使い方

エクセル【縦書き】や【横書き】を自由自在に設定して見やすいデータを作成!

エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルで文書を作成しているんだけど、文字が縦書きにできたら見栄えがいい個所があるんだよね。でも、エクセルで縦書きってできるのかなぁ?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルは文字を縦書きにすることができるよ!データで縦書きにしたい個所や、ファイルの背表紙を作成することも簡単に出来るよ。文字の向きの変更方法について解説していくね!

エクセルは、データ作成以外にも様々な使い方ができます。

通常、エクセルは横書きで文字の入力がされますね。

その入力した横書きの文字も、簡単に縦書きに変更することができます。

文字を縦書きにする簡単ステップ
  1. セルに文字を入力する
  2. セルの書式設定を開く
  3. 配置タブより方向を縦書きにする

以上の3ステップで簡単に、セルに入力した文字を縦書きにすることができます。

未入力のセルにも設定することができるので、あとから文字を入力しても縦書きになります。

◇記事内のエクセル用語◇

セル内改行セル内の文字を改行します。(Alt+Enter)

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルの縦書きと横書き

先述したように、エクセルの文字は横書きから縦書きに変更することが出来ます。

背表紙完成背表紙完成

↑もちろん、背表紙の作成もできます。

上のデータはファイルリング用の背表紙に使えますね。

見出しを縦書き見出しを縦書き

↑他にも、データの見出しなども、縦書きにするとスッキリとした見やすい表になります。

横書きや縦書きを使い、エクセルを活用しましょう。

次項から、エクセルの縦書きについて解説していきます。

1 2 3
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