ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】文字やセルをコピーする「Ctrl+C」

タイトル

エクセルのショートカットキーで使用頻度の最も高い【コピー】の「Ctrl+C」を紹介します。

Ctrl(コントロール)を押しながらC(シー)を押すだけで、コピーが簡単にできます。

コピーは貼り付けとセットで使います。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+Cコントロール + シー

※本記事は『OS:Windows10』『Excelのバージョン:2016』を使用しています。

文字やセルをコピーするショートカットキーの手順

フルーツ売上表コピーする範囲を選択する

↑上の資料「フルーツ売上表」をコピーして、全く同じ表を隣に作成してみましょう。

カーソルはA1からD10までを選択します。

コントロールの場所コントロールの場所

↑はじめに「Ctrl」を押します。

「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとシーコントロールとシーの場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「C」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②Cの順番で押しましょう。

コピーするコピー範囲

↑「フルーツ売上表」が点線で囲まれました。

点線で囲まれている状態がコピーを記憶している状態になります。

貼り付け貼り付ける

↑F1のセルを選択し、貼り付けましょう。

貼り付けは「Ctrl+V」で簡単に貼り付けれます。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
「Ctrl+C」の「C」は「Copy(コピー)」と覚えるといいよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。