ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】左のセルをコピーして貼り付ける「Ctrl+R」

タイトル

エクセル操作中のコピー&ペーストを時短する『Ctrl+R』を紹介します。

Ctrl(コントロール)とR(アール)は、選択したセルの左のデータをコピーし、貼り付けることが出来ます。

1個だけをコピーする方法と、複数のセルを選択し貼り付けることも出来ます。

『Ctrl+D』と、とても似たようなショートカットキーになります。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Rコントロール + アール

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

左のセルをコピーして貼り付けるショートカットキーの手順

セル選択コピーするセルの選択

↑上の資料「フルーツ」の文字をコピーして、右側に貼り付けてみます。B2を選択します。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」を押します。

「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとアールコントロールとアールの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「R」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②Rの順番で押しましょう。

コピー左のセルをコピー

↑「りんご」がコピーして貼り付けられました。

フォントサイズや書式がそのままコピーされます。

複数セルのコピー複数セルのコピー

↑次に複数のセルを選択し、コピーしてみます。

B1からB7までを選択しましょう。

コントロールとアールコントロールとアールの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「R」を押します。

全てコピー全てコピーされた

↑選択したセルに、左のフルーツが簡単にコピーされ貼り付けることが出来ました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
Ctrl+Rは右側に貼り付け!Ctrl+Dは下に貼り付け!どちらも、いっぺんに貼り付けることが出来るので、とっても便利だね!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。