使い方

エクセルの基本操作【データ入力】を初心者でも分かりやすく解説!

エクセルを使うにあたって【データ入力】は基本操作になります。

セルに文字や数値、日付などを入力することは難しいことではありません。

かな入力・ローマ字入力の設定から、修正や削除など、エクセルのデータ入力の基本を解説します。

記事内のエクセル用語

データ入力 エクセルやワードにデータを入力すること。
かな入力 キーボードに刻印されている日本語文字がそのまま入力される。
ローマ字入力 入力する文字の読み方をローマ字綴りでキーボードで打つと入力される。ローマ字から「かな」に変換される。
カーソル パソコンの画面上で、入力の位置や操作の対象を指し示すもの。
ステータスバー エクセル左下のバーのこと。入力、編集、準備完了などセルの状態を表示する。

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

1 2 3 4 5
お得にエクセルを利用したい!という方へ

お名前.comのMicrosoft365なら月額なんと860円~ご利用できます。

Microsoft365なら

  • エクセル
  • ワード
  • パワーポイント
  • Outlook
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • OneDrive

などほとんどのMicrosoftOfficeアプリケーションを使うことができます。

しかも15端末で利用ができるのでパソコン、スマホ、タブレットなど所有している機器のほとんどで使用することができると思います。

さらに1TBのクラウドストレージが利用できて、そのデータにいつでもどこでもアクセスできます。

そしてMicrosoft365なら常に最新のOfficeにアップデートされるため、ソフトの脆弱性を狙ったウィルスなどに心配する必要もなく、いつも安心してご利用いただけます。

お名前.comでMicrosoft365を申し込むと

  • Microsoft公式よりもお得(お名前.com 月額860円~ Microsoft社 月額1,080円)
  • 最短即日で利用開始できる
  • 個人利用もOK
  • 支払い方法も豊富

Officeソフトの購入やパソコンの購入を検討されている方は是非、お名前.comのMicrosoft365をご利用してみてください。