使い方

エクセルのセル内改行をショートカットで簡単に行う方法!一括削除も便利

エクセルで表やデータを作成中に、セル内で改行したいと思ったことはありませんか?

実は、エクセルはセル内で改行することが出来ます。

一つのセルに長い文章を入れてしまうと、そこのセルだけが横長になってしまいますよね。

セル内で改行してあげることで、見た目もすっきりとした表を作成することが出来ます。

便利なセル内改行を解説します。

◇記事内のエクセル用語◇

数式バーエクセル表の中央上部にある入力するバーのこと。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

エクセルのセル内の改行はショートカットキーで簡単にできる!

今月の店休日

↑今回は『今月の店休日』を使い説明します。

見て分かるように、3行目や5行目の文章がとても長いですね。

長すぎてバランスが悪いのでセル内改行し、見やすい表を作成しましょう。

A3セルを選択

↑A3を選択します。A3に入っている全ての文字が、作業の対象になります。

数式バーを広げる

↑数式バーの幅を広げましょう。

数式バーの下枠にカーソルを持って行くと上下の矢印(⇕)に変わります。

ドラッグして数式バーの幅を広くします。

改行場所を確認

↑改行したい場所にカーソルを持って行きます。

改行する

↑ショートカットキー【Alt】+【Enter】を押しましょう。

簡単にセル内で改行することが出来ました。

改行後の縦長の状態

↑確定のEnterを押すと、A3のセルが縦に伸びてしまいます。

もともとのAの幅内に文章を収めている状態なので、横幅を変えてみましょう。

幅を調整

↑【A】と【B】の間にカーソルを持って行くと、左右の矢印(↔)が出てくるので【A】の幅を広げます。

高さの調整

↑3行目の高さをバランスよくしましょう。

【3】と【4】の間にカーソルを持って行くと、上下の矢印(⇕)が出てくるので高さを調整します。

簡単に、3行目をセル内で改行することが出来ました。



セル内改行のショートカットキーの場所は?

AltとEnter

↑セル内改行をする時のショートカットキーは、赤で囲んだ【Alt】と【Enter】を一緒に押します。

同時ではなく、【Alt】を押してから【Enter】を押しましょう。

Altは2か所
Dr.オフィス
Dr.オフィス
【Alt】は2個あるので、どちらか押しやすい方を使うと良いよ!



セル内改行と行間を調整して見やすい表作成

5行目をセル内改行します。

A5を改行する

↑先述したように、改行したい場所にカーソルを持って行き【Alt】+【Enter】を押します。

数式バーでなくても出来るので、今度はセル内で改行してみましょう。

赤いラインが改行する場所になります。

日付の改行

↑日付を全て改行し、【Enter】で確定しましょう。

フォント変更

↑店休日のお知らせなので、お休みの日を目立つように【太字】【フォントサイズ16】に変更してみます。

高さの調整

↑高さを調整します。やや詰まっているので、日付の行を調整してみましょう。

書式設定

↑日付のセルを選択し、右クリックします。

セルの書式設定を選択します。

縦を均等割り付け

↑配置タブから、縦位置を【均等割り付け】に変更し、OKを押しましょう。

均等になった

↑縦を均等割り付けに設定したので、高さを変えると均等の幅も変わります。

バランスを見ながら、調整してみてください。

完成

↑他の場所も見やすいように調整してみましょう。

表のバランスを整えて見やすくする方法は≫エクセルの文字に【下線・太字】等を簡単装飾!ミニツールバーも便利も参考にしてみてください。



エクセルのセル内改行を一括削除する方法

セル内の改行を全て削除してみましょう。

一括削除

↑セル内改行を設定しているセルを選択します。

今回は、3行目から5行目までを選択します。

置換

↑ホームタブの右端に【検索と置換】があるので開き【置換】を押しましょう。

検索と置換

↑検索と置換のダイアログボックスが出てきました。

検索する文字列に【Ctrl】+【J】を入力します。

見えない置換

↑何も見えないですし、変わったようにも見えません。

しかし、改行を選択することが出来ています。

全て置換

↑【すべて置換】を押します。

【5件を置換しました。】と表示されました。

置換を閉じる

↑OKを押し、閉じるを押し、全てのダイアログボックスを閉じましょう。

一括削除完了

↑これで簡単にセル内改行は一括で削除できています。

しかし、先述で表バランスを整えた際に【折り返して全体を表示する】設定になっているため、確認しづらいですね。

【A】の幅を広げてみましょう。

幅を広げて確認

↑セル内の改行が削除できていることが確認できました。

改行場所

↑今回の5件の置換は、赤い改行場所でした。

【Ctrl】+【J】は、しっかり全てのセル内改行を拾ってくれています。

このように、セル内改行も一括で簡単に削除できます。

●一か所だけ改行を削除する場合

数式バーから削除

↑消したい改行場所を数式バーからクリックし【BackSpace】または【Delete】で消してあげましょう。

セル内で改行削除

↑セル内をダブルクリックして、消すことも出来ます。



まとめ

エクセルは、セル内で改行することがとても簡単にできます。

そして、一括削除もとても簡単でしたね。

エクセルは、表計算ソフトでありますが、時には長い文章を入力することもあります。

そんな時には、セル内改行を使い、バランスよくデータを作成することもできます。

見た目もすっきりとしたデータを作成し、効率よく作業しましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。