楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

【超簡単】エクセルで丸(◯)の数を数える方法

5 min 62 views
エクセル初心者

エクセル初心者

エクセルで丸の数を数える方法ってないの?

仕事の日程調整でエクセルの表を使えたら便利だと思うんだけど…

日程調整のツールをエクセルで自作できたら便利だよね!

大丈夫、丸の数を数えるのはとっても簡単だよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

スマホの日程調整アプリのように、エクセルで丸(◯)の数を数えられたら便利ですよね。

今回は、エクセルの関数を使って丸を数える方法について解説します!

エクセルで丸(◯)の数を数える簡単ポイント
  1. 丸を数えるには「COUNTIF関数」を使う
  2. 複数範囲の場合は「COUNTIF関数+COUNTIF関数」で数える
  3. 複数条件の場合は「COUNTIFS関数」または演算子を活用
  4. 検索条件に「””(ダブルクォーテーション)」を忘れずに!

MOSエクセルエキスパートの資格を持つ私が、エクセルで丸を数える方法を詳しく解説するよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルで丸を数えるには、「COUNTIF関数」と、状況に応じて「COUNTIFS関数」さえ知っていれば簡単にできます。

COUNTIF関数の基本的な使い方は≫COUNTIF関数で条件と一致するデータの数を求めよう!で解説していますので併せてご活用ください。

※本記事は『OS:Windows11』画像は『Excelのバージョン:Microsoft365』を使用しています。

エクセルの関数で丸の数を数える方法

エクセルで丸(◯)の数を数える場合、◯が入力されたセルをいちいち数えるのは面倒です。

フィルター機能を使って「◯」が書かれたセルのみを表示して数えたとしても、あとで◯の数が変わってしまったら、そのたびに同じ作業をしないといけません。

効率よく丸(◯)の数を数えるために、エクセルの関数を活用しましょう。

日程表の丸の数を数える
日程表の丸の数を数える

このような日程調整表を例に、「COUNTIF関数」を使って丸の数を数えてみましょう。

  1. STEP

    関数の挿入を選択する

    関数の挿入をクリック
    関数の挿入をクリック
    1. C15セルをアクティブにする
    2. 「関数の挿入」をクリック
  2. STEP

    関数を検索する

    検索窓に入力
    検索窓に入力
    1. 検索窓に「COUNTIF」または「countif」と入力
    2. 「検索開始」をクリック
  3. STEP

    COUNTIF関数を選択する

    関数を選択
    関数を選択
    1. 「COUNTIF」が選択されていることを確認
    2. 「OK」ボタンをクリック

    文字の色が反転しているほうが選択中の関数だよ!

    Dr.オフィス

    Dr.オフィス

    「COUNTIFS関数」は複数の条件で丸を数える際に使用します。
    名前が1文字しか変わらないため、選択誤りに注意してください!

  4. STEP

    引数を設定する

    関数の引数を設定
    関数の引数を設定
    1. 「範囲」にC4:C14を指定し、F4を2回押してC$4:C$14に変換
    2. 「検索条件」に”◯”と入力
    3. 「OK」ボタンをクリック

    セル番地の行のみに$を付けて「行の絶対参照」をすることで、数式のコピーがラクになるよ!

    Dr.オフィス

    Dr.オフィス

  5. STEP

    丸(◯)の数を数えることができた

    丸の数は4個
    丸の数は4個

    4月27日の◯の数がカウントできました。

  6. STEP

    数式を他のセルにコピー

    オートフィルでコピー
    オートフィルでコピー

    オートフィルを使って他のセルに数式をコピーします。

  7. STEP

    数式の参照がズレていないかチェック

    数式のチェック
    数式のチェック

    L15セルをダブルクリックし、数式の参照がズレていないか確認しましょう。

複数範囲の丸の数をエクセルで集計するには

エクセル初心者

エクセル初心者

丸の数を数えるとき、課や係ごとに日程調整の表を作っている場合は1つの表にまとめないといけないの?

