ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】行全体の選択範囲をとる「Shift+Space」

タイトル

エクセルで、行全体を選択範囲をとる【Shift+Space】を紹介します。

【Shift+Space】は、半角英数の入力時に使うことができます。

アクティブセルの行全体を選択することができ、いっぺんに選択できるので大変便利です。

◇記事内のショートカットキー◇

Shift+Spaceシフト + スペース

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

行全体の選択をするショートカットキーの手順

横長データ横長データ

↑『1』から『30』まで入力された、横に長いエクセルのデータがあります。

『15』を選択『15』を選択

↑『15』のセルを選択します。

ショートカットキー【Shift+Space】を押しましょう。

シフトの場所シフトの場所

↑「Shift」はキーボードの両サイドにあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Shift」で解説します。

シフトとスペースの場所シフトとスペースの場所

↑「Shift」を押した状態のままで「Space」を押します。

「Shift」と「Space」は同時には押せません。

①Shiftを押したまま→②Spaceの順番で押しましょう。

行全体を選択行全体を選択

↑行全体が選択されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
半角英数の入力時に使えるので、気を付けてね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。