行全体の選択範囲をとる「Shift+Space」

1 min 558 views

エクセルで、行全体を選択範囲をとる【Shift+Space】を紹介します。

【Shift+Space】は、半角英数の入力時に使うことができます。

アクティブセルの行全体を選択することができ、いっぺんに選択できるので大変便利です。

◇記事内のショートカットキー◇

Shift+Spaceシフト + スペース

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

行全体の選択をするショートカットキーの手順

横長データ
横長データ

↑『1』から『30』まで入力された、横に長いエクセルのデータがあります。

『15』を選択
『15』を選択

↑『15』のセルを選択します。

ショートカットキー【Shift+Space】を押しましょう。

シフトの場所
シフトの場所

↑「Shift」はキーボードの両サイドにあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Shift」で解説します。

シフトとスペースの場所
シフトとスペースの場所

↑「Shift」を押した状態のままで「Space」を押します。

「Shift」と「Space」は同時には押せません。

①Shiftを押したまま→②Spaceの順番で押しましょう。

行全体を選択
行全体を選択

↑行全体が選択されました。

半角英数の入力時に使えるので、気を付けてね!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

ショートカットキーは、自分が良く使うものを覚えておくだけでも仕事効率がアップするので、ぜひ活用しましょう。

一覧を確認できる記事≫【エクセルショートカットキー】覚えている人は仕事が早い!役立つ便利なショートカットキー一覧も参考にしてください。

役立つショートカットキーに出会えます!

ExcelドクターがおすすめするExcel本はこちら

カテゴリー:

20万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に20万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事