表が別れているなど範囲が複数の場合でも、少し工夫すれば、丸の数を集計することができるよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

複数範囲だとエラーになる
複数範囲だとエラーになる

COUNTIF関数を使用する場合、「範囲」に複数範囲を入力するとエラーになってしまいます。

複数範囲の丸(◯)の数を集計するためには、表のブロックごとにCOUNTIF関数を使用しましょう。

  1. STEP

    COUNTIF関数を選択する

    関数の挿入をクリック
    関数の挿入をクリック
    1. C19セルをアクティブにする
    2. 「関数の挿入」をクリックし、COUNTIF関数を選ぶ
  2. STEP

    上のブロックの丸(◯)を数える

    関数の引数を設定
    関数の引数を設定
    1. 「範囲」にC4:C8を指定し、F4を2回押してC$4:C$8に変換
    2. 「検索条件」に”◯”と入力
    3. 「OK」ボタンをクリック
  3. STEP

    数式バーの関数をコピーする

    関数をコピーアンドペースト
    関数をコピーアンドペースト
    1. 数式バーにある「COUNTIF(C$4:C$8,”〇”)」を範囲選択し、CtrlCでコピー
    2. 半角で「+」を入力
    3. CtrlVでペースト
  4. STEP

    下のブロックの丸(◯)を数える

    範囲を変更する
    範囲を変更する

    2つあるCOUNTIF関数のうち、片方の「範囲」をC$4:C$8からC$11:C$16に修正し、Enterを押します。

  5. STEP

    複数範囲の丸(◯)の数を集計することができた

    丸の数は2+2=4個
    丸の数は2+2=4個

    数式をL列までコピーして完成です。

複数の条件で丸を数えるには

複数の条件で丸(◯)を数えるには、いくつかの方法があります。

COUNTIF関数を重ねて使用したり、COUNTIFS関数を使用することで複数の条件に対応できますが、演算子を活用することで数式がスッキリする場合もあります。

状況に応じて関数や演算子を使い分けましょう。

◯と△の数をエクセルで数える場合

記号ごとにCOUNTIF関数を使う
記号ごとにCOUNTIF関数を使う

◯と△両方の数を数える場合は、記号ごとにCOUNTIF関数を使いましょう。

×以外の数をエクセルで数える場合

演算子を活用して数える
演算子を活用して数える

この表のように◯と△の他に×しかないときは、COUNTIF関数の検索条件に「”<>×”」と入力することで、×以外の記号(◯と△)を数えることができます。

演算子「<>」は「~以外」のことだよ!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

COUNTIF関数で演算子を活用する方法について、詳しくは≫エクセルで以上・以下の条件に合うものをカウントしたいときの記事をご覧ください。

すべての条件に当てはまる場合に◯を数える方法

すべての条件に当てはまる場合に丸(◯)の数を数える場合は、COUNTIFS関数を使います。

4/27と5/4の両方に◯がある人の数を数えてみましょう。

4/27と5/4両方が◯の人の数を数える
4/27と5/4両方が◯の人の数を数える

4/27があるセルC4~C14、5/4があるセルJ4~J14を検索範囲として使用します。

  1. STEP

    COUNTIFS関数を選択する

    COUNTIFS関数を呼び出す
    COUNTIFS関数を呼び出す
    1. F18セルをアクティブにして「関数の挿入」をクリック
    2. 検索窓に「COUNTIF」または「countif」と入力
    3. 「検索開始」をクリック
    4. 「COUNTIFS」を選択
    5. 「OK」ボタンを押す
  2. STEP

    引数を設定する

    引数を設定する
    引数を設定する
    1. 「検索条件範囲1」にC4:C14を指定
    2. 「検索条件1」に”◯”と入力
    3. 「検索条件範囲2」にJ4:J14を指定
    4. 「検索条件2」に”◯”と入力
    5. 「OK」ボタンを押す
  3. STEP

    両方の条件に当てはまる丸(◯)の数を数えることができた

    複数条件に当てはまる丸を数えられた
    複数条件に当てはまる丸を数えられた

    4/27と5/4の両方に丸(◯)が付いている人の数を数えることができました。

  4. STEP

    数式に誤りがないかチェック

    セルに色をつけてチェック
    セルに色をつけてチェック

    この表の場合、Bさんのみが4/27と5/4の両方に丸(◯)が付いていることが分かりました。

エクセルで丸の数がカウントできないときに確認すること

エクセル初心者

エクセル初心者

COUNTIF関数を使ったのに丸の数がカウントできないよ!?
実際の丸の数と合わなかったり、計算結果がゼロになったり…!

