グラフ

【エクセル】グラフの作り方を簡単解説

タイトル
エクセル初心者
エクセル初心者
エクセルでグラフを作りたいんだけど、どうしたらいいのかな?
エクセル初心者
エクセル初心者
グラフの種類がいっぱいあって迷ってしまうなぁ…。
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルのグラフは、とても簡単に挿入できるよ!グラフが入ると資料やパンフレットなども分かりやすくなるから便利だね!グラフの種類もバージョンアップしてさらに増えているから、迷ったときはエクセルが勧めてくれるグラフを使うのもありだよ!

今回はエクセルでグラフの作り方を解説します。

グラフの種類も豊富に用意されています。

相手に伝わりやすいようにグラフを作成しましょう。

グラフ作成簡単ステップ

①グラフに必要なデータの範囲を選択する
②挿入タブより、挿入したいグラフを選択する
③グラフの完成

上記のようにとても簡単にグラフが作成できます。

本文にてさまざまなグラフを見てみましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

※本記事は『OS:Windows10』画像は『Excelのバージョン:2019』を使用しています。

エクセルのグラフの作り方

エクセルで『グラフ』は、とても重要な機能になります。

資料作成や、パンフレット作成など、いろいろな場面で『グラフ』を挿入することにより、見やすく分かりやすいものを作成することができます。

そして、グラフには様々な種類があり、どのような場面で、どのようなグラフをを作成するか。もポイントになってきます。

グラフ画面の名称と機能についてはこちら≫【基本】エクセルのグラフ画面の名称と機能を紹介!を参考にしてみてくださいね。

Dr.オフィス
Dr.オフィス
見やすく、分かりやすいグラフ作成をマスターしよう!

棒グラフの作り方

まずは使用頻度の高い『棒グラフ』の作り方を紹介します。

フルーツ売上表フルーツ売上表

↑フルーツ売上表を使い、解説します。

範囲の選択範囲の選択

↑グラフに必要な項目は『1月~4月』の項目、そして『フルーツ名』の項目です。

A2:E9までの範囲を選択します。

棒グラフを選択する棒グラフを選択する

↑挿入タブから『縦棒/横棒グラフの挿入』をクリックしましょう。

集合縦棒集合縦棒

↑縦棒/横棒グラフにも様々な種類があります。

今回は『2-D縦棒の集合縦棒』にします。

棒グラフ完成棒グラフ完成

↑とても簡単に棒グラフが完成しました。

この縦棒グラフはショートカットキー『Alt+F1』でも作成することができます。

グラフのタイトルの変更についてはこちら≫エクセルでグラフのタイトルを挿入!変更も簡単にできる!も参考にしてみてくださいね。

棒グラフの省略棒グラフの省略

↑棒グラフでは、1個のデータだけが飛びぬけて高い場合などがあります。

そんな時の対処法として、グラフを省略する方法を紹介しています。

【エクセルのグラフ】棒グラフのデータが飛びぬけて高いときは途中で省略しよう!も参考にしてみてください。



折れ線グラフの作り方

次に折れ線グラフの作り方です。

折れ線グラフ折れ線グラフ

↑折れ線グラフも必要な項目の範囲を選択し、挿入タブから『折れ線グラフ』をクリックします。

折れ線グラフは、折れ線グラフ単体で使用したり、棒グラフなどの他のグラフと組み合わせたりもできます。

折れ線グラフと棒グラフ折れ線グラフと棒グラフ

↑目標と実績を『棒グラフと折れ線グラフ』に分けて表示しています。

折れ線グラフの詳しい作り方はこちら≫エクセル折れ線グラフの作成!異なるグラフとの組み合わせも簡単です。

折れ線グラフの下部分の領域を塗りつぶす方法はこちら≫エクセルの折れ線グラフの領域を塗りつぶして見やすくする方法を解説!を参考にしてみてください。



円グラフの作り方

円グラフは割合を表示したい場合に使うと大変便利です。

円グラフ円グラフ

↑円グラフにする範囲を選択し、挿入タブから『円グラフ』を選択しましょう。

凡例の場所や、色の変更、文字の変更など、円グラフの詳しい作り方はこちら≫【エクセルの円グラフ】見やすい!わかりやすい!を解説!を参考にしてみてくださいね。

円グラフには、ドーナツグラフというのもあります。

名前通り、真ん中に穴が開いていていてドーナツのようなグラフになります。

ドーナツグラフドーナツグラフ

↑ドーナツグラフについてはこちら≫【エクセル】ドーナツグラフの作り方!基本から応用までになります。



おすすめグラフの使い方

何のグラフを挿入したらいいのかな。

と迷ってしまう時には、エクセルのおすすめグラフを活用するのはいかがでしょうか。

おすすめグラフおすすめグラフ

↑挿入タブのグラフに『おすすめグラフ』が用意されています。

おすすめグラフの詳細おすすめグラフの詳細

↑グラフにするデータを選択し、おすすめグラフを開きます。

すると、そのデータにおすすめのグラフをエクセルが提示してくれます。

OKOK

↑おすすめグラフから、選択しOKを押すだけで簡単にグラフが作成できます。



エクセルのグラフ作成は資料に役立つ

エクセルでの資料やパンフレット作成には、グラフがとても重要です。

数値データだけの表を見るだけよりも、棒グラフや折れ線グラフ、円グラフなどを挿入することで視覚的に表現します。

見ただけで簡単に分かりやすく伝わることがとても大事です。

グラフを作成していると、細かい設定までしていて気づけば時間をかけすぎている。

なんてこともあります。

必要な情報を伝えることができるグラフ作成をマスターしましょう。

ABOUT ME
Dr.オフィス
Dr.オフィス
エクセルの使い方や応用法を日々研究しています。 初心者から上級者までわかりやすく解説していきます。 エクセルについてわからないことや気になることなどございましたら是非、コメントやお問い合わせからご質問ください。