ショートカットキー

【エクセルのショートカットキー】マクロシートを挿入する「Ctrl+F11」

タイトル

エクセルではマクロを使うと『作業を自動化』出来るので、とても時短になります。

そして、ミス防止につながり、仕事効率がアップします。

そんな便利なマクロシートのショートカットキーを紹介します。

しかし現在では、こちらで紹介するマクロシートよりVBAを使用する方が一般的です。

◇記事内のショートカットキー◇

Ctrl+F11コントロール + F11

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

マクロシートを挿入するショートカットキーの手順

エクセルを開いた状態エクセルを開いた状態

↑エクセルを開いている状態です。

【Ctrl+F11】を押してマクロシートを挿入してみましょう。

コントロールの場所コントロールの場所

↑「Ctrl」は両端にあるので使いやすい方を押しましょう。

今回は左側の「Ctrl」で解説します。

コントロールとF11コントロールとF11の場所

↑「Ctrl」を押した状態のままで「F11」を押します。

同時には押せません。

①Ctrlを押したまま→②F11の順番で押しましょう。

マクロシートの挿入マクロシートの挿入

↑マクロシートが挿入されました。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
最近ではVBAでマクロを記述する方法が一般的だよ!このショートカットキーは以前、マクロを作成するときに利用していたよ!
ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。