使い方

エクセルの基本操作【データ入力】を初心者でも分かりやすく解説!

基本操作データの入力

エクセルを使うにあたって【データ入力】は基本操作になります。

セルに文字や数値、日付などを入力することは難しいことではありません。

かな入力・ローマ字入力の設定から、修正や削除など、エクセルのデータ入力の基本を解説します。

記事内のエクセル用語

データ入力エクセルやワードにデータを入力すること。
かな入力キーボードに刻印されている日本語文字がそのまま入力される。
ローマ字入力入力する文字の読み方をローマ字綴りでキーボードで打つと入力される。ローマ字から「かな」に変換される。
カーソルパソコンの画面上で、入力の位置や操作の対象を指し示すもの。
ステータスバーエクセル左下のバーのこと。入力、編集、準備完了などセルの状態を表示する。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

最初の基本操作はデータの入力方法

データの入力方法は、かな入力とローマ字入力があります。

エクセルやワードを開いたり、インターネットを開いたり、どんな時にも、右下に『入力モード』が出ています。

『入力モード』を変えてみましょう。

マウスを使って入力モードの切替設定

入力モード

最初にエクセルを開くと、右下の入力モードが『A』と表示されています。

これは英数で入力される状態です。

試しに日本語『ローマ字入力』に設定してみましょう。

入力モード切替

『A』左クリックすると『A』『あ』に切り替わります。

『あ』は日本語で入力される状態です。

現在、かな入力なのか?ローマ字入力なのか?を設定から確認しましょう。

『あ』右クリックすると設定メニューが出てきます。

『ローマ字入力/かな入力』にカーソルを合わせると入力モードを切り替えることができます。

これは現在『ローマ字入力』に設定されていますね。

キーボードで簡単に切替

半角全角漢字キーキーボードの左上にある『半角/全角/漢字』のボタンを押すと、右下の入力モードが簡単に『A』→『あ』→『A』と切り替えることができます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
データ入力中に英数を打つときは、マウスに手を持っていかないで済むので、時短につながるね!



かな入力とローマ字入力の違いは?

文字を日本語入力する方法ですが、上述したように『かな入力』と『ローマ字入力』がありました。

どちらで入力するか考えて、設定してみましょう。

キーボード

あなたが使っているキーボードも、↑の画像のようなキーボードですよね。

使っているデスクトップパソコンやノートパソコンでも、キーボードは多少変わってきますが、一番右のテンキー(数値入力用のキー)が付いているか、付いていないか、が大きな違いではないでしょうか。

アルファベットキーと日本語キーは全てのキーボードで、同じ場所にあります。

さて、文字を入力する際に『かな入力』にするか『ローマ字入力』にするか、比べて考えてみましょう。

かな入力の良い所・悪い所

かな入力は、46音と濁点などのたくさんの場所を覚えます。

良い点は、入力回数が少なくて済みます。

試しに『エクセル』という文字を打ち込んでみましょう。

キーボードかな入力
(例)①え → ②く → ③せ → ④る

4回キーボードを押して『エクセル』という文字を打てました。

ローマ字入力の良い所・悪い所

ローマ字入力は、アルファベットの26文字なので覚える場所は少ないです。

しかし、入力回数は多くなってしまいます。

こちらでも試しに『エクセル』という文字を打ち込んでみましょう。

キーボードローマ字入力
(例)①E → ②K → ③U → ④S → ⑤E → ⑥R → ⑦U

7回キーボードを押して『エクセル』が打てました。

かな入力に比べると、3回多くなってしまいます。

長文になるとキーボードを打つ回数にとても大きな差が出ます。

ローマ字の打ち方に不安がある方は、ローマ字入力表を作成してみましたので参考にされてくださいね。

ローマ字入力表
Dr.オフィス
Dr.オフィス
自分にあった入力のしやすい方を選んでみてね!一般的にはローマ字入力を使う人が多いです。ちなみに私はローマ字入力を使っているよ。



セルに文字を入力する

セルに文字を打ち込んでみましょう。

セルを選択し『文字』の入力

セルの選択

入力するセルを選択します。(A1)

『あいうえお』を入力してみましょう。

カーソルとエンターキー

『あいうえお』が入力ができたら、キーボード右側の『Enter』(エンターキー)を押します。

まだカーソルが点滅していますので再度『Enter』を押して確定させましょう。

カーソルがあるということは、まだデータは確定されていません。
セルに入力する際、『Enter』でデータを確定させます。
今回は、『あいうえお』を入力し、ひらがなでOKなので『Enter』を押しました。
そして、ここで文字の入力が終了であれば再度『Enter』を押し確定します。

いろいろな文字の入力と配置

入力例

上記のように文字を入力してみました。

『ひらがな』と『アルファベット』は左寄せで表示されます。

『数字』と『日付』と『時間』は右寄せになっていますね。

エクセルはセルに入力された文字が『文字』か『数値』か、などを判断して、文字の表示や配置も調整してくれます。

エクセルでは、1900年1月1日午前0時を『1』としています。
この数値のことを『日付シリアル値』といいます。
『1/1』と入力するとエクセルは『2018年1月1日』と判断します。
『2018年1月1日』の『日付シリアル値』は『43101』となります。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
日付が右寄せになるのは、エクセルが数値として認識しているからなんだね!



入力した文字の削除・修正方法

入力した文字の修正をするときは、修正したいセルをダブルクリックして、カーソルを出して修正します。
今回は『あいうえお』を『あかさたな』に修正してみましょう。

セルで修正・削除

入力の編集

『あいうえお』が入力されているA1のセルをダブルクリックします。

『い』と『う』の間にカーソルが点滅しています。

これはダブルクリックした場所にカーソルが表示されています。

カーソルを方向キーやマウスを使い『お』の右側まで移動させましょう。

カーソルを移動

『お』の右側までカーソルを移動させました。

『あいうえお』を『あかさたな』に変えるので、『BackSpace』(バックスペースキー)を押して1文字ずつ消してみましょう。

修正完了

『おえうい』と順番にBackSpaceで消すことができました。
『あ』からの続きに『かさたな』を入力し『Enter』で確定させます。
簡単に『あかさたな』に修正できました↑

バックスペースとデリート

BackSpaceは左に向かって削除できます。  ←←1文字づつ削除

Deleteは右に向かって削除できます。    →→1文字づつ削除

数式バーで修正・削除

数式バー

入力した文字は『セル』と数式バー』に表示されています。

数式バーをダブルクリックしてカーソルを出し、修正・削除することもできます。

さらに簡単!F2キ-で修正・削除

F2キー

修正・削除をしたいセルを選択し、『F2キー』を押すと、常に右端にカーソルが出てくるのでとても便利です。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
選択するセルが近くであれば、矢印キーで移動し、F2キーを使う。という流れで作業できるから、マウスに手を持って行く間が省けるね!



まとめ

エクセルに限らず【データ入力】は基本操作になります。

まずは、入力モードを確認して、あなたの入力しやすいモードを考えましょう。

かな入力?ローマ字入力?

あなたの使いやすいほうを選んでみてくださいね。

今回はセルに対しての文字入力、削除、修正という、エクセルの基礎部分の解説になりました。

データ入力はエクセルを使用していくと自然と上達していきます。

あなたも一緒にエクセルスキルを上げていきましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。