丸の数をCOUNTIF関数で数えるとき、気を付けることは2つあるよ!
一緒に確認してみよう!

Dr.オフィス

Dr.オフィス

「”(ダブルクオーテーション)」が漏れていないか確認

文字列を検索する際はダブルクォーテーションを付ける
文字列を検索する際はダブルクォーテーションを付ける

丸(◯)は文字列にあたるため、数を数える場合はCOUNTIF関数の「検索条件」は「”◯”」と入力します。

「”(ダブルクオーテーション)」がないと、文字列として認識されないため答えがゼロになってしまいます。

「◯」のなかに漢数字の「〇(ゼロ)」が紛れていないか確認

「まる」を変換すると様々な◯が
「まる」を変換すると様々な◯が

「まる」と文字を入力して変換すると、候補として様々な「◯」が表示されます。

なかには漢数字の「〇(ゼロ)」も含まれています。

丸(◯)の数を数える前に、エクセルの「置換」機能を使って記号を統一することをお勧めします。

こちらの≫置換について解説した記事も併せてご参照ください。

丸の数をエクセルで数える際のQ&A

Q

エクセルで記号の数を数える関数は何ですか?

A

丸(◯)などの記号の数を数えるには、COUNTIF(カウントイフ)関数を使用します。
=COUNTIF(検索範囲,”検索する記号”)と入力します。
検索する記号の前後に「”(ダブルクォーテーション)」を忘れずにつけましょう。

Q

COUNTIF(カウントイフ)関数で数字を数えるにはどうすればいいですか?

A

=COUNTIF(検索範囲,検索する数字)と入力します。
「5以上」や「10未満」など、数の大きさに幅を持たせる場合は、=COUNTIF(検索範囲,”>=5″)のように演算子を活用します。
詳しくは≫エクセルで以上・以下の条件に合うものをカウントしたいときの記事をご覧ください。

Q

COUNTIF関数以外に丸(◯)の数を数える方法はありませんか?

A

SUMPRODUCT関数を使う方法があります。
=SUMPRODUCT((検索範囲=”◯”)*1)と入力し、検索範囲内で「◯が書かれたセル」の数に1を掛け合わせています。
数式が感覚的に分かりにくいため、COUNTIF関数のほうが使いやすいと思われます。

SUMPRODUCT関数だと分かりづらい
SUMPRODUCT関数だと分かりづらい

エクセルで丸を数えるのはこんなに簡単!

このように、エクセルのCOUNTIF関数を使えば、丸(◯)の数を数えるのはとても簡単です。

COUNTIF関数を複数使ったり、演算子やCOUNTIFS関数を活用したりすることで、複数の表や複数条件でも対応することができます。

最後にポイントをおさらいしておきましょう。

おさらい
  • 丸を数えるには「COUNTIF関数」を使う
  • 複数範囲の場合は「COUNTIF関数+COUNTIF関数」で数える
  • 複数条件の場合は「COUNTIFS関数」または演算子を活用
  • 検索条件に「””(ダブルクォーテーション)」を忘れずに!

エクセルで効率よく丸(◯)の数を数えて、より使いやすい日程調整表を作成してくださいね。

また、COUNTIF関数は日程調整表だけでなく、アンケート集計の際も知っておくと便利です。

≫エクセルでアンケート集計をしよう!もぜひご覧ください!

カテゴリー:

40万人以上が参考にしたエクセルドクターで最も人気の記事

エクセルで家計簿を作る方法

ワード初心者

ワード初心者

エクセルで本格的な家計簿を作ってみたいんだけど詳しく解説してる本とかがないんだよね・・・
徹底的に解説してほしいな!

エクセルで本格家計簿の作り方なら私に任せて!過去に40万人以上のユーザーが参考にした解説記事を紹介するね♪

Dr.オフィス

Dr.オフィス

エクセルを少し使えるようになってきたら、本格的な家計簿を作ってみるのがとてもおすすめです。

収支シートの出来上がりイメージ
収支シートの出来上がりイメージ

基本機能をしっかりと使って作るから、エクセルをマスターするのにも家計簿づくりはぴったり!

20万人以上が参考にしたエクセルでの本格的な家計簿の作り方はこちら↓↓

【エクセル家計簿の作り方】月ごとに入力して合計を反映させれば見やすくなる!

関連記事