関数

エクセルの置換で特定の文字を別の文字にする!SUBSTITUTE関数で簡単解決!

エクセル初心者
エクセル初心者
社員名簿を作成して提出すると『”丁目”や”番地”などを”-(ハイフン)”に置き換えて表示して欲しい』と上司から言われた。1000人を超える社員名簿だから一人一人を書き換えていたら完成はいつになるだろう・・・。簡単に書き換えられる方法があればいいのになぁ。

このようにエクセルでは膨大なリストを作成することが多いですね。

そして、その膨大なリストの書き換え作業も、様々なシチュエーションで発生します。

例えば、膨大な商品管理簿の商品ナンバーのアルファベットだけを『H-00000』から『M-00000』に書き換える。なども考えられます。

冒頭の社員名簿の住所を全て-(ハイフン)に書き換える作業も、商品ナンバーのアルファベットを書き換える作業も、ひとつひとつを手入力でしていたら時間がもったいないです。

せっかくのエクセルですので、関数を使いパッと解決したいですね!

今回のような場合に使える関数は【SUBSTITUTE(サブスティテュート)関数】です。

SUBSTITUTE関数なら、特定の文字を別の文字に置き換えることが出来ます。

文字列を操作する大変便利な関数です。

SUBSTITUTE関数の簡単2ステップ

①書き換える列を追加
②追加した列にSUBSTITUTE関数を挿入

ステップはとても簡単ですね。

SUBSTITUTE関数を使い、特定の文字を置換してみましょう。

関数を使わずに置換することが出来るホームタブの置換も解説します。

SUBSTITUTE関数は『エクセル関数のレベルアップ』におすすめです。

ほかにも脱初心者が知っとくべき関数を43個紹介した記事があるので、ぜひチェックしてみてください。

タイトル
【初心者必見】エクセルの関数で必要なのは6個だけ!他は覚えなくてもOK!エクセルの関数を紹介します。まだ関数をあまり使ったことのない初心者さんは、今回紹介する6個の関数を使ってみませんか?とても簡単で、計算式もスマートになり、日ごろの仕事に大変役立つ関数です。ホームタブの『ΣオートSUM』に用意されたSUM関数や、『もし○○ならば・・・』のIF関数などをマスターしましょう。...

◇記事内のエクセル用語◇

置換(ちかん)文字列を別の文字列に置き換えること。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

1 2 3
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。
暑中見舞いの締め切りは8/7です!梅雨が明けたら忘れる前に送りましょう。おすすめの暑中見舞い作成サービスをまとめました。
おすすめランキングはコチラ
おすすめの暑中見舞い作成サービスをランキング形式でまとめました。
詳細はコチラ