使い方

エクセルで新規ブックのデフォルトフォントを変更する方法【簡単】

この記事が作成されている時点でのエクセル最新バージョンはExcel 2016ですが、新規ブックを立ち上げるとデフォルトフォントに【游ゴシック】が選択されています。

デフォルトフォントとはエクセルを起動した際に設定されているフォントのことです。

前バージョンのExcel 2013では【MS Pゴシック】が設定されていました。

Excel 2016が発表されたときは、使用者から【游ゴシック】は細くて見づらいと悪評が目立っていました。

特にプロジェクターなどで表示してみると【游ゴシック】は見づらいです。

なので、見やすいフォントに変更をするのですがエクセルで表を作るときに毎回フォントを変更するのはとても面倒なことです。

そこで最初から、フォントを自分の好みのものにしておくというのがデフォルトフォントの設定です。

とっても簡単な設定なので、毎回フォントを変更してて面倒だな、という方は是非こちらの記事を参考に設定してみてください。

記事内のエクセル用語

フォント文字の形状のこと。様々な種類があり、エクセルではOfficeに付属のフォントとWindowsに搭載されているフォント、さらに外部からダウンロードしたフォントも使うことができる。
デフォルトフォントデフォルトフォントとは、新規に作成するブックで入力や表示に適用されるよう指定されたフォントのこと。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。