印刷

困った!!エクセルの印刷がずれる!?図形をずらさず印刷するには【図形の書式設定】

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルで図形の〇(丸)を使ってるんだけど、印刷したら〇の位置がズレてたよ。ちゃんと指定した場所に印刷したいのに、どうしたらいいのかなぁ?
Dr.オフィス
Dr.オフィス
そんな時は『図形の書式設定』から設定できるよ!図形などがズレる場合に設定を確認してみよう!

エクセルで図形やグラフを挿入する場面は、とても多いですね。

見やすいデータを作成するときには使用頻度が高くなります。

図形のズレを印刷しないための方法を解説します。

印刷の図形のずれ防止簡単ステップ

①図形を印刷したい場所に挿入する
②図形を右クリックし『図形の書式設定』を開く
③サイズとプロパティを設定する

便利な図形などを挿入したのに、いざ印刷をしてみるとズレている・・・。

なんてことにならないように、設定をしましょう。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』プリンターは『EPSON PX-M5040F』を使用しています。

印刷すると図形がずれる場合の対処は?

フルーツ売上報告フルーツ売上報告

↑『売上報告』のデータで解説します。

『りんご』と『キウイフルーツ』に図形の〇(丸)を使用しています。

印刷プレビュー画面を確認しましょう。

印刷プレビュー画面はショートカットキー『Ctrl+P』で素早く開くことができます。

印刷プレビュー画面印刷プレビュー画面

↑印刷プレビュー画面で見てわかるように、『りんご』と『キウイフルーツ』に挿入した図形の〇(丸)がズレてしまっている場合があります。

これでは、せっかく作成したデータの見栄えが良くないですね。

印刷してしまう前に、挿入した図形に設定をしてあげましょう。

図形を右クリック図形を右クリック

↑エクセルのシート画面に戻ります。

挿入した図形の丸を右クリックしましょう。

『図形の書式設定』を選択します。

図形の書式設定図形の書式設定

↑初期設定では右側に『図形の書式設定』が表示されます。

サイズとプロパティをクリックしましょう。

プロパティを設定プロパティを設定

↑プロパティから『セルに合わせて移動やサイズ変更をする』にチェックを入れます。

キウイフルーツの丸にも同じように設定をします。

設定が終わったら、右上の×(閉じるボタン)を押しましょう。

図形のずれ防止図形のずれ防止

↑これで、印刷時に挿入した図形のズレを防ぐことができます。



グラフが印刷するとずれる場合は?

挿入したグラフがズレる場合も『図形の書式設定』を開きましょう。

グラフを右クリックグラフを右クリック

↑グラフを右クリックします。

『グラフエリアの書式設定』を開きます。

サイズとプロパティサイズとプロパティ

↑グラフエリアの書式設定が表示されました。

サイズとプロパティを開きましょう。

プロパティから『セルに合わせて移動やサイズ変更をする』にチェックを入れます。

閉じるボタンで、図形の書式設定を閉じます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
図形もグラフもプロパティからの設定が重要だね!



サイズを合わせて図形を挿入

図形の書式設定では、その図形のサイズを調整することも出来ます。

りんごの丸のサイズを見てみましょう。

サイズとプロパティサイズとプロパティ

↑りんごの丸を右クリックし『図形の書式設定』を表示します。

『サイズとプロパティ』をクリックすると、いっぺんに『サイズ』が見ることができます。

サイズの詳細サイズの詳細

↑サイズでは、『高さ』や『幅』など細かく設定できます。

りんごとキウイフルーツの丸の高さだけを合わせてみましょう。

りんごのサイズりんごのサイズ

↑りんごの丸をクリックすると、りんごのサイズが確認できます。

りんごの高さは『0.9cm』になっています。

キウイフルーツのサイズキウイフルーツのサイズ

↑キウイフルーツの丸をクリックしてみましょう。

キウイフルーツの高さは『0.8cm』ですね。

キウイフルーツのサイズ変更キウイフルーツのサイズ変更

↑キウイフルーツの丸の高さを『0.9cm』にしましょう。

りんごとキウイフルーツの丸の高さが『0.9cm』で合わせることができました。



オブジェクト(図形)を印刷しないには?

データでは、丸などの図形を表示させていたいけれど、印刷するときは非表示になってほしい。

このような場合にも、図形の書式設定から簡単に設定できます。

図形〇が印刷される状態図形〇が印刷される状態

↑りんごとキウイフルーツの丸を印刷時だけ非表示にしてみましょう。

丸のサイズとプロパティ丸のサイズとプロパティ

↑りんごの丸を右クリックし、図形の書式設定を表示します。

『サイズとプロパティ』を開きましょう。

オブジェクトを印刷するオブジェクトを印刷する

↑『オブジェクトを印刷する』の項目に☑が入っています。

このチェックを外します。

りんごの丸が非表示になるりんごの丸が非表示になる

『Ctrl+P』で、印刷プレビュー画面を確認しましょう。

りんごの丸が非表示になりました。

キウイフルーツの丸も同じように設定するだけで、オブジェクトの丸は印刷しないようになります。

丸を印刷しない丸を印刷しない

↑とても簡単ですね。

印刷するときは『オブジェクトを印刷する』に☑チェックを入れましょう。



セルのマス目にぴったり合わせて図形を挿入

図形の四角で囲む図形の四角で囲む

↑図形を丸から『四角』に変えて、りんごやキウイフルーツのセルを囲んでみましょう。

四角をセルに合わせて表示します。

Altを押しながら幅を調整Altを押しながら幅を調整

↑四角をクリックし大きさを調整できる状態にします。

『Alt』を押しながら四角の幅を右にずらしてあげます。

セルの区切りまで幅が自動調整されるセルの区切りまで幅が自動調整される

↑セルの区切りまで、四角の幅が自動調整されました。

高さもAltを押しながら調整高さもAltを押しながら調整

↑高さも同じように、『Alt』を押しながら高さをずらします。

高さも自動調整され、セルの高さピッタリに四角を表示することができました。

キウイフルーツの四角も同じように調整してみましょう。

セルぴったりの四角の図形セルぴったりの四角の図形

↑セルの四角にピッタリとはまる四角の図形の挿入完了です。



まとめ

エクセルでデータ作成時に挿入した図形をずらさずに印刷する方法を解説しました。

図形は『図形の書式設定』から簡単に設定できます。

そして、この『図形の書式設定』では、他にも様々な設定が出来ました。

データや資料を作成する際に、図形やグラフを挿入することで、見やすいものが出来上がります。

しかし、せっかく見やすいものを作成しているに『印刷したらずれている』というのは悲しいですね。

印刷前にもしっかり確認し、見やすいデータ作成を心がけましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。