使い方

エクセルの描画ツールを使い手書きの図形を自動変換|Office365新機能

タイトル

エクセルで図形を用いることは多々あります。

例えばフローチャートの作成や、表やデータの作成など。

他にも様々な場面で、図形を使用する機会は少なくありません。

今回はOffice365新機能【図形認識】を使い、素早く簡単に図形を挿入してみましょう。

紹介する【図形認識】機能はOffice365で利用できる機能です。

◇記事内のエクセル用語◇

Office365Office365 とは、MicrosoftOfficeをクラウドで利用できるサービス。買い切りのパッケージ版Officeとは異なる。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルの描画ツール【図形認識】の便利な使い方

Office365ユーザー向けの新機能【図形認識】を使い図形を挿入することは、とても簡単です。

マウスやタッチペン、指などを使い、フリーハンドで図形を描きます。

フリーハンドで描いた図形は、線が真っ直ぐに引けず曲がってしまいますね。

【図形認識】機能は、手書きの図形を認識して、自動的に整った図形に変換してくれます。

この機能を使うことで、素早く簡単に図形を挿入することが出来るようになり、とても便利ですね。

フリーハンドの図形が【図形認識】されて、整った図形に変換された後は、文字も入力することが出来ます。

描画ツールの場所は?

まず【図形認識】機能を使うタブを表示させましょう。

ファイルタブ

↑左端の『ファイル』タブを開きます。

オプション

↑オプションを選択しましょう。

オプションのダイアログボックス

↑『Excelのオプション』のダイアログボックスが出てきました。

『リボンのユーザー設定』を選択し、右側のメインタブ『描画』にチェック☑を入れましょう。

そしてOKを押して、準備は完成です。

描画タブ追加

↑タブに『描画』が追加されています。

この『描画』から【図形認識】機能を解説します。



描画ツールを使い、手書きの矢印や四角を書いてみよう

手書きで図形を描いてみよう

『描画』タブを開き、手書きで図形を描いてみましょう。

描画ペン

↑ペンを選びます。

ペンは自由に追加をすることが出来ます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
色や太さなど、よく使うペンを作成しておくと更に使いやすいね!
インクを図形に変換

↑『インクを図形に変換』を選択します。

グレイに色が変わっていれば『ON』の状態になります。

終了する場合は、再度、『インクを図形に変換』を選択しましょう。

『インクを図形に変換』は、自動的にインク描画を図形に変換してくれます。

さっそく、フリーハンドで図形を描いてみましょう。

フリーハンドで四角

↑四角を描いてみます。

自動で変換

↑すぐに自動で綺麗な図形に変換されました。

様々な図形

↑いろいろな形を自動で読み取ってくれます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
荒く書きすぎると読み取れない時もあるし、星マークなど読み取れない形もあるみたいだね!
ペンの種類を『蛍光ペン』にすると読み取ってくれないみたい。
更に使いやすくなっていく事が楽しみだね!

自動変換された図形に文字を書こう

文字の挿入

↑フリーハンドで図形を描く時は、マウスポインターがペン先の状態(●)になっています。

描画解除

↑『描画』の選択を解除します。

『描画』を押すだけで解除できます。

解除完了

↑『描画』が解除されるとグレイの色がなくなります。

そしてマウスポインターが、いつもの形に戻ります。

テキスト挿入

↑文字を挿入したい図形を右クリックします。

テキストの編集を選択すると、図形内に文字を入力するカーソルが表示されます。

テキスト挿入完了

↑とても簡単に文字が挿入できました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
テキストを挿入したい図形をダブルクリックするだけでも、カーソルが出てくるから時短だね!



フローチャートを作成してみよう!

【図形認識】を使いフローチャートを作成してみましょう。

フローチャート

↑りんごのむき方のフローチャートです。

【図形認識】を使うと、とても簡単に作成することが出来ます。

フローチャート以外にも、ちょっとした図形の挿入に使えます。

インクの再生スライドショー

『描画』タブの右側に『インクの再生』があります。

スライドショー

↑これは、手書きで文字を書いたりすると、書いた順番に再生できます。

再生

↑再生中は、『再生』ボタンが表示され、『一時停止』『巻き戻し』『早送り』なども出来ます。



まとめ

今回のOffice365新機能【図形認識】は、フリーハンドの図形を自動で整えてくれます。

図形を描くペンの色を決めておくことも出来ます。

エクセルで図形を用いる時に【図形認識】は、とても簡単で便利ですね。

従来通り『挿入』タブの『図形』から、使いたい図形を探して、入れることも出来ます。

エクセルの様々な機能を使い、より最適なエクセル操作をしてみましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。