タグ:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事