使い方

エクセルの文字に【下線・太字】等を簡単装飾!ミニツールバーも便利

エクセルで表や文書を作成した際に、『このポイントを目立つようにしたい』と思ったことはありませんか?

一定の文字で作成していると、目立たせたい言葉も埋もれてしまいます。

そんな時は、下線や太字、斜体などの文字装飾をしてみましょう。

誰もが一目見て『伝えたいポイント』が分かるようになります。そして、見栄えもとても良くなります。

今回は、文字の装飾を解説します。

記事内のエクセル用語

【B】フォントを太字にします。
Iフォントを右側に傾けます。斜体。
Uフォントに下線をつけます。
ミニツールバー小さなセルの書式設定画面。ドラッグすると表示されます。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。