関数

エクセル【COUNTIF関数】で条件と一致するデータの数を求める方法!

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
会社の男女別人数と、年齢を45歳以上と45歳未満で分けた人数を把握しないといけない。膨大な社員名簿から数えていたら終わらないよ。どうしよう!

こんな時は、COUNTIF(カウントイフ)関数を使うと解決できます。

COUNTIF関数は、条件と一致するデータの数を数えることができます。

●社員名簿から『男性社員』『女性社員』を数える

●社員名簿から『45歳以上』『45歳未満』を数える

というように『条件』を引数に指定するだけで簡単に求めることができる関数です。

簡単2ステップ

①範囲と検索条件を把握する

②COUNTIF関数に範囲と検索条件を挿入する

COUNTIF関数は、データを分析する際にとても便利な関数です。

テストの平均点以上の人数を数えたり、アンケートの集計や、名前に「子」がつく人数を数えたり、とさまざまな条件を数えることができます。

検索条件は『数値』でも『文字列』でも大丈夫ですよ。

本文では『社員名簿』を参考にしながら詳しくCOUNTIF関数を解説しますね。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

条件と一致するセルの数を求めるCOUNTIF関数

エクセルで、条件と一致するデータの数を求めるには【COUNTIF関数】が、とても簡単で便利です。

似た関数でCOUNT関数があります。

COUNT関数は、数値の個数を数えることが出来ます。

そしてIF関数は、条件によって処理を分けることが出来る関数です。

この2つを合わせたものがCOUNTIF関数になります。

COUNTIF関数とは

=COUNTIF(範囲,検索条件)

意味:指定した範囲内のデータから、指定した条件と一致するデータの個数を数えることが出来ます。

COUNT関数についての詳しい解説はこちら≫エクセルで【COUNT関数・COUNTA関数】を使ってデータの個数を数える!を参考にしてみてください。

タイトル
エクセルで【COUNT関数・COUNTA関数】を使ってデータの個数を数える!エクセルのデータの個数を数える【COUNT(カウント)関数】と【COUNTA(カウントエー)関数】を解説します。数値入力されたデータの個数を数えることが出来るCOUNT関数。そして、空白以外の入力されているデータの個数を数えることが出来るCOUNTA関数。それぞれの使い方をマスターしましょう。...

IF関数についてはこちら≫エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!で解説しています。

タイトル
エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!エクセルではさまざまなエラー値が表示されることがあります。【IF関数】や【IFERROR関数】を使い『0』や『#N/A』などを非表示にする方法を解説します。不要な数値やエラー値は表示させないようにしてみましょう。ちょっとした関数を使うことで、すっきりとした見栄えの良い資料などを作成できます。...



COUNTIF関数を使い条件と一致するデータを数えよう!

社員名簿から、それぞれの条件と一致するデータの数を数えてみましょう。

性別分けの人数を数える

男女の人数を集計男女の人数を集計する

↑社員名簿があります。

男性人数と女性人数を入力するセルがありますので、こちらにCOUNTIF関数を使い、数を求めましょう。

男性の人数を求める男性の人数を求める

↑C15のセルを選択します。

=COUNTIF(C3:C12,”男”)

を入力しEnterを押しましょう。

この式は、C3からC12の範囲より”男”と入力されたデータの個数を数えて表示します。

男性の人数は男性の人数は?

↑男性人数は『4』人と求めることが出来ました。

同じように女性社員も求めてみましょう。

女性の人数を求める女性の人数を求める

↑C16のセルに

=COUNTIF(C3:C12,”女”)

と入力します。

女性の人数は女性の人数は?

↑女性社員は『6』人ですね。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
文字列は””(ダブルクォーテーション)で囲んであげると検索できるよ!



年齢で未満・以上を数える

次に年齢を『45歳以上』と『45歳未満』で数えてみましょう。

45歳以上と45歳未満45歳以上と45歳未満

↑『45歳以上』と『45歳未満』の人数を入力するセルがあります。

COUNTIF関数を使い、数を求めましょう。

45歳以上の人数を求める45歳以上の人数を求める

↑E15のセルを選択します。

=COUNTIF(F3:F12,”>=45″)

を入力し、Enterを押します。

45歳以上の人数45歳以上の人数は?

↑45歳以上の人数『6』人が表示されました。

エクセル初心者
エクセル初心者
式に含まれる『>=』これって何ですか??
Dr.オフィス
Dr.オフィス
『〇〇以上』『〇〇以下』『〇〇より大きい』『〇〇と同じ』などを表す記号を比較演算子と言うよ!比較演算子は下の表でまとめているからチェックしてみてね!
45歳未満の人数を求める45歳未満の人数を求める

↑45歳未満の人数も求めてみましょう。

E16を選択し、

=COUNTIF(F3:F12,”<45″)

を入力します。

45歳未満の人数45歳未満の人数は?

↑45歳未満の人数は『4』人ですね。

性別分けの人数も、年齢の以上・未満の人数も、どちらも簡単に求めることが出来ました。

さまざま比較演算子は、下の表を参考にしてみてくださいね!

演算子意味と説明
>=【以上】 例:①>=② 「①は②以上」
<=【以下】 例:①<=② 「①は②以下」
>【より大きい】 例:①>② 「①は②より大きい」
<【より小さい(未満)】 例:①<② 「①は②より小さい」
=【等しい】 例:①=② 「①と②は等しい」
<>【等しくない】 例:①<>② 「①と②は等しくない」
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルで使う比較演算子の「=」は、後ろにつけよう!



まとめ

今回はCOUNTIF(カウントイフ)関数を解説しました。

COUNTIF関数は、条件と一致するデータの数を数えることができます。

条件にもさまざまなものがありますので、データ分析をする際には、大変便利な関数です。

そして、おもしろいことにCOUNTIF関数はCOUNT関数とIF関数をあわせた関数です。

COUNT関数は数値の個数を数えることができ、IF関数は条件によって処理を分けることができます。

それぞれの関数の解説を見ると、さらに分かりやすいので、参考にしてみてくださいね。

タイトル
エクセルで【COUNT関数・COUNTA関数】を使ってデータの個数を数える!エクセルのデータの個数を数える【COUNT(カウント)関数】と【COUNTA(カウントエー)関数】を解説します。数値入力されたデータの個数を数えることが出来るCOUNT関数。そして、空白以外の入力されているデータの個数を数えることが出来るCOUNTA関数。それぞれの使い方をマスターしましょう。...
タイトル
エクセルの【IF関数】を使い「#N/A」や「0」などを表示させず空白セルにする!エクセルではさまざまなエラー値が表示されることがあります。【IF関数】や【IFERROR関数】を使い『0』や『#N/A』などを非表示にする方法を解説します。不要な数値やエラー値は表示させないようにしてみましょう。ちょっとした関数を使うことで、すっきりとした見栄えの良い資料などを作成できます。...
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。