使い方

エクセルで新規ブックのデフォルトフォントを変更する方法【簡単】

この記事が作成されている時点でのエクセル最新バージョンはExcel 2016ですが、新規ブックを立ち上げるとデフォルトフォントに【游ゴシック】が選択されています。

デフォルトフォントとはエクセルを起動した際に設定されているフォントのことです。

前バージョンのExcel 2013では【MS Pゴシック】が設定されていました。

Excel 2016が発表されたときは、使用者から【游ゴシック】は細くて見づらいと悪評が目立っていました。

特にプロジェクターなどで表示してみると【游ゴシック】は見づらいです。

なので、見やすいフォントに変更をするのですがエクセルで表を作るときに毎回フォントを変更するのはとても面倒なことです。

そこで最初から、フォントを自分の好みのものにしておくというのがデフォルトフォントの設定です。

とっても簡単な設定なので、毎回フォントを変更してて面倒だな、という方は是非こちらの記事を参考に設定してみてください。

記事内のエクセル用語

フォント文字の形状のこと。様々な種類があり、エクセルではOfficeに付属のフォントとWindowsに搭載されているフォント、さらに外部からダウンロードしたフォントも使うことができる。
デフォルトフォントデフォルトフォントとは、新規に作成するブックで入力や表示に適用されるよう指定されたフォントのこと。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4 5
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。